スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit
浅田真央の銀メダルに思う
浅田真央ファンとしては辛い結果となった。

キム・ヨナのノーミス演技の高得点で
もうだめだと思った。

これが本当の現実の実力の差なのかもしれない。
そして去年くらいからこれは皆うすうす気づいていた
ことだ。

完全に戦略負けである。

オリンピックでトリプルアクセルを飛び、タラソワによって
芸術性を磨けば、金がとれるはずという雑な戦略では
太刀打ちできなかった。
3A以外のジャンプの質にもこだわるとか、その他の技術も含めて
浅田真央というアスリートをよりよく育て上げる構想は
日本スケート連盟にはなかったのだろうか?
ジャッジの判定の傾向を研究し、それに対応していけるような
チームは組めなかったのか?例えば現役に近い荒川静香などに
オブサーバーとしてついてもらってもいいではないか。
いくら個人競技とはいえ、国としてメダルが欲しいのなら
そのくらいしてもいいのではないだろうか。
時には本人の希望に反しても金メダルに向けて
何がベストなのかもっと研究すべきだった。

ひたむきに自分を信じてジャンプの練習を続けた浅田真央を思うと、
もっと何か出来たはずと思わずにはいられないのだ。

もしキム・ヨナが真の天才だとしても、浅田真央はその才能と
努力でキムを凌駕できたはずである。浅田真央の才能任せで勝てるほど
キムは甘い敵ではなかったということだ。

インタビューの浅田真央の涙をみるのは辛すぎた。

結果はでてしまったのだ。


彼女にとっては「銀」でも大きな挫折である。
この挫折をもとに、彼女がどう成長するか
今後に大いに期待しよう。


続き 浅田真央の銀メダルに思う(2)
スポンサーサイト
【2010/02/26 19:13】 フィギュアスケート | トラックバック(0) | コメント(-) | edit
トラックバック
トラックバックURL
http://gael.blog3.fc2.com/tb.php/371-09c5dbc8
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。