スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛についてのキンゼイ・レポート

愛についてのキンゼイ・レポート
愛についてのキンゼイ・レポート
Kinsey
2004年 アメリカ

冒頭のインタビュー練習のシーンから、面白そうな予感がした。
助手にピーター・サーズガードとクリス・オドネルなんて配役も豪華だ。
最も興味深かったのは、教授とマーティンと関係を持つシーンなんだけど、3割っていう数字にもびっくりしたが、何よりマーティンの誘い上手なのに感心してしまった。

研究がすすむにつれその内容も過激になっていったが、こういう場合当の本人よりも周囲の方が過激に走るのはよくあることだ。
でも一番しめていかなければいけないキンゼイがコントロールできてなかったのが残念だ。
それに人々を救いたいという気持ちより名声欲の方が大きかったのも。

考えてみると男性版を発表した1948年って日本にはまだマッカーサーがいた時代。はやかったんだな~。

ところで、キンゼイが倒れる前のスピーチで私的にひっかかった一言がある。
「もし清教徒がメイフラワーで先にやってきてなかったらこの国はどうなっていたか・・・、ならず者達が先にやってきていたら・・・」
この言葉を聞いて、ふと
「ユーロトリップ」で主人公の悪友がヨーロッパの過激なセックスについてのナンセンスな説明として
「俺たちの先祖は、ヨーロッパの過激なセックスに我慢できずに逃げてきた」って言ってたのに、リンクしてしまった。
もしかしてこのアホらしい考えも、当たらずも遠からずなのか?
キンゼイはヨーロッパ版も出すべきだった。

最新キンゼイ・リポート
最新キンゼイ・リポート


スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「愛についてのキンゼイ・レポート」

1万8,000人に「性」について個々にインタビューを行ない、1948年に学術書としては異例の20万部のベストセラーになった「キンゼイ・レポート」 その著者であるキンゼイ博士(リーアム・ニーソン)の生涯を追った作品。男女のことに関してシャイで情報がなかった時代のお話な

愛についてのキンゼイ・レポート (Kinsey)

監督 ビル・コンドン 主演 リーアム・ニーソン 2004年 アメリカ/ドイツ映画 118分 ドラマ 採点★★★ アメリカは先進的で自由でオープンな国と思われがちだが、実のところここまで保守的な国も珍しい。劇中でも語られるが、厳格で禁欲的なキリスト教徒“ピューリタン”の移

愛についてのキンゼイ・レポート

全米18000人に聞きました。ズバリあなたの性生活ってどんな?! それを実際に研究したキンゼイ博士の伝記。動物学者のキンゼイ博士。タマバチを収集して研究していたがあることに気付く。すべてのタマバチは違っている。たとえ親子....

愛についてのキンゼイ・レポート

5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)今どきの中学生でもしないくらいに幼稚な発想で全米を巻き込んで「性」について調査しまくったキンゼイ博士の半生を描いた伝記映画です。内容が内容だけに映画としてどー持って来るかなぁ~と思っていたのです

映画館「愛についてのキンゼイ・レポート」

「愛について」というか「性」についてですね。この映画の宣伝で「その愛に、満足していますか?」というのがありましたけど、恋愛のHow toものの映画だと思って観てしまう人がいたら。。。全然違う内容です。原題は「KINSEY」。動物学のキンゼイ教授の一生という感...

愛についてのキンゼイ・レポート

 カップル1、女性カップル1、男性1人客が2、女性1人客が1・・・これじゃサンプルが少なすぎる!もっと調査しないと客層がつかめない!

愛についてのキンゼイ・レポート

 タブーに正面から取り組んだ男のお話。

映画「愛についてのキンゼイ・レポート」

映画館にて「愛についてのキンゼイ・レポート」★★★★いまでこそ女性も「性」を語る時代になったが、50年前のアメリカではまだまだそれはタブーだった。名前しか知らない「キンゼイ・レポート」とキンゼイ博士。一体どういう人で、何をどういうふうに調べたの?ストーリ

愛についてのキンゼイ・レポート

リーアム・ニーソン主演アルフレッド・チャールズ・キンゼイ1948年、1953年 二冊のキンゼーレポートを出版した当時アメリカでも性に対してはタブーとさられこの本が出版される事により、性に対する社会意識の革命が起こる約18000人から取材をしまとめたレポートでそれは衝

『愛についてのキンゼイ・レポート』

-------「キンゼイ・レポート」って言葉、なんかどこかで聞いたことあるような....?「うん。懐かしい言葉だね。でもフォーンはもちろん、ぼくもリアルタイムで知るわけはない。だってこれって1948年に初めて発表されたレポートだもの」------なんのレポート?「『性』の実

全く興味が持てなかった◆『愛についてのキンゼイ・レポート』

9月10日(土) TOHOシネマズ名古屋ベイシティつ…つまらなかった。久しぶりに途中退出したいと思った作品だった。タイトルに騙されたかもしれない。この映画にタイトルを付けるなら、『性についてのキンゼイ・レポート』という方がぴったりだろう。なぜなら、このレポー...

愛についてのキンゼイ・レポート(評価:☆)

【監督】ビル・コンドン【出演】リーアム・ニーソン/ローラ・リニー/クリス・オドネル/ピーター・サースガード/ティモシー・ハットン/ジョン・リスゴー【公開日】2005/8.27

愛についてのキンゼイ・レポート

真面目に愛とセックスを語りましょう的な映画だと思ったら、想像以上に面白かった映画を観終わって不思議なのはこの邦題なぜ"愛について"なんてオマケがついてしまったの?( ̄∇ ̄;)そのまんまで良いのに~だって愛について語るのはホントに最後の1言だけよ

【映画】愛についてのキンゼイ・レポート

2004年アメリカ監督)ビル・コンドン出演)リーアム・ニーソン ローラ・リニー満足度)★★★☆ (満点は★5つです)シネ・スイッチ銀座にて -----あらすじ-----時は1940-50年代アメリカ。未だセックスについてオープンに語ることがタブーだった時代にアメリ

「愛についてのキンゼイレポート」

 愛についてのキンゼイ・レポート「愛についてのキンゼイレポート」 ★★★☆KINSEY (2004年アメリカ・ドイツ)監督:ビル・コンドンキャスト:リーアム・ニーソン、ローラ・

愛についてのキンゼイ・レポート

【KINSEY】2004年/アメリカ/ドイツ監督:ビル・コンドン   出演:リーアム・ニーソン、ローラ・リニー、クリス・オドネル、ピーター・サースガード「キンゼイ・レポート」とは・・

愛についてのキンゼイ・レポート

2004年度 アメリカ・ドイツ作品 118分 松竹配給原題:KINSEYSTAFF監督・脚本:ビル・コンドン製作総指揮:フランシス・フォード・コッポラCASTリーアム・ニーソン、ローラ・リニー、クリス・オドネル■STORY性を語ることがタブーとされた40~50年代を...

愛についてのキンゼイ・レポート

★本日の金言豆★プロポリス:ハチが予期せぬ侵入者や病気の感染から巣を保護するために使う粘着性の物質。ギリシャ語で「とりでを守るもの」。ミツバチやタマバチなどから採取。

愛についてのキンゼイ・レポート

第209回★★☆(劇場)(核心について論じてますので、ご注意あそばせ) 立身出世のバックグラウンド。 ここに父親の影があることが多いのはよく知られている。身近な存在である父の背中を見てきた息子は、その壁を越えようとする。 この映画の主....

映画鑑賞感想文『愛についてのキンゼイ・レポート』

さるおです。 『KINSEY/愛についてのキンゼイ・レポート』を観たよ。 これはおもしろい! ただ、愛についてのレポートじゃないので、とにかく、なんちゅーか、お子さん以外にはおすすめだYO(笑)! 監督・脚本は、『シカゴ』の脚本家ビル・コンドン(William Condon)、うーん

「愛についてのキンゼイ・レポート」(2004)

愛についてのキンゼイ・レポート 愛についてのキンゼイ・レポートリーアム・ニーソン...

『愛についてのキンゼイ・レポート』

愛についてのキンゼイ・レポート製作総指揮:フランシス・コッポラCAST:リーアム・ニーソン、ローラ・リニー 他ゴールデン・グローブ賞作品賞、主演男優賞授賞、ゴールデン・グローブ賞助演女優賞、アカデミー賞助演女優賞ノミネートアメリカの性科学者であり昆虫学者のアル

愛についてのキンゼイ・レポート セックスって!?

愛についてのキンゼイ・レポートリーアム・ニーソン (2006/03/30)松竹 この商品の詳細を見るぷち情報2005年8月27日 劇場公開監督 ビル・コンドン 出演 リーアム・ニーソン 、ローラ・リニー 、クリス・

『愛についてのキンゼイ・レポート』’04米・独

あらすじ今から約50年前、性について語ることはタブーだったアメリカ。大学で動物学を教えるキンゼイ博士(リーアム・ニーソン)は、恋人との結婚や学生からの要望をきっかけに、人間の性の研究に着手。そのレポートを出版し、全米に一大センセーションを巻き起こす・・..

『愛についてのキンゼイ・レポート』 デリケート且つ重要な問題

キンゼイ博士がまとめたのは、愛についての、というより、「性」についてのレポート。誰もが持つであろう疑問なのに、誰も尋ねず、誰も答えてくれない、性に関する疑問。自分はノーマルなのか、アブノーマルなのか。誰にも打ち明けられず、悶々と過ごしていた人々に、一縷の

コメントの投稿

非公開コメント

TBありがとうございます

キンゼイは統計学者の本質(集計に夢中)で事態を収拾できなくなったようにも見えました。
『ユーロトリップ』のくだりは、あながち間違ってないんでしょうねw
あそこまで保守的な国も珍しいですし。
TBさせていただきます♪

たお さま

冒頭のインタビュー指導では、かなりできる感じだったのに、後半はそのシャープさが全く感じられませんでした。
アメリカは保守的ですか~、参考になります。

TB&コメント有難う御座いました♪

最初は面白かったんですけどねぇ~・・・
ず~っと同じなんですもん、やってる事。
更に同性愛調査でドン引きしてしまったのが致命的でした(^^ゞ
男同士なんて考えられません!
女性同士しなら・・・(yωy*)ポッ

ではでは~、これからもよろしくお願いします。

TBありがとうございました

こんにちは♪
へぇ~、ヨーロッパってすごいんですかぁ。
なんせ歴史も古いし、文化が爛熟してくると何でもありになってきますものね~。
勉強させていただきました!
タンタンさんがおっしゃるとおり、キンゼイ自身の純粋な探究心が周囲の人間の暴走によって方向が変わってしまったのが残念でしたね。

Aki. さま

確かに最初はいきおいがありましたけどね。
ドン引きですか(笑)
あれが女同士なら私もドン引きしたと思います。ポッ。

ジェダイ・マスターは死なないんすか?
ってことはウィンドウも死んでないの?


ミチ さま

うーん、わたしはアメリカの方が先進と思ってたのですが、昔はヨーロッパよりもおかたかったようですね。
引き続き、調査いたします!

TB、コメントありがとうございました♪

ヨーロッパ版、納得です
アメリカではちょっと先を行き過ぎてたんでしょうね
マーティン役のピーター・サースガードは妖艶でしたね~
あんな目つきと言葉で誘われたら男女問わずフラ~となってしまいそうです(汗)
女らしくない女の私は見習うべきとこがたくさんありました( ̄∇ ̄;)

cherryさま

サースガードすごかったですよね~。
あんなに冷たい視線なのにあの色気はなんなんでしょうね。
あんな風に誘われたら、私もイチコロですよ。
「ニュースの天才」でも存在感すごかったけど
これも良かったです~♪

TBありがとうございました。

こんばんは!
この作品の役者陣、さりげなく豪華でしたね。
特にピーター・サースガードの冷たい目つきは何とも印象的で。そういえば、この映画を上映していたときに劇場で「キンゼイ・レポート」日本版を配っていて、あれもナカナカ興味深い内容でありました・・・。

Ken さま

コメントありがとうございます♪
役者陣は豪華でしたね。クリス・オドネルがああいう使われ方をしてるとこに、贅沢さを感じました。
サースガードのアイスな目つき、たまりませんね。
私も練習しようかな。
「キンゼイレポート」日本版なんて配られたのですか。
なんて粋なものを配るんでしょ。
ちょっと(いやかなり)興味あります(笑)

「夫婦de雫」というブログで、夫婦やカップル、二人の時間をを演出できる映画を紹介しています。「愛についてのキンゼイ・レポート」を紹介しているので、トラックバックさせていただきました!

よかったら、「愛についてのキンゼイ・レポート」のエントリーへのトラックバックをお待ちしています。他にもお気に入りの夫婦やカップルにお勧めの恋愛映画がありましたら、ぜひコメントくださいませ。
プロフィール

タンタン

  • Author:タンタン
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー

リサ&ガスパール リサ 座り M
リサ&ガスパール リサ 座り M

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。