スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit
『グイン・サーガ』
ノスフェラスの嵐―グイン・サーガ(19)
ノスフェラスの嵐―グイン・サーガ(19)
最近ずっとグイン・サーガを読んでいます。
やっと25巻まで到達しました。
長編シリーズで今122巻まで出てるので先は長いのです。

1~25巻まで読んで
ベスト・オブ1~25巻は
19巻「ノスフェラスの嵐」です。
これがいいのです。

その後の巻でも、スカール様御一行の話には泣かされっぱなしです。
何といってもスカールとグル族との結びつきの強さ。
通勤途中の地下鉄で泣けて泣けて困りました。

泣けるシーンは
1.ノスフェラスからの帰りに衰弱しきったスカールは仕方なく、グル族とはな
ればらばらに故郷アルゴスをめざすことになる。スカールの旗本隊から外された
族長グル・シンが追いすがるシーン。グルシン~(涙)

2.リー・ファが死に、呆然自失のスカールの言葉。
「教えてくれ、ファン・イン。りー・ファを、どうしたものだろう。・・・連れてゆくわけに、ゆくまいし、といって、こんな淋しい街道ぞいに、たった一人眠らせては、あまりに淋しがるだろう。これは、なつこい奴だったからな・・・」りー・ファ~~(涙)

3.リーファの骨を持ち帰ったスカールへのグル・シンの言葉。
「もう、さしあげる娘がございませぬのが・・・」
シンの声がわずかにふるえた。

グルシン~(涙)(涙)

そりゃぁ、アルド・ナリスだのリンダだのパロの美しい人たちもいいんだけど、
胸を打つものはあんまりないんです。
グインも危なげなさすぎて、面白みにかけるし。
やっぱ、草原の鷹御一行はドラマチックなんだよね。
今後が楽しみ。
スカールの恨みをかったイシュト、怖いぞ~。
スポンサーサイト
【2008/11/01 11:22】 | トラックバック(0) | コメント(-) | edit
トラックバック
トラックバックURL
http://gael.blog3.fc2.com/tb.php/359-dc3781fb
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。