スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit
チューダーズ その3
チューダーズについて思いつくまま感想を書いています。

人物についての感想

後半にひょっこりレギュラーで登場の
サー・フランシス(眼帯の男)
重苦しい中でちょっとプッと笑えるのいずれもこの人のシーン。
まず、反乱が起きてヘンリーが自ら兵を率いるといきまいているとき、
「陛下が出るまでもありません。
 もちろん獅子のような陛下にはだれも敵いませんが」
「サー・フランシス、お世辞を言えとは言ってない」
「失礼しました」
のくだりが吹き替えで聞くと、ケンコバが謝っているように聞こえて面白かった
です。
次に、サー・フランシスがエドワード・シーモアの嫁と不倫しているとき。
シーモア嫁がベッドで夫の秘密について教えてあげると言った時にやけながら「(ベッドの)謝礼として教えてくれるのか?」
「あなたそこまで上手くないわよ」
笑「でも悪くはないだろ~」
↑演技じゃなくほんとに笑ってる感じ。
セリフはうろ覚えですが、ちょっと笑えるシーンです。

グレーブスのアンについて

彼女の兄が高慢で嫌な奴だったせいで(第2次世界大戦時のドイツを思わせる立居振る舞いだった)巻き添え食ったのがアンという感じです。
好みのうるさいヘンリーの代わりに花嫁の容姿調査に行くのは、やっぱり、目利き度プロ級の輩、サフォーク公とかサー・フランシスとかに行かせれば・・・
でもクロムウェルの立場から目上の人に頼むわけにいかないし、うーん、ここは大事なところなんで王自らが命じるべきだったよね。(←とかドラマに突っ込んでみたりする)
だってその目利き術はキャサリン・ハワードの発掘に見事に活かされましたから。
あの連携プレーはすごかったね。サー・フランシスが見つけてきて、サフォークが見極める、うんすごい。横にいたシーモア兄は多分わかってないわかってない。(←勝手に決めつける)

チューダーズ その1
チューダーズ その2

Tudors: Complete First Season [DVD] [Import]
Tudors: Complete First Season [DVD] [Import]


スポンサーサイト
【2012/09/16 10:10】 映画 た行 | トラックバック(0) | コメント(0) | edit
<<ブルー・ブラッド | ホーム | チューダーズ その2>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gael.blog3.fc2.com/tb.php/377-ed420006
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。