スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オールド・ボーイ

オールド・ボーイ プレミアム・エディション
どギツイ映画だった。儒教の国で、よくここまで作ったなって感じ。
原作が漫画だけに、漫画チックで笑える要素もあるけど、やっぱり展開はキツかった。韓国映画って濃いなぁ。

主人公のチェ・ミンシクは短髪だと普通のおっさんだが、長髪パーマでかっこいい中年オヤジに早がわり。
敵方のユ・ジテは出世志向のサラリーマンって感じ。
この2人の年齢どうみても10歳以上離れてて、設定では同級生の弟だから、もっと同世代の俳優にしたらいいのにと思った。
あと主人公が、15年ぶりに監禁から解放されたはずなのに、携帯を慣れた手つきで扱ってるのにもちょっと違和感。

なぜ細かいことに文句をつけたいかというと、特典映像で監督がかなり詳細にこだわっている解説をしてたからだ。
でも監督&キャストのフル解説は面白いので必見。
カンヌ凱旋後に録音してるので余裕が感じられるし、韓国縦社会会話が楽しめる。私はこの解説を見てこの映画が好きになった。チェ・ミンシクはベテランクラスの俳優だがかなりお茶目だ。韓国俳優の層は厚い。

個人的に気にいったシーンは、最後の決着をつけに行く男に
女が「何をお祈りしたらいい?」って聞いたのに
男が「”神様、次は絶対に若い男に会わせて下さい”」と茶化した会話。ナイスです。 
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画: オールド・ボーイ

邦題:オールド・ボーイ 原題:OLD BOY 原作:「オールド・ボーイ」土屋ガロ

オールド・ボーイ

土屋ガロン(狩麻撫礼)の異色漫画を「JSA」「復讐者に憐れみを」のパク・チャヌク監督が映画化したものです。その衝撃の結末にはただ絶句するしかありませんでした。そしてこれほど手の込んだ復讐に没頭するウジンの狂気には背筋が寒くなります。厳重な緘口令が敷かれ、スタ

『オールド・ボーイ』

■監督 パク・チャヌク『JSA』■原作 土屋ガロン・嶺岸信明■キャスト チェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・ヘジョンオ・デス(チェ・ミンシク)は妻と一人娘を持つ、平凡なサラリーマンだった。ある日、娘の誕生日プレゼントを買って帰る途中、忽然と姿を消す。妻との不仲か

オールド・ボーイ(2003/韓国/監督:パク・チャヌク)

普段はできるだけネタバレ避けてレビュー書いているが、観た人も多いと思うのでややネタバレモードで。 平凡なサラリーマン、オ・デス(チェ・ミンシク)は、突然理由も分からず何者かに監禁され、15年後に開放された。いったい誰が、何の目的で……? 謎をさぐるためと復.

「オールド・ボーイ」劇場にて

昨日ファボーレTOHOで韓国映画のハシゴしてきました。上映前の予告編で「チョン・ジヒョン」「チャン・ヒョク」主演『僕の彼女を紹介します』の新しいバージョンが流れていました。もう公開まで一ヶ月を切ったんですね。待ち遠しいです。また年末にかけての公開されるも

オールド・ボーイ

「オールド・ボーイ」★★★★(盛岡フォーラム3) 2003年

映画::オールド・ボーイ

理由もわからず、15年間監禁された男の物語。俺がこの映画を知ったのはナインティナインのオールナイト...

オールド・ボーイ 今年の129本目

オールド・ボーイ 原作は、日本の漫画なのね。おもしろいんだケド、なんかねぇ、、、ラストまではほんとに、引き込まれて見てしまいましたが、最後の方は、よくわかんないわ。自分の記憶を消したってこと??みんな救われない、、、映画としては、絵も

オールド・ボーイ

これぞ衝撃作!!!という位全てが衝撃的でした。韓国作品は<衝撃のラスト>など<衝撃>という言葉が多く使われますが、今まで以上に衝撃を受けました。確かに韓国作品は衝撃を受けるものが沢山ありますが、これ程衝撃を受けた作品はありません。映像が不思議...

「オールド・ボーイ」

個人的にこの秋一番の期待作、それにたがわず強烈な印象を残す復讐劇。拉致され理由も解からず監禁されるという冒頭シーンから、見ているほうは???の連続、謎が謎を呼びかなり濃いんだけど、起承転結がはっきりしているので、見終わった後に消化不良にならない。そして韓

映画を見たで(今年99本目)-OLD BOY-

監督:パク・チャヌク出演:チェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・ヘジョン評価:98点(100点満点)2004年カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞したこの作品。今更見たのか、と言われそうですが、そうです、今更見ました。もの凄いインパクトです...

「オールド・ボーイ」

復讐・・・あだをかえすこと。あだうち。しかえし。言葉の意は容易に理解できるが、本物の復讐はなかなか実現しないし実行できない・・と思う。けれど、そこは漫画と映画の世界!永く根を持つ復讐心が復讐心を招き入れ、泥と沼の復讐の愛憎劇と化す。人を憎み続ける

オ-ルド・ボ-イ

チェ・ミンシク主演の「オ-ルド・ボ-イ」のDVDを観ました。1988年、平凡な人生を送っていたはずのオ・デスは、ある日突然誘拐され、目覚めるとそこは“私設監禁部屋”だった。理由もわからないまま監禁され続け、彼が突如解放されたのは、2003年。すでに15...

OLD BOY

{amazon}  映画「{{9313,OLD BOY}}」原作は日本の漫画の「オールド・ボーイ」日本のサブカルチャーの評価、特に漫画は韓国で高く評価されており、冬ソ\ナが流行る何年も前から

映画『オールド・ボーイ』

原題:Oldboy日本生まれ韓国育ちが世界を席巻、チョット大袈裟だが、そこまで言っても非難はされないだろう、それほどに凄い衝撃の近親相姦と復讐の物語。 物語はあまり感心しない男デス(チェ・ミンシク)が、酔っぱらったうえに我が子へのお土産も置き去りに拉致される

オールド・ボーイ

製作年度・製作国・上映時間2003年・韓国・120分監督パク・チャヌク出演チェ・ミンシク 、ユ・ジテ 、カン・ヘジョン 、チ・デハン 、キム・ビョンオク他STORYカルト的人気を誇る

オールド・ボーイ

この作品、まだご覧になってない方、オススメします!ひやぁ~、また私の中の“ごっつい強烈作品”がひとつ増えました。[:拍手:]チェ・ミンシクssi モッチダ!(素晴らしい!)でもこれ『結末は他言無用!』でして、言っちゃっちゃ~面白くないので口チャック[:モゴモゴ

オールド・ボーイ

『オールド・ボーイ』あらすじ『妻と幼い娘を持ち、ごくありふれた生活を送っていたサラリーマン、オ・デス。彼はある雨の日にいきなり誘拐され、狭い部屋に監禁されてしまう。理由も知らされないまま監禁は続き、その間食べる物は与えられたが、外を見ること...

オールドボーイ

2003年度 韓国作品 120分 東芝エンタテインメント配給原題:Old BoySTAFF監督・脚本:パク・チャヌク原作:土屋ガロン『オールド・ボーイ』CASTチェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・ヘジョン、チ・デハン■STORY平凡なサラリーマン、オ・デスはある日突然...

オールド・ボーイ

【OLDBOY】2003年/韓国 監督:パク・チャヌク   出演:チェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・ヘジョン、チ・デハン、キム・ビョンオクいきなり拉致され一室に監禁された男。誰が何の

オールド・ボーイ

カンヌ映画祭のグランプリ取った作品で原作は日本のコミックだそうで。ある日突然何者かに拉致され、理由も告げられぬまま15年も監禁され続けた男が、自分を監禁した男を見つけ出して復讐する話。内容も面白そうだし、とても興味があって、ビデオで見ました。こ

コメントの投稿

非公開コメント

TBありがとうございます

カンヌ映画祭はかなりアクの強い映画が受けるみたいですね。

トラックバックありがとうございます。 酔っ払っていまして、今、気付きました。 タランティーノが審査員でしたからね。

よしえもんさま:
グランプリとパルムドールの違いにやっと気付きましたw
butt_row さま:
気付いてくれてありがとうございましたw
タランティーノはパルムドールあげたかったみたいですね。

TBありがとうございました

私もTBさせて頂きました!
ほんと、ドキツイ映画でしたね^^;
一度鑑賞していらい、一度も見てません。
地上派TVで放送することになったら、どこまで放送できるか気になりました!

asaji さま

TBありがとうございました。
DVDでの解説でTVではここをこうするとか言ってました。劇場公開用、DVD用、TV用と3パターンあるみたいです。

こんにちは!!
いつもお世話になっております。

ホントに色んな意味でイタイ作品でしたね。
あっ、いい意味で!!(笑)

私は、主人公がチンピラにカナヅチを振り上げた際に、画面が一時停止して赤い矢印が出てきたシーンが好きでした。
いかにも漫画チックだなぁと思いました。

トラックバックさせていただきました。
今後ともよろしくお願いします

マイコさま

こんばんは。
カナヅチのシーンありましたね~。
漫画チックさとシュールさとが入り混じってましたね。
ユ・ジテのしゃちほこポーズも印象的です。

すごい

驚く展開でした。
私韓国映画って今まで全然観たことないんですよ。
べたべたの恋愛ものというイメージがしてどうも・・・
だからなおさらこれは衝撃的。
すごい復讐劇ですよね。
最後の舌は・・・もう見ていられませんo(><)oいたたた

ジュンさま

最後の舌・・・
あー思い出しました!言われるまですっかり忘れていました。
あれは強烈でした。
しゃべりすぎる男の末路なんですよね。
プロフィール

タンタン

  • Author:タンタン
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー

リサ&ガスパール リサ 座り M
リサ&ガスパール リサ 座り M

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。