スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit
クイルズ
クイルズ〈特別編〉
2000年 米・英・独
監督 フィリップ・カウフマン
出演 ジェフリー・ラッシュ、ケイト・ウィンスレット、ホアキン・フェニックス、マイケル・ケイン

見てしまった!衝撃作。
でも、面白かった~。

ストーリーはサディズムという言葉の元となった悪名高きフランスの作家マルキ・ド・サドの、シャラントン精神病院での最期の日々を描く。

サド侯爵役にはジェフリー・ラッシュ。彼の官能的な作品に惹かれる小間使いマドレーヌをケイト・ウィンスレット。サド侯爵に引き出された自らの欲望と神との間で引き裂かれる若き神父ド・クルミエをホアキン・フェニックス。ナポレオンの命を受けサド侯爵を矯正しようとする精神科医コラール博士をマイケル・ケイン。

クイルズとは羽ペンのこと。止めても止めても卑猥な小説を書き続けるマルキから羽ペンを取り上げる。それでも挑発的な態度をとり、あの手この手で書き続けるマルキはしまいには裸で牢につながれ、舌を切られる。(オールドボーイと同じ器具がでてきた)
冷酷なコラールは、自分では手を下さず、心優しき神父に全部やらせるように仕向ける。神父はマドレーヌに心を寄せていて、マルキもマドレーヌを可愛がっている。しかしマドレーヌは・・・
(マドレーヌは小説の運び人に恋してたと私は思うのですが・・・)

とにかくこの4人の描き方が絶妙で、息付くひまもないジェットコースターのようにストーリーが進む。いったい誰が作ったんだ?と思ったら監督のフィリップ・カウフマンはインディ・ジョーンズの原作を書いてる人だった!やっぱり、ただものじゃなかった。

私はこの映画で、神父を演じてるホアキン・フェニックスに目覚めてしまいました。抑圧された神父役がはまりまくりで、彼が服をはだけるだけでドキドキしました。彼の目ってなんか暗いんだけど、最後にはなんて綺麗な目なんだと感動してしまいます。(役柄上最後には狂うので狂気の目なんですが)

多少きわどいストーリーですが、キャストも脚本もすばらしいです。題材が題材だけに、あんまり人には勧めれない映画ですが、結構面白いです。

マゾは高名な詩人ザッヘル・マゾッホからきてるって知りました。
次はマゾッホで1本作ってほしいなぁ。
【2005/09/04 00:49】 映画 か行 | トラックバック(7) | コメント(7) | edit
恋に落ちる確率
恋に落ちる確率
2003年 デンマーク

邦題にひかれて見たのですが、原題の「RECONSTRUCTION」の方がぴったりくる映画です。

ストーリーは恋人がいる男性が旅行者の美女に一目ぼれして一夜をすごすのですが、目覚めたらアパートの部屋が無くなり、友人にも恋人にも自分のことを全く知らないと言われ・・・。

見る人によって解釈が全然違うタイプの映画です。
現在と過去と夢がごっちゃになってるのです。

私が思うに、ライターと指輪がポイントだと思うのですが、それも定かではありません。多分、アレックスがホテルで目覚めるシーンで考えると、ヒルトンで目覚める方が「夢」で、普通のホテルで目覚めるのが「現実」と思うのですが・・・

そんなことより、出演者インタビューを見ていて、私は腰が抜けそうになりました。アイメ(旅行者)とシモーヌ(恋人)が1人2役だと全く気付かなかったのです。なんてこった!私の目は節穴でした!

映画の中でヒルトンコペンハーゲンが出てくるのですが、部屋がむちゃくちゃオシャレでした。さすが北欧って感じでした。話よりなによりあの部屋が一番印象的でした。一度泊まってみたいもんです。

しあわせな孤独
しあわせな孤独
主役のニコライ・リー・カースは「しあわせな孤独」にも寝たきりになる夫役で出てました。デンマーク映画では、こっちの方がオススメです。 





【2005/08/30 20:39】 映画 か行 | トラックバック(7) | コメント(0) | edit
靴に恋して
靴に恋して
靴の数だけ、人生がある。
っていうのがこの映画のコピーです。でも靴に恋はしていないと思います・・・
盗んだ靴をはく女・小さな靴をはく女・スリッパをはく女・偏平足の女・スニーカーをはく女
この5人の女性は、なんらかのつながりがあるのですが、私がいちばん興味を持ったのは、スニーカーをはく女、アニータです。彼女は知的障害を持つ女性なのですが、介護に来る看護学生のホアキンに、ほのかに恋心を持つのです。犬を連れて散歩する彼女は、いつも犬を連れた自分の絵ばかり書いていたのですが、いつのまにかホアキンと自分が手をつないだ絵ばかり描くようになります。彼女なりのせいいっぱいの愛情表現がいいんです。

この映画なんか濃いなぁと感じたんですけど、原因を考えてみました。
1.出てくる女優さんが、中年でやせていて化粧がケバイ。 
2.時間が135分と長い
3.出てくる男性のゲイ率が、高い。

ゲイといえばレイレの彼氏は、レイレに”靴のデザイン”という夢をあきらめるなって感じで去っていき、一瞬レイレの為に身を引いたのかと思わせるのですが、実はゲイであったりして、”どっちやねん”と突っ込みを入れたくなるキャラでした。
【2005/07/30 11:32】 映画 か行 | トラックバック(14) | コメント(4) | edit
ガール・ネクスト・ドア
ガール・ネクスト・ドア「24」のエリシャ・カスバート主演。前半は結構面白いが、後半はちゃめちゃで、やりすぎって感じ。なんとなく、トム・クルーズの「卒業白書」に似てるような・・・
主人公がストリップバーで父親の友人と並んで、ストリッパーにすりすりされながら、奨学金の話するのには、大うけした。あの胸は絶対につくりものだ!

エリシャ・クスバートは「24」とは違ってあんまりキャラクターが前面に出てなかった。とにかく綺麗さだけを前面に出す作戦のようだった。逆に隣のお姉さんに翻弄される高校生役のエミール・ハーシュは「イノセントボーイズ」の時より、印象は強かった。ディカプリオとジャック・ブラックを足して2で割った感じのまあ可愛い顔。でもジャック・ブラック路線に行きそうな予感。

途中でもしかして、夢オチじゃないだろうかと、疑ったがそれはなかった。ムダに長かったんで、あと20分くらい縮めた方が良かったんでは。
【2005/05/23 00:15】 映画 か行 | トラックバック(4) | コメント(0) | edit
キング・アーサー
キング・アーサー
クライヴ・オーウェン アントワン・フークア キーラ・ナイトレイ ヨアン・グリフィズ

by G-Tools

ジェリー・ブラッカイマーにしては渋い作品である。
何しろキーラ・ナイトレイ以外は、見たことない俳優ばかりである。ストーリーも結構地味で、終始薄暗い空の下で撮られている。戦闘シーンさえ派手にやっていても暗いのである。
しかし7人の騎士達は良かった。
アーサーは、何となく宇梶剛に似ていた。個人的にはランスロットが気に入った。ってゆうか,冒頭のシーンからしたら、もっとランスロットを描いてもいいんじゃないか?と思ったりした。
唯一知っているキーラ・ナイトレイがやたら主人公の宇梶の周りをちょろちょろするのが邪魔だった。地味さに伴うリアリティがぶち壊しである。この映画に華は要らないのだ。

まぁそんな地味な中でお気に入りのシーンは薄氷の上での戦闘シーンである。薄氷の下からの映像なんかはやっぱりジェリー・ブラッカイマーって感じである。

アーサー王も円卓の騎士も何をしたのかは結構知られていないと思うのでそういう意味では面白い作品だ。
【2005/04/02 00:01】 映画 か行 | トラックバック(2) | コメント(0) | edit
恋する遺伝子
恋する遺伝子
アシュレー・ジャド


この映画をみてて、ふと気が付いた。
月9「不機嫌なジーン」はこの映画からヒントを得ているのだろうか?何となく似てるような・・・

主人公のジェーンは、男の行動パターンを雄牛と比較し、やたら定型パターンにはめたがる(雄牛は一度ヤッた牝牛とは2度とやらない)
ジェーン(アシュレイ・ジャド)は、同棲まで考えていた恋人に捨てられ、あてつけに遊び人の同僚ヒュー・ジャックマンのアパートに転がり込む。ここらへんまではいいんだけど、ラストは無理やりって感じで苦しかった。
しかし美人すぎるアシュレイ・ジャドがジタバタするのはなかなか面白かった。あと、ディーの正体にはマジで驚いた。
【2005/03/02 01:12】 映画 か行 | トラックバック(3) | コメント(2) | edit
グッバイ、レーニン!
グッバイ、レーニン!なんだか懐かしいようで、妙に心に残る作品だ。

旧東ドイツで、共産主義に命を捧げてきた母親が心臓発作で意識不明に。その間にベルリンの壁は崩壊し、資本主義世界がなだれこむ。目を覚ました母親にショックを与えないように、息子は東ドイツがまだ存在するかのように、架空のニュース番組を作り、東ドイツ製のピクルスの瓶を探しまくる。

ただひたすらにママのために東奔西走する息子役のアレックスが好感の持てる青年でこの映画を明るくしている。

こっけいと言えばこっけいだが、ここには母親に対する息子の愛情のほかに、古き東ドイツ時代へのオマージュみたいなのを感じる。
社会主義は崩壊しても、そこに暮らしていた人々の思い出までは崩壊できないもんね。
【2005/02/09 01:14】 映画 か行 | トラックバック(10) | コメント(0) | edit
CUBE2
昨日TVでやってた。
面白かった~。1より複雑になって、パラレルワールドまで形成されてる。私はこの「パラレルワールド」ってのが好きである。

登場人物は、盲目の若い娘(実は伝説の天才ハッカー)、心理分析医の女性、痴呆の老女(元数学博士)、おじさん(CUBEのドアの設計者)おじさん2(自称コンサルタント)若い男(ゲーム開発者)、若い女(武器メーカーの弁護士)、その他・・・
ナイフを振りかざす男がどうにも、イヤでした・・・

自分がこのCUBEに入れられたら、どうなるだろうとか想像しただけで、滅入ってしまうわけですが、一方この映画ほとんどCUBEのセットだけなんで安上がりといえば、安上がりだ~なんて思ったりもする。

1と同じに1人だけ助かるわけですが、その後の話が少しだけある。その中で「第二段階は終わりました・・・」って発言から、CUBE3の予感がプンプンする。
CUBE2 キューブ 2 特別版
ケリー・マチェット アンドレイ・セクラ ジェラント・ウィン・デイビス アーニー・バーバラッシュ

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2003-12-05
売り上げランキング : 1,454
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【2005/02/04 10:09】 映画 か行 | トラックバック(4) | コメント(2) | edit
コールドマウンテン
コールドマウンテン コレクターズ・エディション
コールドマウンテン コレクターズ・エディション


良かったです。心にジンと響く映画でした。
ニコール・キッドマンとジュード・ロウのカップルを考えたとき、えらくとうのたったカップルだなコレ、なんて思ったりしましたが、2人の独特の美しさと演技力にすっかりはまってしまいました。この2人の恋って、ちょっと日本人っぽいなって思いました。どちらもシャイなところなど、イイ。

ジュード・ロウは自分の美形に無頓着、でも情熱家みたいな役をやらせたら上手いです。最初キャスティングにはトム・クルーズの名前も挙がってたらしいですが、彼は華やかすぎるので、この役はやっぱりジュードの方が合ってそうです。一方、ニコールですが、美しさは十分わかるのですが、最後のほうはまるでグラビア撮影かいっ!ってつっこみたくなるくらい、キレイに決まりすぎてました。皆に「ビューティフル・ニコール」って呼ばれてるそうですが、「はいはい、わかりました」って感じでした。

この映画豪華キャストも話題になってましたが、一番贅沢と思ったのは、若手有望株のジェナ・マローン(渡しもり役)がほとんど秒殺されてたところです。(なんてゆう贅沢な使い方!)

南北戦争を扱った映画では、アンリー監督の「楽園を下さい」が大好きなのですが、この映画もすごく好きになりました。南北戦争ものってアメリカ唯一の内戦だけにアメリカのノスタルジーみたいなものをすごく感じます。(しかし、義勇軍の脱走兵狩りやリンチなど、ちょっとヘビーでもありましたが)
最後に劇的なシーンを入れて盛り上げることも可能なんでしょうが、最後まで抑えに抑えきったところが、かなり評価できます。なんでアカデミー作品賞にノミネートされなかったんだろう?
【2004/12/20 09:50】 映画 か行 | トラックバック(7) | コメント(3) | edit
かげろう
かげろう

2003年 英・仏

アンドレ・テシネ監督 エマニュエル・ベアール ギャスパー・ウリエル

独軍によるパリ占領により人々は南仏へ逃げ急ぐ。主人公の未亡人は、息子と娘を連れて逃げる途中1人の青年と出会う。彼と行動を共にするようになった一家は空家となった邸で一時的に生活することになる。この青年は食料の調達をしてくれたりするが、謎が多く、犯罪まがいの行動も平気でやってのける。

写真からもわかるように、未亡人と青年が恋に落ちるのだろうと察しがつくが、青年は17歳と若すぎる。(息子は13歳なのだ)
結局、2人は結ばれる。良かった良かったと思いきや、状況は一変する。いつものように食料の調達に行った青年が憲兵に捕まり、一家も収容所のようなところに入れられる。実は彼は感化院を脱走したお尋ね者だった。
数日たって、未亡人は青年が首を吊って自殺したことを聞かされ、呆然とする。

衝撃的な結末で終わるので、いったいなぜ青年が自殺したのかが、頭から離れない。感化院に戻されることに絶望から?でも、彼はサバイバル術に長け、生きることに人一倍執念を燃やすタイプなのだ。そんなことで絶望するとは思えない。
しいて考えると、彼の刹那的な一面がそうさせたのかもしれない。そして、タイトルの「かげろう」は未亡人の前に一瞬あらわれた青年のことを指すのかも・・・

作品は南仏の美しい自然をバックに描かれている。主役のエマニュエル・ベアールがこれまた美しい。そして注目の青年役ギャスパー・ウリエルだが、丸刈りの為か彼の美少年度は私には解らなかった。(結構印象薄い顔です。何作か観たらわかるかも。)
全く先の読めない展開で釘付けになった作品でした。 

【2004/12/19 23:36】 映画 か行 | トラックバック(1) | コメント(0) | edit
前ページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。