スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit
エドワード・ノートン自らを語る
アクターズ・スタジオ・インタビューより。

もともと好きな番組だけど、E・ノートンなら絶対に観ねばと思って観ました。


彼の母方の祖父ジェームズ・ラウスは都市計画学者、その時代の都市計画の教祖的存在。(suburbiaと呼ばれる郊外型住宅地なんかをつくったのだろうか?)父は同名のエドワード・ノートン。環境保護を訴える弁護士。本人もエール大なんで、エリート一家に生まれたエリートであることは間違いない。
エールでは、歴史を学び、言語は日本語。彼が海遊館に関係する仕事で4ヶ月大阪に滞在したのは、有名な話だ。

ここでリプトンが、日本語で何か話してくれとノートンにリクエスト。自分は中国語で10まで数えるから、日本語で10まで数えてくれと頼んだ。ノートンの日本語はかなり速くてパーフェクト。しかし、リプトンの中国語の方が超早。しかも「12まで数えた!」とちょっと自慢げだった。

思うにこのリプトン氏は、かなりすごい人物っぽい。数かずのスター、監督を目の前にしても、余裕しゃくしゃくのインタビュアーぶりで、常にスターよりも貫禄勝ちしている。

ノートンの話に戻ると、彼はアクターズ・スタジオを少なくとも(少なくともってのが微妙)2回受けて落ちている。D・ホフマンは7回、H・カイテルは11回、ニコルソンは5回だそうだ。

私が思う彼の代表作は「告発の行方」「アメリカンヒストリーX」「ファイト・クラブ」。この3本さえ観れば、彼の作品を押さえたといってもいいと思う。それほどに彼の初期の作品はすばらしく、最近の作品に冴えはない。
「告発の行方」は2100人の中から選ばれ、オーディションのデモテープは業界中を出回ったらしい。(なんという天才ぶり!)
彼の監督作「僕達のアナ・バナナ」は結構気にいってる。ジェナ・エルフマンが超かわいいし、ベン・スティラーも最強セクシーである。

サルマ・ハエック主演の「フリーダ」では、実際に使われた脚本の大部分は、彼が書いたらしいが、脚本家組合に入ってないので名前が削られたらしく、悔しがっていた。そういえば、この2人付き合ってましたよね。

アクターズ・スタジオ・インタビューを見ていつも思うのは、アメリカの俳優は「演劇」をどこで誰に習ったかを経歴の一部として重視しているということ。そして「あの作品ではメソード演技が役にたった。」とか、会話に出てくるほど、演技理論や方法に精通しているということだ。まさに職人芸の域だ。ここにハリウッド映画産業のすごさをみる。
日本に俳優達のインタビューでそういう話を聞いたことがない。




スポンサーサイト
【2005/04/15 23:11】 アクターズ・スタジオ・インタビュー | トラックバック(1) | コメント(7) | edit
<<エレファント | ホーム | 卒業白書>>
コメント
エドワード・ノートン。なんかどこで見ても、褒められてますね。上手いのかなぁ。好きだけど、辛口の批評って聞かないな・・・なんか、つまんない人ですね。いろいろ言われたほうが、役者としては、成長するような気がするんだけど・・
【2005/11/06 23:33】 URL | リルイル #-[ 編集] | page top↑
最近は、批評されるほどの作品に出てませんしね。
【2005/11/07 20:37】 URL | タンタン #-[ 編集] | page top↑
かもしれませんね。25時も評判は、良いけれどもイマイチパンチにかけるんです。私としては。無難・・・そう無難なんですよ。誰が観ても、「ああ、いいんじゃない?」的なインディーズに出てるような・・・絶対に踏み外さないそのフィルモグラフィーといい・・せっかく、演技は評価されてるんだから、もっと冒険すればいいのに。演技の幅も、広いようで狭いし・・・好きなんだけど・・好きなんだけどなぁ。
【2005/11/07 22:13】 URL | リルイル #-[ 編集] | page top↑
NHKのコレって気付くとやってる感じで
毎回見逃し。。
しかし見てみたかったなあ~
女子大の先生みたいでアッサリしすぎてる感もあるけど。。
ラリーフラントの最後の弁論と、
真実の行方の吃音ぶりとラストの上目使いは
何度みても痛快でスキ!!
【2006/06/03 23:00】 URL | POP #-[ 編集] | page top↑
もっと早い時間にやってほしいもんですね。
女子大の先生っていうのが、わかるようなわからないような(笑)
ラリーフリントは見てないのですが、そんなにいいのですか?見よっかな~
私は「真実の行方」の”I'm not guilty”のアクセントがたまりませんでした。かなりなまってました!!
【2006/06/04 00:35】 URL | タンタン #-[ 編集] | page top↑
DVDの監督ナレーション付きで見てたら、エドワード・ノートンと考えた台詞がたくさんあったのに、クレジットに載ってなくて、何でかなー?と疑問に思ってたので、ここで知れてすっきりしました。ありがとうございます。
【2006/12/03 18:29】 URL | #-[ 編集] | page top↑
お役にたてて光栄です。
私もすっかり忘れてました。
書いておくと結構役にたつもんですね。
【2006/12/03 23:45】 URL | タンタン #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gael.blog3.fc2.com/tb.php/33-84849e32
レッドドラゴン&エドワード・ノートン
アクターズ・スタジオ・インタビュー「エドワード・ノートン自らを語る」NHK 05/04/15/03:00~こないだ、「レッド・ドラゴン」を観まして。エドワード・ノートンいい役者だなあ、と。ファイトクラブの時はただびっくりしたけど。 kamlog【2005/04/16 03:25】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。