スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリアナ

シリアナ
シリアナ
SYRIANA
2005年 アメリカ

なんて渋いんだ~。 
といっても、なんとなくしか理解できなかったけど。

整理すると

・クライアントである大手石油会社の合併にまつわる不正を、司法省に握られるより先に手を打つために奔走するベネット弁護士。野心満々で、最後には上司を蹴落とす。
・石油王の別荘のプールで息子が事故死したことをきっかけに石油王の王子(兄)のアドバイザーになる小さな会社のアナリスト、マット・デイモン。彼は兄王子の描く理想国家に共鳴する。
・アラブ専門のCIA諜報員ジョージ・クルーニー。反米(と思われる)兄王子の暗殺を命じられる。が、逆に捕まり拷問される。何とか助かって帰国するが、自分の立場の危うさを知る。
・パキスタンからの出稼ぎ労働者。仕事がなくなり、なんとなく通っていたイスラム教団で優しくされ自爆テロ要員へと導かれる。
・石油会社は自分達のいいなりになる弟の王子に肩入れしている。
CIAも兄の暗殺にやっきになっている。

一番わからなかったのはジョージ・クルーニー演じるボブの行動。
最初のミサイル取引からはっきりわからないし、一度は暗殺しかけた兄王子を何故助けに行ったのか意味不明。
一番気の毒なのは自爆テロ要員になるパキスタンの青年。もしかしてアラブ系の自爆テロって熱狂的な信者っていうより、こういう弱い立場の人を上手く利用してるのかなぁとか思ったりしたら、ほんとにやるせない。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「シリアナ」

原題:Syriana"シリアナ"とは、シリア・イラン・イラク三国の民族統一による中東再建プロジェクトの名称らしい。・・石油をめぐる陰謀のドキュメンタリー的物語。 CIA諜報員ボブ・バーンズ(ジョージ・クルーニー)がテヘランで武器商人の乗る車を爆破、予告編

「シリアナ」

鑑賞後、自分の頭の性能に疑問を持ってたけど、他のブログを見てちょっと安心してる(^^;昨年から「ロード・オブ・ウォー」、「ミュンヘン」、「ホテル・ルワンダ」と実話を元に事実を知らしめる作品が上映されてますが、初めて観てもわかり易くてエンターティメント性が

シリアナ (Syriana)

監督 スティーヴン・ギャガン 主演 ジョージ・クルーニー 2005年 アメリカ映画 128分 サスペンス 採点★★★★ なんか毛むくじゃらのイヤなものを見せられるような、なんのヒネリもない邦題については、きっとあちこちで書かれているだろうからここでは無視で。ま、女の子

★「シリアナ」

ジョージ・クルーニー主演。2005年のゴールデン・グローブ主演男優賞獲得作品。予告を見ると・・・アラブの石油利権の話みたいだぞ。

シリアナ

「シリアナ」 2006年米★★★★☆石油利権をめぐる地球規模の欲望と陰謀を暴いた社会派サスペンス。石油利権獲得のために動く大きな力と、反発するものへの容赦ない制裁。大企業の裏で調査を進める弁護士、そして暗躍するCIA、夢見るアナリスト、全て...

シリアナ

2005年 アメリカ出演 ジョージ・クルーニー、マット・デイモン、アマンダ・ピート、クリス・クーパー、ジェフリー・ライト、クリストファー・プラマー、ウィリアム・ハート、マザール・ムニール★スティーヴン・ギャガン監督がロバート・ベアの「CIAは何をして

シリアナ

シリアナ上映時間 2時間8分監督 スティーヴン・ギャガン出演 ジョージ・クルーニー マット・デイモン ジェフリー・ライト アレクサンダー・シディグ評価 4点(10点満点)会場 新宿安田生命ホール(試写会) 日本人にとってなんともアレなタイトルだが...

シリアナ

ジョージ・クルーニー、マット・デイモン、ウィリアム・ハート等々、豪華キャスト。たまには社会派映画でも観ないとね♪(^^)とか思い、DVDで鑑賞也。引退を考えている、中東で数々の工作活動に従事してきたCIA職員ボブ・バーンズ、ワシントンの大手事務所の弁護士、

シリアナ

★★★ 全く奇妙なタイトルである。漢字で書いたらとても下品な言葉になりそうだ。念のためネットで調べたら、「シリア」と「イラク」と「イラン」の三国を包括した造語なのだという。 この難解なタイトルからも、この作品がアラブと米国と石油とテロを中心に描かれた、暗

【映画】シリアナ

"Syriana" 2005年アメリカ監督)スティーブン・ギャガン出演)ジョージ・クルーニー マット・デイモン ジェフリー・ライト マザール・ムニール クリストファー・プラマー アレクサンダー・シディグ満足度)★★★☆ (満点は★5つです)ワーナー・マイ

映画鑑賞感想文『シリアナ』

さるおです。 『SYRIANA/シリアナ』を観たよ。 監督・脚本は『I STILL KNOW WHAT YOU DID LAST SUMMER/ラストサマー2』『TRAFFIC/トラフィック』『RULES OF ENGAGEMENT/英雄の条件』『THE ALAMO/アラモ』の脚本家スティーブン・ギャガン(Stephen Gaghan)。原作はロバート・

シリアナ

 うわっ、久しぶりに見た拷問シーン!痛いよぉ・・・

シリアナ

このタイトルって・・・真ん中に「の」を付けたら、かなりアブナイ話しになりそうなんだけど。。。でもこれって、アメリカで使用されてる用語で、イラン、イラク、シリアが一つの民族国家になる事を想定した国家の名前らしいです。ったく、アメリカ人にはなんの怨みもござい

シリアナ

2006年3月上映 監督:スティーブン・ギャガン 主演:ジョージ・クルーニー他 ...

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

私は自分の理解力のなさに愕然としましたが、
現実はそんなに単純じゃないんだろうと
思い込むことにしました(^^;
パキスタンの青年のエピソードは衝撃的でした。

カヌ さま

これはかなり理解するのに難しいですね。
現実も全部が見えてるわけじゃないですから、それこそジョージ・クルーニーの気持ちがそれを表してるんでしょうね。

ジョージの行動?

 TB&コメントさせてもらいますね~
そうですよね。ジョージって石油王の長男の車を止めてまで何がしたかったのかな?
「お前は狙われている!」?
「お前を誘拐する!」?
「お前を殺す!」?
結局わからずじまいですが、どれが結論でもあまり良い未来は待ってませんね・・・・。

oguoguさま

よくわかんなかったですよね。
止めにいったんだけど、結局間に合わなかったんですよね。
プロフィール

タンタン

  • Author:タンタン
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー

リサ&ガスパール リサ 座り M
リサ&ガスパール リサ 座り M

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。