スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit
グッバイ、レーニン!
グッバイ、レーニン!なんだか懐かしいようで、妙に心に残る作品だ。

旧東ドイツで、共産主義に命を捧げてきた母親が心臓発作で意識不明に。その間にベルリンの壁は崩壊し、資本主義世界がなだれこむ。目を覚ました母親にショックを与えないように、息子は東ドイツがまだ存在するかのように、架空のニュース番組を作り、東ドイツ製のピクルスの瓶を探しまくる。

ただひたすらにママのために東奔西走する息子役のアレックスが好感の持てる青年でこの映画を明るくしている。

こっけいと言えばこっけいだが、ここには母親に対する息子の愛情のほかに、古き東ドイツ時代へのオマージュみたいなのを感じる。
社会主義は崩壊しても、そこに暮らしていた人々の思い出までは崩壊できないもんね。
スポンサーサイト
【2005/02/09 01:14】 映画 か行 | トラックバック(10) | コメント(0) | edit
<<ブラザーフッド | ホーム | スキャンダル>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gael.blog3.fc2.com/tb.php/20-643a6b8e
「グッバイ・レーニン!」
【ネタバレです】&長いです(^^;ベルリンの壁崩壊~東西ドイツ統一による悲喜劇を生活者の視点で描いた、ドイツ人だからこそ作れた作品です! 社会主義から資本主義へ全く正反対の社会になってしまい、自由を謳歌する人もいれば、職を追われる人もいる。当事者にしてみ the borderland【2005/08/27 21:19】
グッバイ、レーニン!
「グッバイ、レーニン!」★★★★★ 2003年ドイツ 監督: いつか深夜特急に乗って【2005/08/27 21:22】
「グッバイ、レーニン!」 -GOOD BYE,LENIN!- 2003年 : ドイツ
ベルリン映画祭・最優秀ヨーロッパ映画賞受賞作品80年代末、東ドイツのある家族の物語。子供達がまだ幼い頃、父は家族を捨て愛人と西ドイツに亡命。母はその反動から社会主義活動に没頭し、女手ひとつでアレックスと姉を育てあげた。しかし世界には民主化の波が起こり始め Chic & Sweet * びいず・びい【2005/08/29 19:26】
【独統一】「グッバイ、レーニン!」/ヴォルフガング・ベッカー
消滅から守るべきアイデンティティ§題材に比してソフトな切り口 スタンスとして、政治的なテーマを選び取りながら、政治色を前面に押し出さずコメディタッチのドラマに仕上げていることが、まず評価に値する。 製作の背景を、プロデューサーのシュテファン・アルント(Ste Augustrait【2005/08/30 17:11】
DVD/グッバイオカン
DVD「グッバイレーニン!」(公式サイト)ヴォルフガング・ベッカー監督出演ダニエル・ブリュールカトリーン・サーズチュルバン・ハマートヴァマリア・シモン  サ バ ペ【2006/04/27 17:53】
グッバイ、レーニン!
上映時間: 121分製作: 2003年 ドイツURL: http://www.gaga.ne.jp/lenin/top/index.htmlDVD: グッバイ、レーニン! (Amazon.com)■2004/03/08の日記(月)グッバイ・レーニン!を見た。恵比寿ガーデンシ 栄太(えいだ)の映画日記【2006/06/05 00:20】
「グッバイ、レーニン!」
2003年ドイツ映画ベルリンの壁は母を守る壁となり、やがて心の壁にもなった・・・。いつか必ず見ようと思っていた作品。東西を分けたベルリンの壁の崩壊もまだまだ個人的には記憶に新しいけれど、1989年当時の東の様子が繊細に描かれていて興味深かった。母親.... 雑板屋【2006/06/10 15:52】
『グッバイ、レーニン!』『キャシャーン』 崩壊する壁と人と
ロシアからの帰りの飛行機の中で見た、『グッバイ、レーニン!』ロシア帰りに「グッバイ、レーニン」だなんて、何の因果か(謎)。これはよかったです。飛行機の中で、思わず涙してしまいました。まぁ1列3席全部使ってたから隣誰もいないし、真っ暗でみんな寝てたから構わな *モナミ*【2006/06/15 19:07】
グッバイ、レーニン!
先日観た、ラヴェンダーの咲く庭でのダニエル・ブリュール目当て。内容的には、同じく彼が出演しているベルリン,僕らの革命に近かったかな。レーニンと言いながらソ連じゃなくて、旧東ドイツの話。旧東ドイツじゃあんな風にレーニン像が街中にあったのかね? しーの映画たわごと【2006/11/25 18:54】
グッバイ、レーニン!-(映画:2007年27本目)-
監督:ヴォルフガング・ベッカー出演:ダニエル・ブリュール、カトリーン・ザース、マリア・シモン、チュルパン・ハマートヴァ評価:90点公式サイト(ネタバレあります)少々古い映画だけれど、ずっと気になっていたものを、ようやく借りてきて見ること.... デコ親父はいつも減量中【2007/03/02 01:20】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。