スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブロークバック・マウンテン

ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション
ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション
Brokeback Mountain
2005年 アメリカ 
 
すごく期待してみたのだけど、うーむ・・・・
別にゲイがどうのこうのってわけではないけど。

原作を読んで胸がいっぱいになったというアン・リーのインタビューをみたり、絶賛してる人のコメントを見ると、そういう感受性がうらやましくはある。
そもそも私には純愛ってものがわからないのかもしれないと思えてきた。

私が考えれる純愛とは、イニスの奥さんなんだけど、夫がゲイであることを知り裏切られた思いでいっぱいなんですけど、夫の気持ちを知り、もし夫のことを心底愛して彼の真の幸せを願うのなら、自らは身をひいて彼の背中を押して上げるのもアリだと思うし、それこそが純愛だと思うのだ。

で、ジャックとイニス、20年も互いを想い続けたのはすごいと思うのだけど、そもそもどこに惹かれてるのかがよくわからなかった。あまりにも唐突に始まって、えっ?いきなりですか?って感じだったので、もうちょっと前フリがあった方が良かったのではと思う。(それにしてもラブシーンが格闘技のように激しかったですね。思わずのけぞりました。)

多分ジャックはもともとそっちの気があったと思う。「このままでは満足できん」とか言って2人で生きる道を提案したりして、楽観的でもあった。イニスのシャツをこっそり持ってたり、一人涙を流したりするところなんかは乙女のようでもあった。自分に正直なんですよね。

しかし私はイニスの方が実は一途なのではと思う。
あの環境下でゲイとして生きるのは恐怖に近いものがあると思うし、彼のせいで家庭が崩壊したとしても、ジャックとも幸せになれなかったとしても、彼を責めるのは酷だと思う。

ジャックの死に方に関しては、妻の説明はいかにも作り話っぽかった。イニスはジャックがリンチされてるとこを想像してたし。いずれにしてもまともな死に方はしてないと思う。

ジャックは遺灰をブロークバックにまいてもらうのが願いだった。
もちろんそこが彼にとって幸せの象徴の場所だったからだ。
アン・リー監督がインタビューで「自分自身のブロークバック・マウンテン(心のどこかで戻りたいと願ってる場所)を見つけてほしい」と言ってたのを聞いて、やっとこの作品を理解できるかもと思えてきた。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ブロークバック・マウンテン」

アカデミー賞を作品賞を取れなかったことで逆にこの映画の評価が高まったような気がします。当初はまったく観る気がなく、スルーの予定でしたが、ミーハーなのとヨメさんが異常に興味をしめしたのもあって一緒に鑑賞してきました(^^;二つ隣の席に男二人組で観に来てる人

ブロークバック・マウンテン

 たまってるのなら羊を・・・って昔の小噺にいっぱいあったなぁ・・・

★「ブロークバック・マウンテン」

ゴールデン・グローブ賞、アカデミー賞で話題をさらった作品。アカデミー賞ではアジア系初の監督賞を受賞したアン・リー監督作品。主演はヒース・レジャー。 

ブロークバック・マウンテン

2点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)う~~ん・・・ごめんなさい。全く以ってこれっぽっちも理解出来ませんでした。いや~、人の趣味なんてそれぞれだし、差別するつもりはないんですけど・・・差別はしないけど、理解も出来ないので、どー観ても

『ブロークバック・マウンテン』

監督:アン・リー cast:ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホールアカデミー監督賞他授賞、ゴールデングローブ作品賞、監督賞他授賞、ヴェネツィア映画祭金獅子賞授賞1963年、ワイオミング州のブロークバック・マウンテンに羊番として雇われたイニス(ヒース)とジャック

「ブロークバック・マウンテン」

 オリジナル・サウンドトラック~ブロークバック・マウンテン「ブロークバック・マウンテン」 ★★★☆BROKEBACK MOUNTAIN (2005年アメリカ)監督:アン・リー脚本:ラリー・マクマートリー、ダイアナ・オサ

『ブロークバック・マウンテン』

----この映画って昨年の映画賞のほとんどを受賞しながらアカデミー賞を逃したと言う曰く付きの作品だね。「うん。ゲイを扱ったことからアカデミー会員には敬遠されたのではないかと言われている」----実際に観てどうだった?「その前に一言。映画館の観客があまりにも少なか

ブロークバック・マウンテン

「ブロークバック・マウンテン」 2006年 米★★★★★素晴らしい!!!実は私は え~~ホモの映画ぁ??と イマイチ気乗りしていなかったが今回のアカデミー賞で各賞において絶賛された話題作ともあればこの目で、しかと観ておかねばなるまい。眠気と...

ブロークバック・マウンテン(評価:◎)

【監督】アン・リー【出演】ヒース・レジャー/ジェイク・ギレンホール/ミシェル・ウィリアムズ/アン・ハサウェイ/ランディ・クエイド【公開日】2006/3.4【製作】アメリカ【ストーリー】1963年、ワイ

映画「ブロークバック・マウンテン」

映画館にて「ブロークバック・マウンテン」★★★★アカデミー賞3部門(監督賞、脚色賞、オリジナル音楽賞)受賞作品。オスカーを取った作品が自分の好みに合うとは限らないけれど、この映画はなんだか凄く良かったなぁ。まず印象的だったのはアメリカ西部の荒涼たる風景。

【洋画】ブロークバック・マウンテン

A+  面白いA     ↑A-B+B    普通B-C+C     ↓C-  つまらない『評価』 B+(演技4/演出3/脚本3/撮影4/音響3/音楽4/美術3/衣装3/配役3/魅力2/テンポ3/合計35)『評論』20

ブロークバック・マウンテン

第78回アカデミー賞 監督賞 脚色賞 作曲賞 祝受賞!個人的には作品賞も該当すると思っていたので番狂わせ。賞をとる、とらないにこだわらずに言えば、とても良かったと思う。まず個人的に物凄くこの作品に対しては偏見があったみたい…苦笑どうもゲイの性描写には受け入

ブロークバック・マウンテン ~新作DVD~

今年のオスカー発表前日までは、最も注目の高い作品であったにも係わらず、蓋を開けて、主要部門は監督賞と脚色賞のみの受賞となった途端、一気に扱いが小さくなった可愛そうな作品である。日本公開もその前後という良い時期であったのに、然程、脚光を浴びなかった。そうい

映画「ブロークバック・マウンテン」

原題:Brokeback Mountainアメリカ西部ワイオミングのブロークバック・マウンテンでの二人の男の運命的な出会いから20余年の友情を越えた禁断の愛の哀しい物語・・・。 寡黙なイニス・デル・マー(ヒース・レジャー)と、おどけたジャック・ツイスト(ジェイク・ギレンホー

ブロークバック・マウンテン

ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション-GNBF-1134-060922 ¥3,392 イケヤ アメリカ 2005年 ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール、ミシェル・ウィリアムズ、アン・ハサウェイ、ランディ・クエイド、リンダ・カーデリーニ、アンナ・ファリス、

ブロークバック・マウンテン

ブロークバック・マウンテンBROKEBACK MOUNTAIN 監督 アン・リー出演 ヒース・レジャー ジェイク・ギレンホールアメリカ 2005

『ブロークバック・マウンテン』

『ブロークバック・マウンテン』 ★★☆(2005年 アメリカ 134分)監督:アン・リーキャスト:ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール、ミシェル・ウィリアムズ、アン・ハサウェイ、ランディ・クエイド、リ

ブロークバック・マウンテン

ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディションアニー・プルー ラリー・マクマートリー ダイアナ・オサナ ジェネオン エンタテインメント 2006-09-22売り上げランキング : 69おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-

映画館「ブロークバック・マウンテン」

先週末から、地元のシネコンでも上映になったので観ることができました!カウボーイの同性愛を扱った作品ということで、話題になりましたねぇ。ゲイを扱った作品は、今までにも沢山ありましたが、今までのものとはチョット違った感じがしました。美しさを前面に出すわ...

ブロークバック・マウンテン

オスカー確実と言われて、「クラッシュ 」にさらわれた作品。「クラッシュ 」は好きな作品ではなかったのでこの作品を早く観たいと思ってました。DVDで鑑賞。1963年、ワイオミング州ブロークバック・マウンテン。羊の放牧に季節労働者として雇われたイニス・デルマー

NO.179「ブロークバックマウンテン」(アメリカ/アン・リー監督)

都市で「ジェンダー革命」が進んでいたときも、西部では秘匿された「対幻想」としてあった。ゲイやレスビアンの思想を辿ってみれば、旧約聖書のダビデとヨナタンの関係にまで遡る。このダビデに関する崇拝は、ルネサンスのミケランジェロの「ダビデ像」にまでつながっている

『ブロークバック・マウンテン』’05・米

あらすじ1963年、ワイオミング州。イニス・デル・マー(ヒース・レジャー)とジャック・ツイスト(ジェイク・ギレンホール)は、ブロークバック・マウンテンの農牧場に季節労働者として雇われ、山でキャンプをしながら羊の放牧の管理をする仕事を命じられる。寡黙なイニス..

ブロークバック・マウンテン

ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション監督:アン・リー 出演:ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール、ミシェル・ウィリアムズ、アン・ハサウェイ、ランディ...

ブロークバック・マウンテン

2006年3月上映 監督:アン・リー 主演:ヒース・レジャー 始まりは純粋な友情...

『ブロークバック・マウンテン』を観たぞ~!

『ブロークバック・マウンテン』を観ましたピュリッツァー賞を受賞した同名短編を基に、ふたりのカウボーイの20年にわたる秘められた禁断の愛の行く末を、雄大な風景をバックに叙情豊かに描いたドラマですちなみに、ヴェネチア国際映画祭金獅子賞(最高賞)、アカデミー...

ブロークバック・マウンテン

はじまりは、純粋な友情の芽生えからだった。

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

そうなんです。2人で過ごした山でああいう関係になるのは、まだ分からなくてもないけど、あそこまで長く続く理由は私にも良く分かりませんでしたよ。それが純愛というのかもしれないけどね(^^;

TB有難う御座いました♪

こんばんは~♪
いや~、自分でもびっくりするくらいに合わなかったです^^;
もう、何から何まで全てが理解不能なんですもん。:゚(。ノω\。)゚・。
二人がラブラブする度に「おえ~」っと・・・
どーやらワタクシにはゲイの気持ちは理解出来ないみたいです(^^ゞ

ではでは~、これからもよろしくお願いします♪

こんにちは♪

こんにちは☆
そうですねぇ・・・仰るとおり、何故そんな突然惹かれあったの?って所は私も最初はよく分からなかったんです。
しかしおそらく、タンタンさんの仰るとおり、そもそもその気のあるジャックが始まり・・・。
そして欲望に負けて一線を越えてしまってからイニスの感情も本物になってしまった。
それは多分イニスが想像すらしたことの無かった感情だったのでは・・・と。
なんて、私なりの解釈をしちゃってるわけで。
どちらにせよ自分的には有り得ないシチュエーションなんですけどね・・・(^^;)

こんちは!

TB・コメントありがとうございます。
<あまりにも唐突に始まって、えっ?いきなりですか?
自分も其処に一番引っ掛かってしまいました、友情って言ってたじゃないか!早!とw
Youtubeでもかなり映画のパロディが出回ってましたね。
この映画大絶賛の人も多いようなので記事は真面目に書きましたが、
「二人きりで釣りに行かないか?いい山小屋があるんだ」
この会話とかかなりウケてしばらくネタで遊んでしまいました、自分が真性へテロと確認できる作品でもあったですw

カヌ さま

子供とか生まれたら気持ちも変わりそうなもんなのに
全然変わらないんですもんね。
でもあと10年経ったらさすがにオジサンになって関係も穏やかなものに変わったかもね。

Aki.さま

そういうかたくなな人こそ、転ぶとはまるかもよ~。
きゃきゃっきゃ。
でも私もあれが男同士なんで人ごとで見れたけど、女同志なら同じく「おえ~」です。

nonさま

やっぱり馴れ初めは大事ですよね。
もっときっかけを描くべきだと思いました。

それにしても愛するジェイク君が出てるのでもっと「萌え~」なのかと思いましたが、全然萌えれませんでした。不純な気持ちで見たらダメですね。反省。

linさま

linさんの意見を聞いて、”たまってた説”は捨てました(笑)やっぱりイニスもそっちの要素はもってたんでしょう。

Youtubeにそんなのあるんですか。知らなかった。面白そうですね。
「山小屋」そんなに受けましたか?よくわかんないけどツボだったんでしょうね~。

TBありがとうございました

こんばんは♪
ラブシーンが格闘技・・・ホントですね~。
いまひとつわかんない世界なので興味津々なのですが、よく見えなかったわ(汗)
二人にとっては純愛だったけど、奥様方にとっては災難でしたね。
どうあがいても対抗できないですよ、男性には・・・。

ミチさま

なんかはげしかったです。
すごい力がはいってそうだった。
女性と不倫されても嫌ですけど、相手が男性ならあきらめれる?・・・ってことはないか・・・よくわかりません。

賛否両論・・

映画の醍醐味ですね!

行間の多い映画だなぁ~と思いつつ、そこが多くの人々をひきつけているのも確かだと思いました。

Dさま

評価がぱっかり分かれますよね。
でもどっちにしろインパクトは大ですよね。

タンタンさん、こんにちは!
そうですよね、私も2人の関係が唐突すぎて、ついていけなかったです。
心を開いたと思ったら突然なんだもの・・・
見ているときには良さを感じなかったのですが、後からなんとなく良さを感じているような気がします。
(って、よく分かってないってことですよね 苦笑)

ミカ さま

唐突でしたよね~。
でもみんなのレビュー読んでて、2人とも最初からそっちの気があったんだ!という結論に達しました。
そういう場合、殻を破るのもあっという間なんですよ、きっと。
わたしもなんとなくはいい作品なのかなぁ~とうっすら感じてます(笑)

「ブロークバックマウンテン」を見てこんなカタチの恋愛もあるんだな~って思いました。
やっぱり好きな人に会いたくなるし、抱きしめてほしいその相手が男性でも女性でも・・・。
二人の恋のきっかけはどうあれ二人は出会って恋に落ちて会えない寂しさや苦しさを一生懸命に乗り越えようとしました。
普通に誰でもしてしまう恋愛なんじゃあないかって感じました。私はこの作品を見てとてもよかったと思います。
何か大切なことを教えてもらった気がします。

Sさま

この映画は見る人の感受性によって、受ける印象が違うのですね。
Sさんのコメントを読んで、この2人の恋愛は本当に誰でも落ちる可能性のある恋なんだって改めて感じました。
コメントどうもありがとうございます♪
プロフィール

タンタン

  • Author:タンタン
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー

リサ&ガスパール リサ 座り M
リサ&ガスパール リサ 座り M

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。