スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit
Dear フランキー
Dear フランキー コレクターズ・エディション
Dear フランキー コレクターズ・エディション
Dear Frankie
2004年 イギリス

予告を観たときから絶対観よう♪と心に決めていた。
予告編でストーリーの8割わかってしまうんですけどね。

生まれてから1度も会ったことのない父親に手紙を書き続ける難聴の少年フランキー。実は母親のリジーは夫の暴力から逃げている状態。本当のことが言えず返事は自分で書いている。
嘘に行き詰まったとき見知らぬ男に父親役を頼む。演じるのがジェラルド・バトラー。この人がまたかっこいいんです。「オペラ座の怪人」で片目だけでもかっこ良さをプンプン匂わせてましたが、こんなに男前だったとは・・・ 

いい話だったけど、最後のほう「えっえっ?」て感じだった。
父親が死んだって聞かされてフランキーがすんなり受け入れてるのがどうもなあ。
そもそもフランキーはいつ本当の父親じゃないって気が付いてたのかが非常に気になる。
コメンタリーでは偽父がACCRA号に乗るか?って誘ったときに気がついたのでは、という意見の人が多いと言ってたけど、私は実は最初から知ってたんではないかと思う。
なんとなくおかしいなぁと思ってたときに悪がきリッキーの指摘。
リッキーですら嘘くさいと思った話に、フランキーが気が付かないわけがない。
まっ、真相は本人に聞くしかないですね。

舞台はスコットランドのグラスゴー。
最初何語を話してるのかさっぱりわかりませんでした。
グラスゴーといえば先週みた「やさしくキスをして」もグラスゴーだったのですが、まるで別の街のようでした。
それにしてもフィッシュ&チップスって初めて見たよ。
私も魚抜きでお願いしたい。
スポンサーサイト
【2006/04/08 01:12】 映画 た行 | トラックバック(14) | コメント(6) | edit
<<ステルス | ホーム | ジョゼと虎と魚たち>>
コメント
私も最初からじゃないかなと思いました。
そのほうが自然な感じがします。
フィッシュ&チップスはイギリスで食べたけど、
魚がふわっふわで、意外と美味しかったですよ~
【2006/04/08 02:20】 URL | カヌ #-[ 編集] | page top↑
良かったよね。
本当にグラスゴーって雰囲気あるな~。。
まあ、フランキーがどこで?とか
私って考えない人なのですよねえ。。
何でか????どこでもよくなってしまうの
かもしれませんね~。。。
本人も何となく。。少しづつ。。なのかもね。
何だか、バトラー氏は本当に色々演じれる方ですね。
次は、歴史物ですからね~。。これも似合いそうです♪
【2006/04/08 05:12】 URL | nicoco #64owOXpE[ 編集] | page top↑
こんにちは♪
私もフランキーは最初から知っていたような気がします。
そういうところはとても敏感な子だったと思うので。
ベタな展開にもかかわらずじーんと来てしまいました。
グラスゴーの雰囲気と共に昨年心に残った一本です。
【2006/04/08 21:37】 URL | ミチ #0eCMEFRs[ 編集] | page top↑
フィッシュ&チップス食べたことあるのですか!
魚ふわっふわっって・・・
うーんお腹すいてきました。
【2006/04/08 22:54】 URL | タンタン #-[ 編集] | page top↑
グラスゴーの港町素敵でしたね。
フランキーがどこで気が付いたか
途中、実の父親のエピをはさむなら
もうちょっとわかるように描いて欲しかった
ような気がします
【2006/04/08 22:59】 URL | タンタン #-[ 編集] | page top↑
ベタでしたね。
それだけに役者の力量が試される作品だったと思います。
私、こない返事を代わって書くっていう設定に弱いです。
【2006/04/08 23:01】 URL | タンタン #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gael.blog3.fc2.com/tb.php/190-fd453118
『Dear フランキー』
パパからの手紙だけが、僕の心の支えだった。 ■ショーナ・オーバック■キャスト エミリー・モーティマー、ジャック・マケルホーン、ジェラルド・バトラー□オフィシャルサイト  http://www.wisepolicy.com/dear_frankie/おススメ度 ⇒★★★☆ (5★満点、☆は0.5 京の昼寝~♪【2006/04/08 01:21】
「Dear フランキー」
映画の予告編って難しいなぁと思う。耳の不自由なフランキーには、船で世界を回る父親がいる。月に2回手紙をやりとりしているのだが、実はそれは母親リジーが変わりに書いたものだった。ある日、父親が乗った(ことになってる)船がフランキーの街に来ることに。本当のこと the borderland【2006/04/08 02:08】
Dear フランキー
 実は、リッキーは頭の良い子だった。そう考えると全ての謎が解ける。銀の星が一つだけだったのも、頭の悪いフリをしているだけだったのかもしれない。 ネタバレ映画館【2006/04/08 07:12】
母親への息子の思いが心に沁みた作品◆『Dearフランキー』
8月2日(火) 名演小劇場にて リジー(エミリー・モーティマー)は、息子の9歳のフランキー(ジャック・マケルホーン)を連れ、何度も引越しを繰り返していた。DV癖のある夫から逃げているのだ。フランキーは耳に障害を持っていて、言葉を話そうとしないのだが、それも夫の暴.. 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」【2006/04/08 07:44】
ディア・フランキー Dear Frankie
ジェラルド・バトラー、エミリー・モーティマー、ジャック・マケルホーン主演カンヌ映画賞で長い間スタンディング・オベィションを取りロサンゼルス映画祭最優秀観客賞モントリオール国際映画祭ゴールデン・ゼニース賞ハートランド映画祭クリスタル・ハート賞を取った作品で travelyuu とらべるゆう MOVIE【2006/04/08 17:38】
映画「Dearフランキー」
映画館にて「Dear フランキー」★★★★★またイギリスから素敵な映画が一本届いた。こういう映画に会うと、感想はただ一言「本当にいい映画に出会えて幸せ」で済ませたくなる。語り出すときりがないし、語ることで感動が逃げていってしまうのも恐い。胸の内に感動をそっと ミチの雑記帳【2006/04/08 21:34】
『DEAR フランキー』 お父さんって何だろう。
今日は映画の日だったってこと、忘れてた。いつも千円で見てるので 結構忘れがち。ともかく、早起きして足を伸ばして『DEAR フランキー』を 見てきました。 『リジーは年老いた母と息子フランキーを連れて夫から逃げた。 夫の暴力でフランキーは耳が聞こえなくなった。 そ キマグレなヒトリゴト【2006/04/10 16:27】
Dearフランキー(DVD)
パパからの手紙だけが、ぼくの心の支えだった。CAST:ジェラルド・バトラー/エミリー・モーティマー/ジャック・マケルホーン 他■イギリス産 100分母と子の思いやりが溢れる良作。「グッバイ、レーニン!」と「ニライカナイからの手紙」を足して2で割ったような感じ。ジ ひるめし。【2006/04/11 20:06】
『Dear フランキー』を観ました。
えぇ~話やわ~、ほんま えぇ話やった♪・・・と何故か関西弁でスタート。印象的で美しいピアノの調べに乗せて展開される優しい物語。それぞれの登場人物の心の中がよ~く表現されている所もGood♪家庭内暴力を振るう実の旦那(デイビー)から逃げ、引っ越しを繰り... 0120 Blog【2006/04/16 23:46】
Dear フランキー
男が惚れる男【Story】耳に障害のある息子のフランキー(ジャック・マケルホーン)と祖母を連れて、リジー(エミリー・モーティマー)は暴力を振るう夫から逃げるためスコットラン Memoirs_of_dai【2006/05/07 07:22】
『Dear フランキー』
Dear フランキーCAST:ジェラルド・バトラー、エミリー・モーティマー9歳のフランキーは難聴で声も出さない。そんな彼の家族は母リジーと祖母で、3人は訳あって引っ越しを繰り返していた。フランキーは顔も覚えていない父親と、手紙のやり取りをしていた。世界中を航海 *Sweet Days*  ~movie,music etc...~【2006/05/26 23:19】
Dear フランキー!! -勝手にDVD-
 Dear フランキー!! イギリス映画  新潟のうまいもんで、良くマイナーな物を記事にするからって、  映画までマイナーを見なくてもいいのですが、  結局観てしまいました。  とてもマイナーなんですが、  泣ける、感動する、考えさせられる。  すばらし 新潟Blog!!【2006/06/15 01:09】
映画『Dear フランキー』
原題:Dear Frankieドメスティック・バイオレンス、引き裂かれた家族に再び笑顔は戻るのか、まだ見ぬ父を思う息子、思いやる母、そして祖母、辛く切なく暖かい物語・・ フランキー(ジャック・マケルホーン)は、幼くして父の暴力により難聴となり、母リジー(エミリー・モー 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~【2006/07/29 10:45】
Dear フランキー
パパからの手紙だけが、ぼくの心の支えだった。2004年 イギリスDearフランキースコア選択: ※※※※監督 ショーナ・オーバック 出演 エミリー・モーティマー/ジャック・マケルホーン/メアリー・リガンズ/ジェラルド・バトラー/シャロン・スモール/ショーン・ブラウン/ジ レンタルだけど映画好き 【2007/02/04 19:21】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。