スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲス・フー 招かれざる恋人

ゲス・フー 招かれざる恋人 特別編
ゲス・フー 招かれざる恋人 特別編
GUESS WHO
2005年 アメリカ

アシュトン・キャッチャーが出てる映画を観るのもこれで3本目。
身長1メートル89センチもあるそうだけど、相手役の俳優さんの方がデカかった!195は超えてるな、あれは。

黒人女性との結婚を反対されたため一流会社を辞めたサイモン。
言い出せないまま彼女の家に婚約の報告に行くが、娘の恋人が白人であることが気に食わない父親はことごとく彼を否定する。
家に泊めるのは嫌だと言い出したり、夜這いを阻止するためベットで一緒に寝たりと2人の攻防戦が実に笑える。

セリフの多いコメディで、三谷幸喜っぽい感じもした。
さすがに黒人ネタのジョークは何が面白いのかさっぱりわからなかったけど、それは笑えないっていうのはわかりました。あとPGAも。

個人的には車でホテルまで送って行くとき、雨が降るか降らないかで言い合ったあと、ザーザー降ってきたのにワイパーかけない親父が笑えました。
 
スポンサーサイト

テーマ : 今日観た映画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ゲス・フー 招かれざる恋人』

-----なんか不思議なタイトルだニャあ。「その昔、Guess Who(ゲス・フー)っていう名前のグループもいたしね。でも、これって『Guess Who's Coming to Dinner』という映画からきてるんだ」-----それってどんな映画なの?「スタンリー・クレイマーの名作『招かれざる客』の

「ゲス・フー/招かれざる恋人」

 2005年/アメリカ 監督/ケヴィン・ロドニー・サリヴァン 出演/バーニー・マック     アシュトン・カッチャー アシュトン・カッチャー主演作。「招かれざる客」のリメイクです。 黒人の銀行員パーシーは娘の恋人が白人青年のサイモンだと知り、大反対。サイモン

ゲス・フー 招かれざる恋人 Guess Who

アシュトン・カッチャー、バーニー・マック主演1967年「招かれざる客」Guess Who's Coming to Dinner のリメイクシドニー・ポワチェ、スペンサー・トレーシー、キャサリン・ヘップバーンが出ていた名作のリメイクなのですがシュチィエーションが逆転してました白人と黒

ゲス・フー 招かれざる恋人

どこかで見たことのある話。。。。ミート・ザ・ペアレンツ だ!!って思ったら、招かれざる客 のリメイクだった。。男は優秀な証券マン、、、、だったが、理不尽な理由で会社を辞めてただいま無職! 彼女にもそれを言い出せないまま 初顔合わせでパパの銀....

ゲス・フー 招かれざる恋人

★本日の金言豆★「招かれざる客」:1967年アメリカ映画。黒人医師ジョン(シドニー・ポワチエ)は白人女性ジョーイ(キャサリン・ホートン)と結婚を誓い、その許可をもらうため彼女

ゲス・フー/招かれざる恋人(DVD)

愛って・・・”白・黒”はっきりさせなきゃダメですか?CAST:アシュトン・カッチャー/バーニー・マック/ゾーイ・サルダナ/ジュディス・スコット 他■アメリカ産 106分「クラッシュ」では人種差別を重々しく扱ってたけど、この作品ではコメディタッチ。どうやらリメーク

ゲス・フー/招かれざる恋人

原題…GUESS WHO 監督…ケヴィン・ロドニー・サリヴァン 出演…アシュトン・カッチャー/バーニー・マック/ゾーイ・サルダナ 極私的満足度…△ まだまだ残ってるのね… バタフライ・エフェクトのシリアスなアシュトンも好きだけど、やっぱりコメディやってる彼は非常に

「ゲス・フー 招かれざる恋人」

「ゲス・フー 招かれざる恋人」を観ました。

ゲス・フー 招かれざる恋人

1967年度「招かれざる客」(原題:GUESS WHO'S COMING TO DINNER)をコメディ仕立てにした、現代風リメイク。

ゲス・フー 招かれざる恋人

【Guess Who】2005年/アメリカ 監督:ケヴィン・ロドニー・サリヴァン  出演:アシュトン・カッチャー、バーニー・マック、ゾーイ・サルダナ、ジュディス・スコット白人男性と黒人女性のカップルが結婚の約束をし

ゲス・フー 招かれざる恋人

普段、私のように「人種差別なんかするヤツは大嫌いだ!」(゙`Д´)と『ゲド戦記』のテルーのように息巻いて言っている人間ほど、いざそういう場面にさしかかると思いっきり態度に出てしまうかもしれません。1967年『招かれざる客』のリメイクと言われている本作ではあ

【洋画】ゲス・フー/招かれざる恋人

A+  面白いA     ↑A-B+B    普通B-C+C     ↓C-  つまらない『評価』 B+(演技3/演出3/脚本3/撮影3/音響3/音楽3/美術3/衣装3/配役4/魅力4/テンポ3/合計35)『評論』結婚

映画『ゲス・フー/招かれざる恋人』

原題:Guess Whoタイトルから「招かれざる客」(1967)のパロディかなと思うが、黒人と白人の立場は逆、さらに思いっきりコメディな全く別物・・愛と家族の絆は保たれるのか・・ パーシー(バーニー・マック)とマリリン(ジュディス・スコット)は結婚25年で銀婚式が間近、パ

ゲス・フー 招かれざる恋人

2005年製作のアメリカ映画全米初登場1位、興行成績$68,915,888。アシュトン・カッチャー主演によるラブロマンスコメディ。愛娘の恋人との対面に緊張の父親・パーシー。自分と同じ黒人で頼り甲斐のある男性を期待していたパーシーだったが、やって来た恋人は白人でしかも無職

コメントの投稿

非公開コメント

車のワイパーは、意地でも回さない

あのシーンは、無茶苦茶笑えました。
お父さんの意地っ張り振りが面白かったです。
しかもデカイ(笑)

この作品でしたか、「NASCARのジェフ・ゴードン」って台詞が出てきたときは、「おっ!」と思いました。

shakeさま

あのシーン笑えましたよね。
サーザー降ってましたから。

そうなんですこの映画でした~。私もshakeさんの記事みて「あっ!」って思ったんですよ。

おもしろかったですね~
パパの行動めちゃめちゃ笑えました。
頼りない感じのアシュトン・カッチャーもツボ(*^m^)v
あんな身体の大きな黒人パパじゃ気後れしちゃいますよね。

ジュンさま

このアシュトン・カッチャー、「バタフライ・エフェクト」の時とイメージ全然違いましたよね~。
あのパパ体もでかいし、目もカッてむいてて、ほんと気後れしちゃいますよね~。
プロフィール

タンタン

  • Author:タンタン
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー

リサ&ガスパール リサ 座り M
リサ&ガスパール リサ 座り M

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。