スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダーク・ウォーター

ダーク・ウォーター
ダーク・ウォーター
Dark Water
2005年 アメリカ

「仄暗い水の底から」のリメイクってことで、ラストはわかってるのに、わかってるのに感動。
途中、単調なストーリーと日本版に輪をかけたような暗さにウンザリしたけど、最後までみてよかった。 
 
考えてみると、ダリアの不幸な少女時代とナターシャの境遇をシンクロさせて、妄想と現実をごっちゃにして心理的に追い込んでいくとこなんか脚本が上手い。
そして良い母親であろうして過度に愛情を注ぎ込むダリアの姿を痛々しく演じてるジェニファー・コネリーが上手い。歩いているときに「お菓子があるのよ」とか「作ったけど忘れてきたの」とかやたら言ってるとこに、ちょっと無理してるなぁと感じた。

結局、夫が悪がき達と会ってたのは解せなかった。あれは現実ですよね?やっぱり嫌がらせさせてたのだろうか?
それに弁護士がやたら「家族が~、家族が~」ってゆうのも解せなかった。映画館では超1人だったし。独り者か家族と上手くいってないと思われるのですが。結局寂しい人ってことなのでしょうか?

「成仏しない霊」っていかにも日本的なものと思ってたけど、アメリカ的にもアリなのかな?
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダーク・ウォーター

 またJ・ホラーのリメイクかいな・・・と、ナメてかかっていたら、エンディングを迎えたとき、仄かに涙が頬を伝わるのを感じた・・・もちろん黒き涙・・・(海賊盤撲滅!)

ダーク・ウォーター DARK WATER

ジェニファー・コネリー、アリエル・ゲイド主演鈴木光司の仄暗い水の底からのリメイクホラーと言うより心理スリラーの色が強い映画ですダリア(ジェニファー・コネリー)は離婚調停中で娘セィシアの親権をめぐり父親と闘っている夫は娘の住む所の環境が悪くなるとダリアの言

ダーク・ウォーター (Dark Water)

監督 ウォルター・サレス 主演 ジェニファー・コネリー 2004年 アメリカ映画 105分 ホラー 採点★★★ またリメイクです。ハリウッド映画がリメイクばかりなのは今に始まった事ではないのですが、ことホラーに関してのリメイク数は尋常じゃない状態に。僅かな権利料で確実

ダーク・ウォーター

5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)『仄暗い水の底から』のハリウッド・リメイク版です。最近ではすっかり邦画を観なくなったワタクシはもちろんオリジナル未見。なので予備知識一切なし。知っているのはホラーって事ぐらいでした。ま、ホラーに

ダーク・ウォーター

「仄暗い水の底から」のハリウッド版リメイク。全体的に暗く、無機質でイヤな感じがオリジナルに忠実でした。

ダーク・ウォーター

悲しい愛のドラマに泣いてしまいました・・・

『ダーク・ウォーター』 主演:ジェニファー・コネリー

黒木瞳主演で映画化された鈴木光司原作の「仄暗い水の底から」のハリウッドリメイク作品です。主演はジェニファー・コネリーで黒木瞳さんのファンの方には申し訳ないけどめちゃくちゃ綺麗でした。演技もすばらしく夫との親権争いにつかれアパートの不可思議な現象振り回され

ダーク・ウォーター(評価:○)

【監督】ウォルター・サレス【出演】ジェニファー・コネリー/ジョン・C・ライリー/ティム・ロス/ピート・ポスルスウェイト/ダクレイ・スコット/アリエル・ゲイド【公開日】2005/11.12【製作】アメリカ

ダーク・ウォーター

ダーク・ウォーター プレミアム・エディション (初回限定生産)あらすじ・・・鈴木光司原作、中田秀夫監督の「仄暗い水の底から」を、「モーターサイクル・ダイアリーズ」のウォルター・サレス監督、「ビューティフル・マインド」のジェニファー・コネリー主演でリメイク。離

ダーク・ウォーター

「ザ・リング」「THE JUON」に続く、ジャパニーズ・ホラーのハリウッド・リメイク第3弾。とても日本的なオリジナルが、どう料理されてるのか。レイトで観てきた。

ダーク・ウォーター 06年125本目

ダーク・ウォーター2005年  ウォルター・サレス 監督ジェニファー・コネリー , ジョン・C・ライリー , ティム・ロス , ピート・ポスルスウェイト途中で見るのやめようかと思った、、、

映画館「ダーク・ウォーター」

鈴木光司原作、中田秀夫監督の「仄暗い水の底から」のハリウッドリメイク版ということで、先に「仄暗い水の底から」を観ておきたかったのですが、レンタルDVDに無くて結局こちらを先に観ることになりました。これは、ホラーになると思うのですが全然怖くは無かったで...

【洋画】ダーク・ウォーター

A+  面白いA     ↑A-B+B    普通B-C+C     ↓C-  つまらない『評価』 B+(演技4/演出3/脚本3/撮影4/音響3/音楽2/美術4/衣装3/配役4/魅力3/テンポ3/合計36)『評論』鈴木

ダークウォーターって怖いの?

ホラー映画洋画ホラー映画初心者のすけきよです。chibisaruさんオススメのダークウォーター見てみました。

「ダーク・ウォーター」

ダーク・ウォーター『ダーク・ウォーター』 (原題: ''Dark Water'') は2005年アメリカ映画|アメリカ製作のホラー映画。ウォルター・サレス監督。鈴木光司原作の日本映画「仄暗い水の底から」のハリウッドリメイク作品。東宝東和配給・提供。 タッチストーンピクチャーズ制

ダークウォーター

2005年11月上映 監督:ウォルター・サレス 主演:ジェニファー・コネリー他 ...

「ダーク・ウォーター」

そろそろディカプリオの新作「ブラッド・ダイヤモンド」が公開に・・・そこに出ているジェニファー・コネリー繋がりで見てみることに。

コメントの投稿

非公開コメント

TB&コメント有難う御座いました♪

オリジナル未見なのでもっと怖い映画かと思って観てしまいました。
ちょっと肩透かしです(^^ゞ
ジェニファー・コネリーは良かったですよね~!
情緒不安定な感じが見事に出てたと思います^^
お陰でかなりイライラと・・・(^^ゞ

ではでは~、これからもよろしくお願いします♪

>ラストはわかってるのに、わかってるのに感動。

私もそうでした。こちらのラストのほうがずっといいですよね。

悪ガキと夫の関係って、結局放置されちゃいましたよね。それだったらあの関係のシーンは無くてもよかったかと・・・。

Aki.さま

オリジナルもそうですけど、
これは怖さよりも感動がのこるホラーである点が評価できる映画だと思います。
序盤のネタバレ、言われてみればその通りです。
あの説明はマエフリっぽかったですよね。

shakeさま

日本版はラストに意外性があったので
あれでもまぁ許せましたけどね~
こっちの方がわかりやすくてよかったですね。

ホラーっぽさは日本版のほうがあると思いますが
あえてそこを前面にださなかったのは正解のような気もします。
プロフィール

タンタン

  • Author:タンタン
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー

リサ&ガスパール リサ 座り M
リサ&ガスパール リサ 座り M

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。