スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit
16歳の合衆国
16歳の合衆国
16歳の合衆国

世界の見方は2つある。
背後に潜む悲しみを見るか、
すべてに目を閉ざすか


ガールフレンドの障害者の弟を殺して矯正施設に入れられたリーランド。
何故殺してしまったのかを知りたがる大人たち。
教官が、彼の犯罪の背景にある、家庭環境とか恋人との関係とかに原因を探ってるのに対し、リーランドの心はそんな次元ではないところを漂っている。

彼は障害者であるライアンに深い悲しみを感じてしまい、彼を悲しみから守ってあげたくて殺してしまった。その過程が彼のノートや告白を通して繊細に描かれている。
なかなかいい作品だと思う。

リーランドと仲良くなる黒人少年役で「恋するマンハッタン」のゲーリー役、ウェスリー・ジョナサンが出てました。彼のお茶目さがちょっとでてました。

ドン・チードルは爆弾作りの方がイケてるけど。   
スポンサーサイト
【2005/07/01 14:08】 映画 さ行 | トラックバック(5) | コメント(2) | edit
<<ブラックバード・ライジング | ホーム | サトクリフ「辺境のオオカミ」>>
コメント
なかなかいい作品でしたね。
でも、最後だけは使いまわされたラストのような気がしました。もう少し希望が欲しかったです。
【2005/12/05 11:25】 URL | りりこ #8Lpfz6kU[ 編集] | page top↑
そうですね。
あのラストは結構意外だったです。
【2005/12/05 23:33】 URL | タンタン #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gael.blog3.fc2.com/tb.php/64-dbdaf1f2
16歳の合衆国
マシュー・ライアン・ホージ監督・脚本作品普通の高校生が突発的に殺人を犯してしまう「断片の総和は人生にはならない・・・」直感、感覚で体験、知る事があってもそれを自分の心理と勘違いし事を起こしまうことが無いように多くの情報が流れ、それが悪なのか善なのか判断出 travelyuu とらべるゆうめも MEMO【2005/08/20 10:01】
『16歳の合衆国』
 16歳のリーランドは恋人・ベッキーの弟・ライアンを殺してしまう。逮捕されてからも理由を語ろうとしないリーランドに保護施設の職員パールが近づく。パールはリーランドの父親で有名な小説家であるアルバートに会うが、リーランドのことを本に書こうとしていることを見 りりこの図書館【2005/12/05 10:44】
16歳の合衆国
16歳の合衆国 近年多発する少年犯罪。犯罪を犯す若者たちのこころの中にはいったい何が流れているのか? 恋人の弟、知的障害者の少年を殺害してしまった16歳。繊細さゆえに世の中にあふれる哀しみに耐え切れず心を閉ざした彼の心の弱さや、苦しみ悩みながら生きる人々の姿 cinema mode○○●こころからストーリーを味わう●○○【2006/03/16 22:52】
The United States of Leland
リーランドは恋人の知的障害のある弟ライアンを殺してしまう。ライアンと仲が悪かったわけでもなく、むしろ仲がよかったのに。ライアンの家族、リーランドの家族、そしてリーラン Cinematheque【2006/03/21 14:00】
『16歳の合衆国』
16歳の合衆国 CAST:ライアン・ゴズリング、ケヴィン・スペイシー他ある日、知的障害者の少年、ライアンが殺害される。犯人はライアンの姉、ベッキーの元ボーイフレンド、16歳のリーランド(ライアン・ゴズリング)だった。リーランドは矯正施設に入り、そこでパールという *Sweet Days*  ~movie,music and etc...~【2006/04/28 23:47】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。