スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砂と霧の家

砂と霧の家 特別版
2003年 アメリカ

1軒の家をめぐる壮絶な争い。すごい脚本です。いったい誰が一番悪いのかを考え込んでしまいます。

まず税金の滞納(たった500ドル)により家を差し押さえられたキャシーは、免除申請はしたが役所からの通知を放置しといたために家無し生活をするはめになります。彼女の自堕落な面がこんな事件を巻き起こしたともいえます。

彼女の家を競売で市価の4分の1で手に入れたベラーニ大佐はこの家を転売して利益を得ようとしています。彼は祖国イランから亡命するも、過去の栄光が忘れられず虚勢を張った生活の維持のためにお金を必要としてるからです。でも家族愛はすごいです。
彼が言った「彼女は傷ついた小鳥だ。家を返してあげよう」というセリフは本当に良かった。

キャシーの立ち退きに立ち会った副保安官のレスターは、彼女に恋をし、妻子を捨てるは、ベラーニ大佐に恐喝じみた脅しをかけるはと、思慮の浅い暴走を繰り返します。
悲劇は決して1つの事象からだけ成り立つわけではないのですが、私が観た感じレスターでしょ、やっぱり、って感じです。

キャシー役のジェニファー・コネリーは漫画みたいな綺麗な瞳です。こんなウルウル瞳で見つめられたた、よろめくレスターの気持ちわからないでもありません。そしてレスター役のロン・エルダードですが、この人「ブラック・フォーク・ダウン」で2機目に墜落されるブラック・フォークのパイロット役の人です、確か。ベラーニ大佐役のベン・キングスレーにいたっては、その存在だけで周りを圧倒しています。貫禄勝ち。

教訓
・役所からの通知は放置するな!
・競売物件には手を出すな!
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「モーターサイクル・ダイアリーズ」&「砂と霧の家」

タイトル モーターサイクル・ダイアリーズ場所 DVDで観賞監督 ウォルター・サレス出演 ガエル・ガルシア・ベルナル、ロドリゴ・デ・ラ・セルナジャンル ドラマ/青春公開時コピー遠い空の下、僕は世界がめざめる音を聞いた評価  ★★★★★★★★ 8点(10点満点

砂と霧の家 HOUSE OF SAND AND FOG

ジェニファー コネリー主演(2003年)かなり痛かったです。これこそ悲劇アメリカ社会の中で様々な問題にぶつかる登場人物達。最初はジェニファー コネリー演じるキャシーの事を思って見ていたけど、キャシーが車の中で自殺をしようとした時、ベラーニ(ベン キングスレー)が

砂と霧の家

タイトル: 砂と霧の家 特別版 砂と霧の家を見ました。以下ネタバレ含むかも。 暗いです・・・相当。ていうか重い。こう、見終わった後、軽く精神的にダメージくらうような、そんな重い映画でした(苦笑。正直、見終わって暫くの間はなんかモヤモヤしていたっていうか・・・

砂と霧の家

「砂と霧の家」★★★★★(盛岡フォーラム1) 2003年アメ

砂と霧の家(2004)★3、5

地味です。暗いです。そして、悲しいです。アカデミー賞3部門ノミネート。アカデミー賞俳優共演の作品。主演はジェニファー・コネリー(ビューティフルマインドで主演女優賞受賞)、ベン・キングスレー(ガンジーで助演男優賞受賞)。監督はヴァディム・パールマン。

映画『砂と霧の家』

原題:House of Sand and Fog  -悲しむべきは人の性か-極めてシリアス、極めてハードボイルドな映画だ。登場人物が本当はみんないい人なのに、あまりに酷い結末を迎える。 結婚生活が破綻し海辺の一軒家で引き籠もりのキャシー(ジェニファー・コネリー)は、わずかな

第三者がぶち壊す「砂と霧の家」

[:映画:] ちょっとした行き違いや他人の手違いのせいで、大切なものを失ったり、トラブルに巻き込まれたりすることがある。 発端は自分のせいでなくても、自分のとった解決法によって(そしてもちろんその時の事情やタイミングにもよるが)よくも悪くもなる。 運命という

砂と霧の家

ベン・キングスレー&ジェニファー・コネリーのアカデミー賞受賞コンビの「砂と霧の家」レンタル店で目にはしてたけど、どうもジャケがつまらなそうに見えてたんです。すごい受賞歴があるにもかかわらず…、ジャケってけっこう重要です。内容は、一件の家をめぐって繰り広げ

★★★★「砂と霧の家」ジェニファー・コネリー、ベン・キングスレー

見終わって、とても淋しさを感じました。幸せな人が誰もいないのです。アル中で夫に捨てられ、手続きのミスで家まで失ってしまう。そんなジェニファー・コネリーが、もし美人じゃなかったら、この物語は変わっていたのかもしれない。自尊心を傷つけられるような仕事をして..

砂と霧の家

家なき子 家がなくても 子は育ち  忘れていた映画、というべきか。おそらく、プロモーションが派手じゃなかった(それなりに、また文句言ってたかもしれないけど)。そして、映画そのものが、とてもナイーブかつ沈み込むような憂鬱さで、仰々しい仕掛けもない。 前

砂と霧の家

製作国:アメリカ公開:2004年監督:ヴァディム・パールマン出演:ジェニファー・コネリー、ベン・キングスレー、ショーレ・アグダシュルー、ロン・エルダード、フランシス・フィッシャー今週末は、大作・名作を家でゆっくり鑑賞するつもり(^^♪ストーリーはこ...

映画鑑賞感想文『砂と霧の家』

さるおです。 『HOUSE OF SAND AND FOG/砂と霧の家』を観たよ。 監督さん、キエフの人ヴァディム・パールマン(Vadim Perelman)です。いつか行ってみたい場所。キエフ出身ってことと関連づけていいのかどうか知らんけど、影のある映像といい、絶望と安らぎのバランスといい、

『砂と霧の家』

砂と霧の家 特別版 ベン・キングスレー、ジェニファー・コネリー主演。政変で国を追われ一家でアメリカに亡命しているイラン出身のベラーニ元大佐(ベン・キングスレー)は、愛息の教育費や高尚な生活の維持のため、肉体労働や商店の店員などをして何とか生計を立てていた。

砂と霧の家

DVD予告を観て興味が湧いた作品だったのでレンタルしてみた。予告編では、もっとサスペンス色が強い感じがしたが、実際に観るとヒューマンドラマの様相だった。もし、自宅がいきなり差し押さえられ放り出されたら・・・静かに進行してゆくストーリー展開でありながらも、

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして

こんにちは。トラックバックありがとうございました。こちらからもさせて頂きました。「彼女は傷ついた小鳥だ。家を返してあげよう」というセリフ、私も好きです。痛々しいけど素晴らしい映画に仕上がってましたね。後税金の滞納は駄目ですね!また遊びにきます。あとポリーmy loveもTBさせて頂きます!

masuさま

masuさま、はじめまして。コメントとTBありがとうございます。
私もそちらにコメント残そうとしたのですが、
パスワードがわからなくって残せませんでした。
無念でございました(泣)
私もまた遊びに行きますので♪

またまた

TBありがとうございました。
コメントですが、パスワード入力しなくても入れる事ができますよ(^.^)分かりにくかったですね。。
これからもよろしくお願いします♪

何回もすみません

コメントのパスワードの件ですが、違ってました。コメントを入れて、もし削除したい場合に
パスワードを入れて削除する形になってるみたいです。自分のブログの事知らなくて恥ずかしい限りです。。なのでパスワードは適当に作って入れていいみたいです。長々とすみませんでした。

masuさま

そういうことですか!!納得です!
『コメント&TB』歓迎って書いてくれてるのに、なんで??いや、どこかにパスワードを書いてくれてるかも、と考えて目をサラのようにしてブログ内を捜索しましたよ(笑)イヤ~ン(恥)
おハズカシイ限りです。
お騒がせしました。

TBありがとうございました。
ベン・キングスレー、存在感ありましたね。
この作品、何かすごく良かった。
いろいろ考えさせられた。

pretty_kittenさま

面白い作品ですね。
先の展開が読めませんでした。
プロフィール

タンタン

  • Author:タンタン
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー

リサ&ガスパール リサ 座り M
リサ&ガスパール リサ 座り M

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。