スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit
リバティーン
リバティーン
リバティーン
THE LIBERTINE
2005年 イギリス

あんまり好きなタイプの映画じゃないけど、ジョニーの演技はなかなか良かった。

基本的に自業自得で身を滅ぼすタイプの人間なんて、どうでもいいやって思ってしまう。
これはまさにそのタイプの話で、ほんとにどうでもよかった。
ただ梅毒が恐ろしい病気なのだけはよくわかった。 
鼻がもげちゃうんですね。

強いて言えば、王とロチェスター伯爵の関係が面白かった。

王を演じてた俳優が、誰かに似てるな~とずっと考えていて、やっと思いついたのが江守徹だった。ってゆうか日本の俳優さんが演じるなら絶対江守徹と思う。

その江守徹をいつもは馬鹿にしてるのに、いざというときは助けるジョニー。この2人の関係って実に面白かった。史実的にもそうだったのか興味深い。
スポンサーサイト
【2006/12/15 00:07】 映画 ら行 | トラックバック(10) | コメント(8) | edit
<<ジャケット | ホーム | ロシアン・ドールズ スパニッシュ・アパートメント2>>
コメント
タンタンさま、こんばんは~♪
ジョニー・デップの演技が良かったです。
ジョン・マルコビッチも負けないくらいに良かったです。
でもそれだけ・・・
話があまりにも面白くなかったです。:゚(。ノω\。)゚・。
すご~~~く、残念。

ではでは~、これからもよろしくお願いします♪
【2006/12/15 05:56】 URL | Aki. #msZFOyjE[ 編集] | page top↑
ジョニーしか見所なかったですよね。
見ていて何度見るのやめようかと思ったもの(苦笑)
【2006/12/15 08:59】 URL | ミカ #-[ 編集] | page top↑
話が面白くないってゆうか
中途半端な感じでしたね~。
マルコビッチって全然わかんなかったです。
人の記事みて気がつきました。

【2006/12/16 00:29】 URL | タンタン #-[ 編集] | page top↑
ほんとっがっかりだよ!!って感じでした。
私は後半早送りで見ました(苦笑)
【2006/12/16 00:31】 URL | タンタン #-[ 編集] | page top↑
劇場で観てきてしまいました。
レディースデーとあって、場内は女性ばかりで熱気ムンムンでしたよ(笑)

>日本の俳優さんが演じるなら絶対江守徹と思う。

笑っちゃいました。
多分、彼しかできる人はいないでしょう(爆)
しかし、ジョニーに変わる人は・・・。
うーーん、どうしても思いつかないです。
【2006/12/16 23:55】 URL | shake #-[ 編集] | page top↑
これが劇場公開されてたなんて驚きです。
ひとえにジョニー人気によるものですね。
>多分、彼しかできる人はいないでしょう(爆)
同意、ありがとうございます(笑)
ジョニーの代わりは、ほんと思いつかないです。
顔が似てる俳優はたまにいるけど、あの存在感は普通の俳優ではだせませんからね。
【2006/12/17 13:21】 URL | タンタン #-[ 編集] | page top↑
TB&コメントさせてもらいますね~
 私も自業自得のヤツは勝手にせぇ!
と思ってますので、内容的には
こんなもんかな
と思いましたけど、ジョニーがこの映画に出演したことが
彼らしくて気に入ってます。
【2007/09/08 16:03】 URL | oguogu #NL852uQM[ 編集] | page top↑
いつもコメントありがとうございます。
確かにこの映画の出演はジョニーらしいですね。
大作でも小作でも光ってしまう彼はやっぱりスターです。
【2007/09/09 00:36】 URL | タンタン #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gael.blog3.fc2.com/tb.php/291-954caad5
リバティーン
 「私を好きになることはあるまい」などと言われると、つい逆らってみたくなっちゃいます。 ネタバレ映画館【2006/12/15 01:01】
映画「リバティーン」
原題:The Libertine初めと最後の言葉、私が好きか?・・こんな私でも・・それでも私が好きなのか、どうか私を好きにならないでくれ・・自由奔放に生きた孤独な男の物語。 第二代ロチェスター伯爵(ジョニー・デップ)は、詩人にして舞台作家。新人のエリザベス・バリー(サマ 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~【2006/12/15 01:16】
リバティーン
4点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)ジョニー・デップが脚本冒頭の3行を読んだだけで出演を決めた作品です。そーですかぁ・・・3行ですかぁ・・・・・・・・・・・・・・・何故っ!?Mr.デップ、脚本はちゃんと読んで熟慮してから出るか決めて下 ぶっちゃけ…独り言?【2006/12/15 05:52】
リバティーン
リバティーンTHE LIBERTINE 監督 ローレンス・ダンモア出演 ジョニー・デップ サマンサ・モートンイギリス 2004 Blossom Blog【2006/12/15 09:00】
リバティーン
【The Libertine】2005年/イギリス 監督:ローレンス・ダンモア   出演:ジョニー・デップ、サマンサ・モートン、ジョン・マルコヴィッチ公開初日の今日ジョニー・デップ主演の『リバティーン』を観てきました。 BLACK&WHITE【2006/12/15 22:50】
リバティーン
初めに断っておく。諸君は私を好きになるまいどうか私を好きにならないでくれ・・・・・冒頭、美しい顔のジョニー・デップ演ずるロチェスター伯爵がこう語りかける。 シェイクで乾杯!【2006/12/17 00:03】
リバティーン  @チネチッタ
リバティーン  @チネチッタ  2006 4月8日鑑賞監督:ローレンス・ダンモア音楽:マイケル・ナイマン出演:ロチェスター:ジョニー・デップ/エリザベス・バリー:サマンサ・モートン/チャールズ二世:ジョン・マルコヴィッチ他公式サイトはコチラ 1 シュフのきまぐれシネマ【2006/12/29 01:02】
『リバティーン』
『リバティーン』17世紀のイギリスを生きた、破天荒な劇作家ロチェスター伯爵ことジョン・ウィルモットの生涯。酒と女と演劇に捧げた人生。=====ジョニー・デップは何をやっても存在感あるなぁ。映画の冒頭と最後で主人公が語るシーンが印象的。「まだ私... chaos(カオス)【2007/01/14 20:55】
リバティーン
リバティーン監督:ローレンス・ダンモア出演:ジョニー・デップ、サマンサ・モートン、ジョン・マルコヴィッチ、ロザムンド・パイク、トム・ホランダー、ジョニー・ヴェガス...「17世紀イギリス。閃光のように現 ひめの映画おぼえがき【2007/01/15 17:32】
リバティーン
2006年4月上映 監督:ローレンス・ダンモア 主演:ジョニー・デップ他 これは... 新!oguoguの日々映画&ビデオ【2007/09/08 15:40】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。