スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit
ロスト・イン・トランスレーション
ロスト・イン・トランスレーション
観る前から、好きになれないだろうという先入観があったが、やっぱり好きになれなかった。

まず、サントリーのCMにビル・マーレーって、なめとんのかって感じである。
次にロックバンドの写真を撮っている程度のカメラマンがなんであんな一流ホテルに泊まれるのか?まぁ設定に文句言っても始まらないが、この2点がまずひっかかる。 

もやもやとくすぶっている人生の物足りなさが、異国の地での孤独感とあいまったとき、同じ思いを持つ同志に出会い、癒され、またそれぞれの人生に戻っていく、というストーリー。

退屈な2人の空気が伝わって、こっちまで退屈になってきた。
そして2人がはじけだしても”時、既に遅し”私は観ながら退屈で死にそうになっていた。

「ジェリー」の方がまだ許せる。
スポンサーサイト
【2005/07/05 21:34】 映画 ら行 | トラックバック(12) | コメント(6) | edit
<<レディ・キラーズ | ホーム | トリコロールに燃えて>>
コメント
はじめまして、TBありがとうございます。
ホント、退屈な作品でしたよね。^_^;
観ながら、あら捜しばかりしていました。
実は私、この作品を観終わってからここが超高級ホテルだと知りました。
なんかぜんぜん高級さが出ていなくて・・・。
【2005/07/07 01:40】 URL | shake #-[ 編集] | page top↑
コメントありがとうございます。
この映画って好きな人多くて共感できなくて
寂しい限りです。
まじで退屈でした。
【2005/07/07 01:46】 URL | タンタン #-[ 編集] | page top↑
いきなり大量のTB送りつけてしまいましてすみません…

スカーレット・ヨハンソンは好きですが、私もこの映画は面白くなかったです。なぜ脚本賞??

ちなみに、退屈したヨメが観光に出かけた寺はウチの近所にあるということを最近知りました。京都ではなかったのか?
【2005/07/18 18:54】 URL | bambi@のら猫の日記 #-[ 編集] | page top↑
大量TB大歓迎です。
スカーレット・ヨハンソンそんなに好きじゃありません。でも今まさにシュンですよね。

【2005/07/18 20:23】 URL | タンタン #-[ 編集] | page top↑
はじめまして。
皆さんの評価が高いので期待していましたが、どうやら私には合わなかったようです。
日本に来て「つまらない~」と言っているなら帰ればいいのに・・・。
TBさせてください。
【2005/08/11 23:22】 URL | c.milk bar #-[ 編集] | page top↑
初めまして。
この映画、私にも合いませんでした。
好き嫌いに分かれる映画だと思います。
【2005/08/12 00:31】 URL | タンタン #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gael.blog3.fc2.com/tb.php/67-4744a8ec
ロスト・イン・トランスレーション
 外国人旅行客から見た日本がよく描かれていると思います。一度でも日本に来たことがある外国人なら、多分大笑いしているのでは。 シェイクで乾杯!【2005/07/07 01:41】
『ロスト・イン・トランスレーション...Lost in Translation』ソフィア・コッポラ監督
『ロスト・イン・トランスレーション...Lost in Translation』を見ました。 ネオンが溢れかえる東京での コウの鑑賞人blog【2005/07/07 17:31】
ロスト・イン・トランスレーション
ソフィア・コッポラ監督作品ビル・マレー、スカーレット・ヨハンソン主演もし、自分が同じように異国に行ったらどうなるだろうと考えてしまった。主人公達と同じように、母国語でとおそうとするだろう。そして、主人公達と同じように孤独感を味わうだろう。それは 「月の風」シネマ日記【2005/07/07 22:02】
ロスト・イン・トランスレーション(2003/アメリカ=日本/監督:ソフィア・コッポラ)
CMの仕事で東京にやってきた、忘れられたハリウッド男優・ボブ(ビル・マーレイ)。時差ボケと異国の地での言葉の通じない仕事の緊張が続き、夜も眠れない日々。一方、同じホテルに泊まるシャーロット(スカーレット・ヨハンソン)も仕事で来日した夫について来たものの、忙. のら猫の日記【2005/07/18 18:45】
ロスト・イン・トランスレーション(ネタバレ)
ロスト・イン・トランスレーション公式HPには「世界を魅了した‘トーキョーのロマンス‘ひとときの恋心は、永遠の想い出にかわる」と、ありますが、この話がロマンスとは思いたくありません。この映画、そーやって観たらとても観ていられない。最初、ソフィア・コッポラ... ColobaMilkBar【2005/08/11 23:23】
ロスト・イン・トランスレーション
「ロスト・イン・トランスレーション」★★★★ 2003年アメ いつか深夜特急に乗って【2005/08/22 22:42】
ロスト・イン・トランスレーション
ロスト・イン・トランスレーション 監督はソフィア・コッポラっていう人。 あのゴッド・ファーザーのコッポラの娘だよなあ。 これがアカデミー脚本賞とかいうんだから、 アカデミー賞は身内に甘いしょうもない賞だといわれてもしかたがない。 映画監督にしては若くて、 カフェビショップ【2005/10/01 05:57】
『ロスト・イン・トランスレーション』 ソフィア・コッポラ:「フシギの国ニッポン」映画 その1
自分はドイツ人の知人の勧めで観てみました。 「既に人生を使い切ってしまった」映画スターの主人公、そして、自分の人生の意義を見つけられないまま、いたずらに時間を浪費しつづけるヒロイン。それぞれ、はた目には何不自由なくゴージャスな暮らしを満喫しているんで ~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録【2005/12/23 09:17】
『MON-ZEN(Erleuchtung Garantiert)』 ドーリス・デリエ:「フシギの国ニッポン」映画 その2
『ロスト・イン・トランスレーション』を観た後でブーブー言ってた自分に、ドイツ知人が薦めてくれたのがこのドイツ映画です。 概要については、こちらを参照していただくとよろしいかと思います。 「不思議都市」東京を起点に、行き詰まった人生を打開するための「自分 ~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録【2005/12/23 09:38】
ロスト・イン・トランスレーション
東京のネオンを車の窓から見る一人の男。それは、忘れられたハリウッドスター、ボブ・ハリス(ビル・マーレー)。ホテルの窓から東京の町並みを見下ろす一人の女。カメラマンの夫に同行した妻シャーロット(スカーレット・ヨハンソン)。退屈をもてあそぶこの二人がホテルの UkiUkiれいんぼーデイ【2006/01/14 10:51】
ロスト・イン・トランスレーション
ロスト・イン・トランスレーション監督:ソフィア・コッポラ出演:ビル・マーレイ、スカーレット・ヨハンソン、ジョヴァンニ・リビシ、アンナ・ファリス、マシュー南、田所豊...「幸せなはずなのに、ひとりぼっち ひめの映画おぼえがき【2007/01/04 03:14】
ロスト・イン・トランスレーション
2003年度 アメリカ作品 102分 東北新社配給 原題:LOST IN TRANSLATION STAFF 監督・脚本:ソフィア・コッポラ CAST ビル・マーレイ スカーレット・ヨハンソン ジョヴァンニ・リビシ アンナ・ファリス 好きな映画ベスト10に入る映画です{/hiyo_en2/}{/fuki_suki/}か pure\'s movie review【2008/08/06 00:53】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。