スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メゾン・ド・ヒミコ

メゾン・ド・ヒミコ 通常版
メゾン・ド・ヒミコ 通常版

2005年 日本

「ジョゼ虎」が良かったので期待”大”で観た。
出来はいいと思うのだけど、なにぶんテーマがテーマだけに異次元ファンタジーな感じ。

ゲイの人がキャピキャピ騒いでるのを見ると、祭りのように楽しそう。
それだけに「老い」とか「介護」とかになると、まるでこの世の終わりのようなしんみり度をかもしだす。ルビーなんかはそこらへんのギャップをだすにはもってこいのキャラでした。

あと春彦とサオリの関係。
お互いに興味ある存在なのに肉体関係は持てない。そのベクトルは2人とも西島秀俊に向いていく。(お互いを意識する前にすでに西島は視界には入ってる点に注意)「へー、そういうことになるのかぁ」という状況も平凡な人間からするとファンタジーである。
それにしても西島英俊は「さよならみどりちゃん」のユタカといい、こういう役が無茶上手い。

柴崎コウもこういうつっかかる役が上手い。
ホームなんかつぶせばいいともらす父親に「なんであんたはいつもそうなのよ!」ズバズバいうところなんか爽快だった。
オダギリジョーの普通に見えるゲイの青年役も良かった。しかし一見さっぱりした風貌なのにどこかひっかかるこの存在感はなんなんだ?と思う。最後の笑顔にはやられそうになったけど、私は瑛太派なので、かろうじて踏みとどまりました。

そして最後にどうも耳についてはなれないフレーズを。
「わたしたち、ほんとうは戦いたくないの! 
えーい、こうなったら
ピキピキピッキー!!
スポンサーサイト

テーマ : 今日見たDVD
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メゾン・ド・ヒミコ

私を迎えに来たのは、若くして美しい男。彼は、父の恋人だった。2005年 日本監督 犬童一心出演 オダギリジョー/柴咲コウ/田中泯/西島秀俊/歌澤寅右衛門/青山吉良/柳澤愼一/井上博一/森山潤久/洋ちゃん/村上大樹/高橋昌也 他あらすじ塗装会社で事務員として働く沙織。あ

メゾン・ド・ヒミコ

 期待しすぎたのだろうか、頭の中に残ったのは「ピキピキピッキー」だけだった。

『メゾン・ド・ヒミコ』

ようやく見れた。『メゾン・ド・ヒミコ』。今年数多く公開されているオダギリ映画の中で、最も楽しみにしていた作品。監督は『ジョゼと虎と魚たち』の犬童一心監督。『ジョゼ・・・』では、大阪の薄汚れた街並みを何とも味わい深く美しい映像で描いてくれた犬童さん。『ヒミ

『メゾン・ド・ヒミコ』

(※注:けっこう辛口です。犬童監督や『メゾン・ド・ヒミコ』をお好きな方はお読みにならない方がいいかも)------今日は、立川のシネマシティ2に行ったんだよね。映画は『メゾン・ド・ヒミコ』だっけ?おや、なんかイライラしてニャい?「う~ん。どこから喋ろうか?先日

メゾン・ド・ヒミコ

なんともいえない異空間で繰り広げられる両極をテーマにした物語。男と女。生と死。無償の愛と欲望。父と娘。憎しみと癒し。偏見と憧れ。細野晴臣の音楽もまたあたたかさを感じ、疲れきった日常から切り離してくれる。ゲイの老人ホームというこれまた描く舞台も、なさそうで

メゾン・ド・ヒミコ(映画館)  

涙はきっと暖かいCAST:オダギリジョー/柴咲コウ/田中泯 他■日本産 131分この映画ぢつは密かに観たかったんです。まさかチネチッタで公開するとは思ってもみてなかったから嬉しかった(涙)今までオダギリジョーと柴咲コウってなんでかあまり好きじゃなかったのよね・・・

ピキピキピッキー 「メゾン・ド・ヒミコ」

評価:80点{/fuki_love/}メゾン・ド・ヒミコ実は犬童一心監督の作品は初体験だったのですが、かなりよかったです。とは言っても、この映画について、自分でも消化できていない部分も多いですし、一般受けするかはよくわかりません。見所も沢山ありますので、どこが心に残

映画のご紹介(64) メゾン・ド・ヒミコ

ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(64) メゾン・ド・ヒミコメゾン・ド・ヒミコを観た。実は、あまり観る気がしなかった。

『メゾン・ド・ヒミコ』

私を迎えに来たのは、若くて美しい男。彼は、父の恋人だった。■監督 犬童一心■脚本 渡辺あや■キャスト オダギリジョー、柴咲コウ、田中泯、歌澤寅右衛門、青山吉良、柳澤愼一、井上博一、森山潤久、洋ちゃん、西島秀俊、高橋昌也、大河内 浩、□オフィシャルHP  

映画「メゾン・ド・ヒミコ」

映画館にて「メゾン・ド・ヒミコ」 ★★★★☆京都で2度鑑賞。頭の中を「母が教え給いし歌」が流れ、自分の心の整理が付かず、感想がまとまらない状態。「メゾン・ド・ヒミコ」はゲイのための老人ホーム。そこでは時間がゆったりと流れ、静かで、時に騒々しく、独特の暖か

柴咲コウが「ブスな女」に見えない誤算◆『メゾン・ド・ヒミコ』

9月28日(水)TOHOシネマズ木曽川にて私が心から愛する映画『ジョゼと虎と魚たち』の犬童一心監督と脚本・渡辺あやのコンビの新作に、私の大好きなオダギリジョーが主演すると知ってから、ずっと心待ちにしていた映画だった。しかし、舞台はゲイの老人ホームだという。『...

「メゾン・ド・ヒミコ」

 メゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産)「メゾン・ド・ヒミコ」 ★★★★Maison de Himiko(2005年日本)監督:犬童一心脚本:渡辺あや音楽:細野晴臣エンディングテーマ:母の教え給ひし歌キャス

『メゾン・ド・ヒミコ』

【story】塗装会社で事務員として働く沙織(柴咲コウ)のもとに、ある日、美青年の春彦(オダギリジョー)が訪ねてくる。彼は、沙織とその母親を捨てて去っていった父親の恋人だった。沙織の父親は、ゲイバー"卑弥呼"の2代目を継いだが、今はゲイたちのための老人ホー

映画『メゾン・ド・ヒミコ』

オダギリジョーと柴咲コウが共演、ベッドでなが~いキスのあと、胸に持っていった彼の手が止まって沈黙、「触りたいとこ、ないんでしょ」と彼女の言葉・・ ゲイバー"卑弥呼"をたたんで、ゲイのための老人ホームを経営する照雄(田中泯)はガンのため死期が近い。彼

『メゾン・ド・ヒミコ』 オダギリジョー、男の色香。

メゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産) サブタイトルが古臭いですが。(最近『摩利と新吾』 読んでるからかな。笑) 美しすぎるオダギリジョーにやられました(苦笑) もう絶対計算しつくしてるよね、というその衣装。 シンプルなだけにちょっとしたレェス(笑)が美し

『メゾン・ド・ヒミコ』

『メゾン・ド・ヒミコ』 監督:犬童一心 出演:オダギリジョー 柴咲コウ岡田斗司夫が『cut』で品川祐と対談してて、そこで『風の谷のナウシカ』について「誰も和解しない」ところがいいと言っていた。「誰も和解しない」。それが最近僕の中で重要なキーワードになってい

メゾン・ド・ヒミコ

話題になったこの作品。賛否両論ですね。DVDで鑑賞。年前に亡くなった母親の入院費で借金を抱え、塗装会社で事務員をしている24歳の沙織の元にある日、沙織の父親の恋人であるという美しい青年・春彦が訪ねてくる。沙織はゲイである事を告白し家族の元を去った父・

メゾン・ド・ヒミコ

ゲイの老人ホームという、とても、不思議ワールド。老い、マイノリティ、親子の確執といろんな要素が描かれてて深いです。 11年前の作品ゆえ、柴咲コウ、オダギリ・ジョー、西島秀俊が若くて美しい! それを愛でるだけでも、鑑賞の価値アリ 柴咲コウが、ブスのオボコ設定なのに、「ええっ?!」でしたが、女優魂でスッピンで、いどいでる分。より、いっそう若さと生命力が際立ちます。 軸となる、メ...

コメントの投稿

非公開コメント

やっぱり

ピキピキピッキー 強烈でした(笑)

あとは、ブスっとしたブス
私も気をつけようと反省をしてしまいました。
でも、太眉毛でもスッピンでもブスっとしていても、柴咲コウは綺麗だった・・・。

yuki@さま

「ピキピキピッキ-」在り得ない変身呪文ですよねw

柴崎コウは先入観からか、最初から綺麗に見えて仕方なかったです。みんなのレビューを読んでブスメイクだったことに気がつきました。

ブログにTBありがとうございました。

こんにちは、「ヒューマン=ブラック・ボックス」のjamsession123goです。
ブログにTBありがとうございました。
jamsession123goは、メゾン→ジョゼの順に観ましたが、オダギリジョーはいい俳優です。
イメケンではない(反論はあると思うけど)けど、演技の妙で光ってます。
ちょっとクセはありますが、今年も楽しみな俳優です。
ゆらりの公開がまだなので、楽しみにしてるところです。

jamsessionさま

メゾン→ジョゼの順番ですか。
どういう風に見えるんでしょう。こういうの順番も影響しますからね。
オダギリジョーって私には不思議ちゃん的な雰囲気が漂っていて、みんなは彼のどんなとこに惹かれるのだろう?って思う人です。

TBありがとうございました

こんにちは♪
昨年はこの映画が邦画ベストワンでした(笑)
オダジョー=不思議ちゃん、そのとおりかもしれませんねぇ。
なんとも掴み所のない人です。
ファンやって数年たちますが、ファンに媚びない(むしろ嫌っている)姿勢がまた魅力?
作品によってガラリと雰囲気を変えてくるところがいいのかもしれません。
「ゆれる」はオススメですよ~。

ミチさま

邦画ベストワンですか!
すごく気に入ったのですね。
私オダジョーは一昨年の「新撰組」のときはすっごくかっこいいと思いました。基本は不思議ですけどね。
「ゆれる」もう見られたのですね、はやいわっ。

TBありがとうございます♪

>柴崎コウもこういうつっかかる役が上手い。
確かにそうですね。
つっかかってても、どこか憎めないあの雰囲気は羨ましいです。

いまのまいさま

考えてみると、彼女つっかかる役多いですよね。
そして、確かに憎めないキャラですよね~。

こんばんは

はじめまして。hke1120です。
『メゾン・ド・ヒミコ』で検索してたら、ふらふらとたどり着いちゃいました。
柴咲コウを観るのは『GO』以来だったので、今更ながらにすごいなと…。

あと、TBさせて頂きました。よろしくです。

hke1120 さま

はじめまして。
柴咲コウはこのごろはすっかり映画女優になっちゃいましたね。
たまにはドラマでも見たいです。
プロフィール

タンタン

  • Author:タンタン
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー

リサ&ガスパール リサ 座り M
リサ&ガスパール リサ 座り M

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。