FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダ・ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション
ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション
THE DAVINCI CODE 
2006年 アメリカ

私の場合、TVのSP特番→原作→映画の順番に見たので、特番では「おおっ!」って感じだったのが、原作ではそれほどではなく、映画で再び盛り上がるという現象が起きた。 

ただ、原作は状況描写が上手いので、かなり自分の中でイメージができてしまうので、そのまんまを映像化されると、納得する反面、なんだかそのまますぎてつまんないというあまのじゃく状態におちいってしまった。こういうのも人気作では仕方のないことなのかも。
(でもコレ警部補だけはイメージとは違いました。もっと若くてほっそりした感じをイメージしてました)

原作でも思ったのだけど、私が一番がっくりくるのは、クリプテックスをいつのまにか開けてた!っていう設定。あんだけ暗号につぐ暗号で入手したお宝を、そんなに地味に開けるなよ。もっとこう皆が注目する中、晴れやかに開けようよ~。こっちとしては息を呑んで見守りたかったわけよ。
まぁ、飛行機でイギリスに飛ぶくらいから、グダグダしてて気に入らないんですけどね。

あとソフィーを王家の血筋とする設定も、原作ではあっさり「それはない」って却下してたのに、映画では無理から採用しちゃったのですね。
どっちでもいいんだけど、サラからつながる子孫ってことは、「女系」なわけですね、なんて思ったのは日本人に多いはず・・・

原作のレビュー
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダ・ヴィンチ・コード

【THE DA VINCI CODE】2006年/アメリカ 監督:ロン・ハワード  出演:トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、ジャン・レノ、ポール・ベタニー私は原作をつい最近まで読んでいました。すでにキ

ダ・ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチ・コードTHE DA VINCI CODE 監督 ロン・ハワード出演 トム・ハンクス オドレイ・トトゥ    イアン・マッケラン ジャン・レノ ポール・ベタニーアメリカ 2006

ダ・ヴィンチ・コード

 本当に失笑を起こすためにはオドレイ・トトゥではなくモニカ・ベルッチを登場させるべきだ。

映画「ダ・ヴィンチ・コード」

原題:The Da Vinci Codeイエス・キリストは、人間なのか神なのか、という宗教的な論争には興味もないが、この地球上で最も布教が進み最も多くの信者がいるのも事実だ。 物語は、「モナ・リザ」「岩窟の聖母」「最後の晩餐」の名画と共に、パリはルーヴル美術館での殺人

『ダ・ヴィンチ・コード』

ダ・ヴィンチは、その微笑みに、何を仕組んだのか。■監督 ロン・ハワード■脚本 アキヴァ・ゴールズマン■原作 ダン・ブラウン(「ダ・ヴィンチ・コード」)■キャスト トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、ジャン・レノ、イアン・マッケラン、アルフレッド・モリナ□オ

ダ・ヴィンチ・コード (The Da Vinci Code)

監督 ロン・ハワード 主演 トム・ハンクス 2006年 アメリカ映画 150分 サスペンス 採点★★★ 「うちの神さん以外は全部邪教」という一方的な理論で数多くの宗教や文化遺産を破壊してきたキリスト教。破壊するのが文化遺産だけならまだしろ、それに伴い無数の血も流されて

★「ダ・ヴィンチ・コード」

2006年最大の話題作をやっと観て来ました。世界中で賛否両論の宗教絡み映画なので・・・。キリスト教信者じゃないから、気楽に見れるので・・・日本でも、ヒットは確実かなっ。

ダ・ヴィンチ・コード

6.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)世界中で大ベストセラーとなっている原作の映画化と言う事でかなり期待して観ました。もっちろんワタクシは原作未読・・・ダ・ヴィンチが残した名画にどんな謎があるのか、それこそ観る前からドキドキのワク

ダ・ビンチ・コード 06年105本目

ダ・ビンチ・コードこれって、話題の映画?ですよね。 トム・ハンクス 主演、ロン・ハワード 監督。原作はダン・ブラウン のベストセラー、、、ぁ、原作はおもしろいのね?たぶん、、、 てなわけなさそう、、、つまらん、、、 どこがおもしろいのか、ぜんぜんかわから...

『ダ・ヴィンチ・コード』

監督:ロン・ハワードCAST:トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、ジャン・レノ、イアン・マッケラン、ポール・ベタニーフランスに滞在していたハーバード大のラングドン教授(トム・ハンクス)は、ある夜ルーブル美術館の館長と会う約束をしていた。しかしその夜館長は、

『モンスター・ハウス』

(原題:Monster House)----あらら、またアニメだ。しかもソニー。ほんとこの冬は続くね。「ま、そう言わないって。この映画は製作総指揮にスピルバーグとゼメキスと言う黄金コンビ。となると、なにかやってくれてるんじゃないかって、一応の期待はしていたわけだけど、こ

ダ・ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチ・コード監督 ロン・ハワード出演 トム・ハンクス オドレイ・トトゥ イアン・マッケラン2006年 ルーブル美術館の館長ソニエールが、殺される。彼は、多くのダイニングメッセージを残していた。今夜会う約束をしていたハーヴァード大学のラ

ダ・ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチは、その微笑みに、何を仕組んだのか。2006年 アメリカ監督 ロン・ハワード出演 トム・ハンクス/オドレイ・トトゥ/イアン・マッケラン/アルフレッド・モリナ/ジャン・レノ/ポール・ベタニー/ユルゲン・プロフノウ/エチエンヌ・シコ/ジャン=ピエール・マリエ

ダ・ヴィンチ・コード

「ダ・ヴィンチ・コード」 2006年 米★★★本日、世界一斉同時公開!! 私の住む街も今日公開♪ダン・ブラウンの同名世界的ベストセラーを映画化!「ダ・ヴィンチはその微笑みに何を仕組んだのか」ここまで大々的に宣伝すると、どうかなぁ・・・という...

映画「ダ・ヴィンチ・コード」

映画館にて「ダ・ヴィンチ・コード」ダン・ブラウンの同名小説の映画化。カンヌ映画祭のオープニング上映(プレス向け)で拍手がなかったなど話題をまいている大作がいよいよベールを脱いだ。ルーブル美術館館長の死体が発見され、そこに残されていた不可解な暗号を宗教象徴

「ダ・ヴィンチ・コード」

世界同時上映ということで、カンヌでの評判や各国での上映禁止運動が伝えられて、TV・雑誌の取り上げ方を見てると、配給会社の思う壺、まるで祭りのようですね。「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃソンソン」という事で、公開2日目に行ってきました。映画化される

ダ・ヴィンチ・コード☆独り言

どうせ観るなら、プレミアシート♪しかもポイントで通常料金アップグレードできるし(笑)リクライニングシートでゆったり鑑賞・・・したいじゃないですか?できるならね。噂の公開直前、カンヌで賛否両論だって『ダ・ヴィンチ・コード』公開初日朝の回で、堪能してきました

「ダ・ヴィンチ・コード」

 映画「ダ・ヴィンチ・コード」オリジナル・サウンドトラック「ダ・ヴィンチ・コード」 ★★★THE DA VINCI CODE (2006年アメリカ)監督:ロン・ハワード脚本:アキヴァ・ゴールズマン原作:ダン・ブラウ

映画鑑賞感想文『ダ・ヴィンチ・コード』

さるおです。 『THE DA VINCI CODE/ダ・ヴィンチ・コード』を劇場で観たよ。 観終わってすぐ、愕然としましたね(涙)。 ヒミツを知ってるの、ソニエール館長さんたちだけじゃなかったぁーっ! ミッテランも、イオ・ミン・ペイ(貝聿銘)も、けっこう知ってる人いっぱいいたぁ

ダ・ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション2006年度・米・150分 THE DA VINCI CODE■原作:ダン・ブラウン■監督:ロン・ハワード■出演:トム・ハンクス/オドレイ・トトゥ/イアン・マッケラン/ジャン・レノ/ポール・ベタニー/アルフレッド・モリ...

事件解決までが難しい!!ダヴィンチ・コード

特に理由はないのですが、パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズチェストがすべて借りられていたので、今回は、これを借りました↓ タイトル:ダ・ヴィンチ・コード 主演:トム・ハンクス 出演:ジャン・レノ、オドレイ・トトゥ 監督:ロン・ハワード

コメントの投稿

非公開コメント

クリプテックス

私も感じました。
本当はすごく苦労してるんですよね。
映画では知らぬ間にあけていたというイメージが。。。
あそこで時間をたっぷりかけるわけにはいかないんでしょうね。
でもあの長い原作をよくまとめてあったなぁという感想でもあります。

原作

原作では王家の血筋ではないのですね~
それじゃ、ラストは映画と違うんだー!!!
すっごく気になる(笑)
それよりもTVのSP特番も見たいかも。
再放送しないかな。

ジュンさま

クリプテックスじりじり開けるとこみたかったです~。
あの謎解きは神かがり的だったですよね。
私だったら何もわからずルーヴルで終わってます・・・

ミカ さま

>原作では王家の血筋ではないのですね~
だったと思います。ソニエールはほんとのおじいさんで兄さんも生きていて、おばあさんに引き取られていたんで~す。
あっ、言っちゃって良かったのかな~。

TB&コメント有難う御座いました♪

こんばんは~♪
ワタクシ、原作未読です!
なのでもっとも~っとダ・ヴィンチなお話だと思い込んでました(^^ゞ
その点ではちょっと肩透かし・・・
でもまぁ、普通にサスペンスとして面白かったです^^
てか、タンタンさまの記事で原作がひじょ~に気になりだしたんですけどw

ではでは~、これからもよろしくお願いします♪

TBありがとうございました

映画だけを観たら、それなりに楽しめたんだろうとは思いますが、原作を読んでいると、話が早く進みすぎて、納得できない部分もありました。
まあ、あれだけの話をコンパクトにまとめたのだから、よしとするべきなのかな?

こんばんは~♪

TB有難うございました★

私は映画を先に観て・・・・特番を録画しておいたのに
間違って消しちゃって^^ そして未だ原作を読んでおりません~(=^‥^A アセアセ・・・

きっと原作は面白い筈・・と思いながら月日が流れて
しまいました。
あの特番、反響が凄かったですね~~。
ある程度予備知識を入れてからじゃないと、面白さが
わからない映画でした。映像は素敵。謎解きもあっちゅう間だけどそれなりに楽しめました★

花さま

全体的にまいてる感じでしたよね。
原作ではソニエールの死体に関するウンチクだけでもすごかったですからね。

Aki.さま

ダ・ヴィンチのお話じゃなくて残念ですね!
でもダ・ヴィンチ自身の人生を映画化したらなんか面白そう。
原作、面白いですよ~。
ウンチクが多くて非常に勉強になりますしね。

とんちゃんさま

特番消しちゃったのは、残念ですね。
そんなに反響あったんだ~。知らなかった。
「最後の晩餐」の説明なんかは原作よりも詳しかったので、原作読んだときは物足りないくらいでした。

TBありがとうございました

こんばんは♪
今年前半はこの映画で大騒ぎでしたよね~。
私の場合は原作を一番初めに見たので、映画は駆け足的に思えてしまいました。
ラングドンのイメージも違いすぎるし(笑)
暗号の解き方(ひらめき方)が早すぎてついていくのが大変~。

ミチさま

そういえば、暗号解くスピード速かったですね。
わたしは、はなからついていってなかったです(笑)
ラングドン、私はもっと学者風をイメージしました。

TV特番

面白さが半減すると思ったので、特番はあえて観なかったのですが、噂では映画よりもおもしろかったようですね。観なくて損しました。

クリプテックス、あっさりと簡単に開けちゃってましたね。暗号を解き明かす部分が全然なくて、がっかりでした。私は原作を読んだ時にとてもワクワクしたんですよぉ~。

shakeさま

特番はわかりやすかったし、ほんとに記憶に残ってます。再放送してくれればいいのにね。
映画では暗号解きは省略形でしたよね。
暗号解きの点では、原作は時間かけてましたから。
映画だけ見た人には暗号のことあんまりわかんないでしょうね。
プロフィール

タンタン

  • Author:タンタン
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー

リサ&ガスパール リサ 座り M
リサ&ガスパール リサ 座り M

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。