スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グエムル-漢江の怪物-

グエムル-漢江の怪物- スタンダード・エディション
グエムル-漢江の怪物- スタンダード・エディション
THE HOST
2006年 韓国

一筋縄でないストーリーが面白かった。

こう流れるかと思うとあっちに流れるストーリーの展開はほんと韓国映画らしかった。
お葬式で家族がのたうって悲しんでるとことかも韓国らしい。
毒薬の垂れ流しもエージェントイエローの散布も全部、アメリカ軍のせいにしちゃってるとこも、アンチアメリカの韓国らしい。
風刺してるのか、それが妥当と思って話を作ってるかは謎だけど。

怪物の大きさも大きすぎず、小さすぎず良かった気がする。

なにがなんでも娘を助けようとする家族愛を、ユーモラスに描いてるのはポン・ジュノ監督の手腕が光ってた。

頼りない長男を責めてはいかん!と切々と説く父親の話を、うんざりしながらほとんど眠りながら聞いている叔父と叔母のシーンが面白かった。
”FREE パク・カンドゥー”のTシャツを着ているカップルとか、さりげなく笑えるシーンは多かった。

そして最後はカンドゥーと少年のシーンで終わってるが、実は最初のシーンもこの2人で始まっている。売店でこっそり商品持って行こうとする少年と寝ているカンドゥーなのだが、これが伏線になっていたとは、いやはや。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

グエムル -漢江の怪物-

怪獣映画の皮をかぶった社会派映画?ホラー映画の皮をかぶったコメディ映画?それともオタマジャクシの皮をかぶった在韓米軍映画?

グエムル 漢江の怪物

カンヌで絶賛され、韓国では『王の男』が4ヶ月かかった観客動員数を、わずか1ヶ月で塗り替えたという、文字通りモンスタームービーだ。しかも、ただの怪獣映画ではない。アクション、SFスリラー、コメディー、ホームドラマ、そして社会派的な要素も含まれている。私とし

『グエムル/漢江の怪物』

----これって確か『殺人の追憶』のポン・ジュノ監督が作った韓国映画なんだよね。「うん。一作ごとに目を見張る成長を遂げているだけにぼくの期待も大きかった。カンヌはもちろんのこと、周囲の声も絶賛一色だったしね」----で、どうだったの?「いやあ。これは語るのが難し

グエムル/漢江の怪物

「グエムル/漢江の怪物」 2006年 韓★★★☆☆評判の高い作品なので、しぶしぶ観ました(笑)しぶしぶ・・・と言うのは怪獣映画が苦手だからです^^BUT、「宇宙戦争」より面白かったです。ソウルを流れる美しい河、漢江(ハンガン)に突如として...

「グエムル -漢江の怪物-」

「ほえる犬は噛まない」、「殺人の追憶」のポン・ジュノ監督の最新作。監督だけでなく、ソン・ガンホ、ペ・デゥナと大好きな俳優が出てるので、大注目でした。劇場もなんと一番大きい388名入るシアター1、でも初日なのに、100名も入ってない・・・ 大丈夫か。韓流好

★「グエムル -漢江の怪物-」

久しぶりの韓国映画。・・・といっても異色の怪物モノ。韓国では大ヒットしたらしいけど、怪獣王国ニッポンではどうかなっ?

『グエムル -漢江の怪物-』

製作年度:2006年上映時間:120分監督:ポン・ジュノ出演:ソン・ガンホ 、ピョン・ヒボン 、パク・ヘイル 、ペ・ドゥナ 、コ・アソン 、イ・ジェウンオススメ度:★★★☆☆ストーリー:ソウルの中心を東西に貫く大きな河、漢江(ハンガン)。その河川敷で売店を営むパク一

グエムル -漢江の怪物-

【THE HOST】2006年/韓国 監督:ポン・ジュノ  出演:ソン・ガンホ、ピョン・ヒボン、パク・ヘイル、ペ・ドゥナ、コ・アソン、イ・ジェウン突然漢江から現れた正体不明の怪物。でかい上に動きも早い。魚の突然変

グエムル 漢江の怪物(DVD)

正体不明の怪物がソウルのど真ん中に出現!

『グエムル-漢江(ハンガン)の怪物-』’06・韓

あらすじソウルを流れる大河の漢江(ハンガン)に謎の怪物“グエムル”が現れ、次々と人を襲う。河川敷で売店を営むパク家の長男カンドゥ(ソン・ガンホ)の中学生の娘、ヒョンソ(コ・アソン)も怪物にさらわれてしまう。カンドゥは妹ナムジュ(ペ・ドゥナ)らとともに病..

グエムル -漢江の怪物- (The Host)

監督 ポン・ジュノ 主演 ソン・ガンホ 2006年 韓国映画 120分 パニック 採点★★★ 持ち前のワガママさと気まぐれさがあってか、人に対する好き嫌いが極端にハッキリしている私。「好き!!」って人にも「嫌い!!」って人にも、わざわざ言葉で説明する必要がないくらいに態度

映画『グエムル 漢江の怪物』

原題:The Host盗作疑惑もあったりして、日本公開ではすっかりすべってしまったけど、モンスターパニック映画なのにコメディ要素がとっても効いててバランスはいいね・・・ パク・カンドゥ(ソン・ガンホ)は、漢江の川辺でおじいちゃんのパク・ヒボン(ピョン・ヒボン)

コメントの投稿

非公開コメント

最初と最後が同じ少年だったとは気づきませんでした。
必死の救出劇もところどころ大ボケがあって
これはコメディとして爆笑する映画なのか?って
悩むところが多かったです(^^;;;

ジュンさま

多分同じ少年と思いますよ。
本人たちは大真面目なんだけど、はたからみると笑えてしまうユーモアなのかなって思いました。
プロフィール

タンタン

  • Author:タンタン
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー

リサ&ガスパール リサ 座り M
リサ&ガスパール リサ 座り M

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。