スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォーク・ザ・ライン 君につづく道

ウォーク・ザ・ライン 君につづく道 特別編
ウォーク・ザ・ライン 君につづく道 特別編
WALK THE LINE
2005年 アメリカ

すごく期待してみたけど、正直あんまりピンとこなかった。

「キューティ・ブロンド」以来、大好きなリース・ウィザースプーンが出ていて、しかもゴールデングローブ賞とアカデミー賞で主演女優賞をとっている、ファンとしては何とも喜ばしい作品なのだけど、やっぱりピンとこなかった。 
理由を考えてみた。

・伝説のカントリー歌手ジョニー・キャシュを全く知らない。

・ホアキンのこもった歌声がどうもダメだった。

・劇中、ヤク中を演じてるホアキンが役にのめり込みすぎて、ホントにアルコール依存症になったという情報を先に知ってたので、ホントにラリっているように見えた。(裏返せば、演技は無茶上手い)
しかもちょっとキモかった。(ごめん、ホアキン)

・時間経過が2年、6年後とテロップがでるが、それがストーリー上あまり感じられず、ジョニーがしょっちゅう振られてるように見えた。
(まぁ40回振られてるので、間違ってはないけど)

でも、刑務所でのシーンはノリノリでよかった。

冒頭の少年時代もすごく良かったけど、続くシーンでいきなり成長したJRが老けすぎてて幻滅(またけなしてしまった)

そしてもちろん、リースは歌も演技も素晴らしかったです。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ウォーク・ザ・ライン 君につづく道 WALK THE LINE

ホアキン・フェニックス、リース・ウィザースプーン主演カントリー・ウエスタンのジョニー・キャッシュの伝記J.Rはお兄さんのジャックが大好きですある時そのお兄さんが不慮の事故で亡くなりますジャックが亡くなったのは J.Rが悪いと父親は責めつけますJ.R空軍に入り J.R

『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』

※映画の核に触れる部分もあります。鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも----これ実在の歌手の伝記だよね。なのに、わざわざ断り書きが必要なの?「うん。ぼく自身ジョニー・キャッシュと言う名前は知っていても、彼がどんな人生を送ったかは知

『ウォーク・ザ・ライン』

■監督・脚本 ジェームズ・マンゴールド■共同脚本 ジェームズ・キーチ、ギル・デニス■キャスト ホアキン・フェニックス、リーズ・ウィザースプーン、ジェニファー・グッドウィン、ロバート・パトリック、シェルビー・リン□オフィシャルサイト  『ウォーク・ザ・ライ

ウォーク・ザ・ライン 君につづく道

 兄ちゃんを失った悲しみを知るホアキン・フェニックスならではの演技。冒頭の電気ノコギリには近寄りたくもないぞ・・・

映画館「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」

実在の人物、ジョニー・キャッシュの物語。お話的には、スターの成功・転落・復活というお馴染みにパターンなのですがそれに加えて憧れの女性でもあったジューンとのエピソードがいつものサクセスストーリーとは違った味を出していました。2人の長い長い恋愛の道のり...

『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』

ホアキン・フェニックス、リース・ウィザースプーン主演。ゴールデングラブ作品賞、主演男優賞、主演女優賞受賞。1950年代、ロカビリー黄金時代を築き上げたアメリカの国民的歌手、ジョニー・キャッシュの挫折と成功、そして後に妻となるジューン・カーターとの愛の物語。ホ

ウォーク・ザ・ライン/君につづく道

しかしなんだねぇ~、ミュージシャンと言うのは、大体このパターンなんだねぇ。( ̄^ ̄) ム~ン幼少の頃の貧困生活。スターになった途端、酒、オンナ、ドラッグ・・・で、逮捕され、家庭崩壊・・・(ー""ー;)そもそも、ジョニー・キャッシュなる歌手を、あたくし

ウォーク・ザ・ライン 君につづく道

【Walk the line】2005年/アメリカ 監督:ジェームズ・マンゴールド  出演:ホアキン・フェニックス、リース・ウィザースプーン、ロバート・パトリック、ジニファー・グッドウィン伝説のミュージシャン、ジョ

ウォーク・ザ・ライン 君につづく道(評価:○)

【監督】ジェームズ・マンゴールド【出演】ホアキン・フェニックス/リーズ・ウィザースプーン/ジニファー・グッドマン/ロバート・パトリック【公開日】2006/2.18【製作】アメリカ【ストーリー】幼い頃

ウォーク・ザ・ライン 君につづく道

今年のアカデミー賞で5部門ノミネートの話題作。ジョニー・キャッシュにはさほど興味はないけれど、何かいいところがあるんでしょう。公開初日、「アサルト13」に続き、連チャンで鑑賞。

映画「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」

映画館にて「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」★★★☆実在した1950年代のカントリー歌手、ジョニー・キャッシュの物語。カントリーというジャンルには全く明るくないので、それほどまで親しみを感じることはなかったけれど、やはり歌はいい。ジョニー(ホアキン・フェ

ウォーク・ザ・ライン 君につづく道

ウォーク・ザ・ライン 君につづく道Walk the Line 監督 ジェームズ・マンゴールド出演 ホアキン・フェニックス リース・ウィザースプーンアメリカ 2005

【映画】ウォーク・ザ・ライン 君につづく道

"Walk the Line" 2005年アメリカ監督)ジェームズ・マンゴールド出演)ホアキン・フェニックス リーズ・ウィザースプーン満足度)★★★☆ (満点は★5つです)シネプレックス幕張にて 1956年アメリカはメンフィス。妻子を抱え金に困ったジョニー・キ

★「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」

久しぶりのTOHOシネマズ川崎で鑑賞。相変わらず、土曜のレイトショウでもすきすきの映画館。0:50からの上映だったので5~6人くらいしかいなかったよっ。しかし、2005年のアカデミー賞に5部門ノミネートされてる強豪ですぞっ。

ウォーク・ザ・ライン/君につづく道

6点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)伝説のカントリー歌手、ジョニー・キャッシュの生涯を描いた伝記映画です。ワタクシ、この人知りませんでした。曲がりなりにも音楽に携わる者の端くれなのに・・・この手の映画としては最近では『Ray』が真っ先

ウォーク・ザ・ライン 君に続く道

監督・共同脚本:ジェームズ・マンゴールド製作:キャシー・コンラッドキャスト:ホアキン・フェニックス リース・ウィザースプーン ジェニファー・グッドウィン ロバート・パトリック ダラス・ロバーツ 

『ウォーク・ザ・ライン 君につづく道』

【story】最愛の兄を事故で亡くしたジョニー(P.フェニックス)は、周りに溶け込めない孤独な少年だった。そんな彼の心の拠り所は、ラジオからいつも流れてくるジューン・カーター(L.ウィザースプーン)の歌声。成長したジョニーは空軍を除隊後、初恋の女性ヴィヴィアン(...

映画「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」

原題:WALK THE LINE一直線のラインに沿って歩こう、まっすぐ進もう、妻子と別れて君と結ばれるために・・なんとも非教育的な側面を持つこの映画、実話の迫力がある。 エルビス・プレスリーらと一時代を築いたジョニー・キャッシュ(ホアキン・フェニックス)の成功と挫折の

『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』’05・米

あらすじ'50年代アメリカ、妻ヴィヴィアン(ジニファー・グッドウィン)と暮らすセールスマンのジョニー(ホアキン・フェニックス)はミュージシャンになることを決意。彼は音楽への道を進むなかで、憧れの女性シンガージューン(リース・ウィザースプーン)を追い続ける...

【洋画】ウォーク・ザ・ライン/君につづく道

A+  面白いA     ↑A-B+B    普通B-C+C     ↓C-  つまらない『評価』 B+(演技4/演出3/脚本3/撮影3/音響3/音楽4/美術3/衣装3/配役4/魅力3/テンポ3/合計36)『評論』よくあ

ウォーク・ザ・ライン-君につづく道-

この映画、ラッキーなことに飛行機の中で観たのです。なかなか面白かったのですが強行軍の旅だったので途中でどうしても眠気に勝てず。起きたら映画は当に終わっていて、目的地に着く所。というわけで、随分経ってからDVDで観ることに。f(^^;)1932年アーカンソー州ダ

mini review 07013「ウォーク・ザ・ライン きみに続く道」★★★★★★☆☆☆☆

カテゴリ : ラブ・ストーリー ドラマ 製作年 : 2005年 製作国 : アメリカ 時間 : 136分 公開日 : 2006-02-18~2006-04-13 監督 : ジェームズ・マンゴールド 出演 : ホアキン・フェニックス リース・ウィザースプーン ロバート・パトリック リーズ・ウィザースプーン

コメントの投稿

非公開コメント

わかる気が・・・

>しかもちょっとキモかった・・・
って私も同じようなこと思ってました(爆)
そんな有名な歌手も全く知らない状態で観たら
なんかいまいちのりきらないですよね。
でも演技は素晴らしかったです~~。

のまれて・・・

タンタンさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

自分もジョニー・キャッシュは名前しか知らなかったのもあってか、評価はわりと普通になってしまいました(汗
ホアキンも役にのめり込んでいたのをひしひしと感じましたけど、まさかお酒にものまれていたとは・・・(苦笑

ジュンさま

おー、賛同ありがとうございます。
みんなのレビューみてたら、けなしてる人いなかったんで「あれっ?」とか思ってました。
私は基本的にホアキンは評価してるんですけど
なんかこの作品だけは、ちょっとね、ちょっとだけ。

メビウスさま

これは日本でいうと美空ひばりの伝記映画をみても
外人にはピンとこないようなもんでしょうか。
ちょっと、違うか・・・

TBありがとうございました

こんにちは♪
あー、多分私がちょっと乗れなかった原因も被っているかもしれません。
私の場合は、ご本人(ジョニー・キャッシュ)を知らなかったことと、ミュージシャンの栄光と挫折と復活ってどれもみな同じに見えちゃったからかな。
歌声はそれほど気にならなかったけれど(笑)

はじめまして

はじめまして!
映画、高校の時はよく見ました。
今は中々見る機会がないです。
久しぶりに映画館へ行ってみようかな。
また遊びに来ます。

そうだったんだ。

ホアキン、アルコール依存症になっちゃったんですか!?
ヨダレたらして苦しんでて、すごい演技!!!
なんて思っていたのですが、違ったのですね~(笑)

TBありがとうございます!

こんばんは!
この作品、物語そのものは陳腐というか大したこと無いような気がしたのですが、ライブ・シーンは迫力があって結構気に入ってます。
リース・ウィザースプーンなんて本当のカントリー歌手のようだったもんなあ。

ミチさま

ホアキンの歌、最後の方はすごく良かったんですけど
最初の方の生ぬるい感じが強すぎて・・・
ストーリーは陳腐でしたね。

musmulaさま

トルコで映画ってどんなの上映してるのか、興味あります!
また是非記事を書いてください。

ミカ さま

そうなんですよ~。
もともとそういう傾向あったのかもね。
あの目のすわった感じすごかったですよね。
よだれたらしてたのは気がつきませんでした。鋭い!

Kenさま

ライブシーンの後ろからのショットとか良かったですよね。私は刑務所のシーンが最高でした。
リースの声って歌ったらあんなになるとは思いませんでした。すごく良かったです。

TB有難う御座いました♪

こんばんは~♪
ワタクシもジョニー・キャッシュを知らなかったのですが、まずまず楽しめました^^
タンタンさまが仰ってる、「美空びばりの・・・」って結構当ってるとこあると思いますよ。
ジョニー・キャッシュ知ってればホアキンの演技に対して「似てる!」とか思えますもんね!
キモイのは・・・リバーの弟なのに何故でしょうねw
リースは本当に素晴らしい演技でしたよね~^^

ではでは~、これからもよろしくお願いします♪

Aki.さま

エルビスと同期だったから、いまいち大ブレイクしない存在だったのかもしれませんね。

でもキモイなんて言ったらダメでした。
反省してます。
基本は好きなんですよ。ほんとに。

はじめまして!

こんにちは。はじめまして。
ちょくちょく覗かせていただいてます♪
先ほど、TBさせていただきました。

ホアキンが本当にアルコール依存症になっちゃったって話は、知らなかったです!びっくり。まぁ、それだけ真剣に役作りしてるってことなんだろうけど…ちょっとやりすぎ??

リースは、本当に可愛くて素敵ですよね~。彼女の歌声が聞きたいばかりにサントラ買おうか迷ったのですが、ほとんどはホアキンが歌ってて、リースの歌は数曲しかなさそうなので、やめました(笑)

Nyaggyさま

ちょくちょく覗いていただいて、有難うございま~す。
私もさっそく伺いますね。

ホアキンはもともと依存症に陥りやすそうな危うさをもってたみたいです。むこうの役者さんって依存症とかなる人多いですよね、あれってなんなんでしょうね。

>ほとんどはホアキンが歌ってて、リースの歌は数曲しかなさそうなので
そうなんですか?!なんてことなんでしょう。
まぁ確かに主役はホアキンだけども。
リースの歌の方が、パンチきいてて良かったような気しましたけどね~。

TBありがとうございました。

私も”あまりピンとこなかった”に1票!

ホアキンがとってもひとりよがりな感じに見えました。自分とリースを中心に世界が回ってるような・・・

二人の歌声はよかったです。

いまのまいさま

一票ありがとうございま~す。
ほんと自分中心にまわってました。
家族とかバンドのメンバーとかいい迷惑ですよね。
プロフィール

タンタン

  • Author:タンタン
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー

リサ&ガスパール リサ 座り M
リサ&ガスパール リサ 座り M

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。