スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靴に恋して

靴に恋して
靴の数だけ、人生がある。
っていうのがこの映画のコピーです。でも靴に恋はしていないと思います・・・
盗んだ靴をはく女・小さな靴をはく女・スリッパをはく女・偏平足の女・スニーカーをはく女
この5人の女性は、なんらかのつながりがあるのですが、私がいちばん興味を持ったのは、スニーカーをはく女、アニータです。彼女は知的障害を持つ女性なのですが、介護に来る看護学生のホアキンに、ほのかに恋心を持つのです。犬を連れて散歩する彼女は、いつも犬を連れた自分の絵ばかり書いていたのですが、いつのまにかホアキンと自分が手をつないだ絵ばかり描くようになります。彼女なりのせいいっぱいの愛情表現がいいんです。

この映画なんか濃いなぁと感じたんですけど、原因を考えてみました。
1.出てくる女優さんが、中年でやせていて化粧がケバイ。 
2.時間が135分と長い
3.出てくる男性のゲイ率が、高い。

ゲイといえばレイレの彼氏は、レイレに”靴のデザイン”という夢をあきらめるなって感じで去っていき、一瞬レイレの為に身を引いたのかと思わせるのですが、実はゲイであったりして、”どっちやねん”と突っ込みを入れたくなるキャラでした。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

靴に恋して

 群像劇は苦手・・・これなら予習をしていけばよかった。 5人の女性が登場するのです。“盗んだ靴をはく女”、“偏平足の女”、“スリッパをはく女”、“スニーカーをはく女”、“小さな靴をはく女”。一組の母娘があるが、靴に関する性癖・特異性を除いては年齢もさまざま

靴に恋して

原題は「Piedras」石ころっていうような意味。邦題と宣伝が明るく軽い映画だと勘違いしてくれといわんばかりなので、仕方がないのかもしれませんが、「履いていた靴を脱ぎかえるように、自分の人生を変える」という人生リセット系のキャッチコピーからはかけ離れた内容です

「靴に恋して」

「靴に恋して」を観ました(本家・fab*funにもup、レビューは毎度微妙に中身が違います)。

靴に恋して

自分にピッタリの靴って、なかなか見つからないんだよね。PIEDRASDirected by RAMON SALAZAR, Spain (2002)ラブ度:★★☆人生度:★★☆マドリッドで生活する、年齢も境遇も様々な5人の女性の愛を、「靴」をテーマに展開する爽やかな感動ストーリー。「靴をみれは、その人

靴に恋して

「靴に恋して」   2002/スペイン恋や仕事、家庭、人生に迷い悩む5人の女たちの群像劇。それぞれの女のストーリーが同時に展開し、交差しながら、最後に繋がっていく緻密な話だ。邦題とチラシの「王子様のいない5人のシンデレラたちが、古い靴を脱ぎ、新し

「靴に恋して」を観た

知らなかった!有楽座で「靴に恋して」をやってるなんて!秋田でスペイン映画を観られる機会なんてそうそうないのだ!まずい!!見逃す!かくして滅多に時間休などとらない私が2時間とって17時の最終回へ!「すみません、すみませ~~ん、すみませ~~~~~ん!!」3...

靴に恋して

「靴に恋して」★★★★★(盛岡フォーラム2) 2002年スペ

「靴に恋して」現実と夢と真実の愛、欲張りな映画だ

「靴に恋して」★★★(WOWOWにて)アントニア・サン・ファン、ナイワ・ニムリ、ビッキー・ペニャ主演ラモン・サラサール 監督、2002年 スペイン 様々な靴様々な人生、同列に並べられるかどうかの判断は別にして。ひとつのストーリーは、チャンネルを...

「靴に恋して」

[製作] 2002年 スペイン[監督] ラモン・サラサール[出演] アントニア・サン・ファン/ナイワ・ニムリ/ビッキー・ペニャ/モニカ・セルベラ/アンヘラ・モリーナ/エンリケ・アルキデス/ダニエリ・リオッティ 他---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---

靴に恋して

【原題】PIEDRAS【制作年】2002【制作国】スペイン【監督・脚本】ラモン・サラサール【主なキャスト】○アントニア・サン・ファン(娼婦宿の経営者:アデラ)○ナイワ・ニムリ(高級靴屋店員:レイレ)○ヴィクトリア・ペーニャ(タクシー運転手:マリカルメン

靴に恋して

靴に恋してPIEDRAS(スペイン)監督:ラモン・ラサール出演:アントニア・サンフアン/ナイワ・ニムリ/ビッキー・ペニャモニカ・セルベラ/アンヘラ・モリーナ

靴に恋して(スペイン)

落ち込み回復度 ★★★★☆なんで私は幸せになれないのでしょう?なんていう前に・・・靴をキーワードにつながるカラカラ空回りの女性たちの物語です。もう、どの男もしょんねえ、しょんねえなんだか、頑張れば頑張るほど男は遠ざかっていくような・・・、幸せは逃げていく

『靴に恋して』

好きな映画の1本で時々無性に観たくなく作品。 いつ観ても、その映画の世界に浸れるっていう意味でも自分にとっては相性のいい作品だなーって思った。 高級靴店の店員をしているレイレは、靴のデザイナーを夢見ているが、いつしか自分を見失い、恋人も出て行ってしま

映画「靴に恋して」今の場所から少しだけジャンプしてみる

「靴に恋して」★★★☆DVD鑑賞 アントニア・サン・フアン、ナイワ・ニムリ、アンヘラ・モリーナ主演 ラモン・サラサール 監督、135 分 、製作年度: 2002年 DVD発売日: 2005/05/25 (原題:PIEDRAS STONES)                     →  ★映

コメントの投稿

非公開コメント

失礼しました~~!

TBして頂いてたのを今発見したしました~~!
大急ぎでトラバりますね!!

私もアニータが切なかった!「いそしぎ」を歌ったシーンは号泣でありました。

tomoskaさま

コメントありがとうございます。
「いそしぎ」がよくわからないですが、アニータが歌ってたのでしょうか?

はじめまして。

>3.出てくる男性のゲイ率が、高い。
激しく共感です。
しかもいきなりゲイになってたりして焦りました。

ちゃら さま

ほんとに、あいつもこいつもゲイで、
唖然としてるうちに終わりましたw
プロフィール

タンタン

  • Author:タンタン
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー

リサ&ガスパール リサ 座り M
リサ&ガスパール リサ 座り M

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。