スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit
チューダーズ その2
ヘンリー8世役のジョナサン・リース・マイヤーズについて

最初はなんとも思わなかったのですが、見続けていくと「かっこいーよー!」
「はまっちゃったよー」あの眼といい、頭の小ささといい、スタイルの良さとい
い、中世コスチュームの見事な着こなしといい、彼なくしてはこのドラマはあり
得ない!
このドラマの国王の衣装のデザインの素晴らしさは群を抜くがそれを着こなすジョナサン・リース・マイヤーズ!の素晴らしさ!
女性王妃陣も全く寄せ付けない一人ファッションショー状態。
途中ちょうちんブルマみたいなのを穿いてるときには、ヒヤヒヤしたけど
そんなにおしゃれ度を損じてなかったです。
彼はすごくスタイルがいいに違いない!と決めつけていたのですが、全裸のシーンがあり(後ろ姿でしたが)それがちょっと意外でした。おなか周りとか普通にぜい肉がついていてそんなにむちゃくちゃスタイルがいいわけではないのです。それなのに衣装を着たらあら不思議!着やせするタイプなんですね、うんうん。
しかし後半は足を悪くして杖をつくようになったので、体が傾き、せっかくの衣装があまり見栄えがよくなくなり、全体的に黒が多くなったのが残念でした。
でも若年から晩年まで演じてるのをみてると、いったいこの人は実際は何歳なのか、気になって調べてみたらシーズン1で30才だった。まぁ妥当な感じ。サフォーク公役のヘンリー・カヴィルがシーズン1で24才。若かったんだねw


キャサリン・ハワードについて

彼女の最後は悲しかったです。牢に断頭台を持ってきてもらって、練習している姿が、健気でした。(でもなぜに裸で?)
疑問なのですが、彼女が部屋から飛び出して陛下に話を聞いて!と訴えた後、さすがのヘンリーも可哀そうに思ったのか、ガーデナー司教を彼女の元にやって、恩赦を与えるつもりだと説明させます。そこでデーラムと婚約していたのだったら、陛下との結婚は無効となり王妃の地位は失うが、命は助かるでしょう、と悪の権化のようなガーデナー爺ですら、親切に説明してやってるのに、キャサリンときたら婚約はしていませんでしたって、えっ?!この娘わかってるの?どしてそんなこと言うの?ガーデナー爺もう1回説明してあげて!彼女が実際にどう思ってこう言ったのかわからないのですが、まさか断首になんてならないと思っていたのでしょうか。

チューダーズ その1
チューダーズ その3



チューダーズ <ヘンリー8世 背徳の王冠> DVD-BOX1
チューダーズ <ヘンリー8世 背徳の王冠> DVD-BOX1
スポンサーサイト
【2012/09/16 10:03】 映画 た行 | トラックバック(0) | コメント(0) | edit
<<チューダーズ その3 | ホーム | チューダーズ その1>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gael.blog3.fc2.com/tb.php/376-9779b17d
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。