スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit
サルサ!
サルサ!
サルサ!
サルサ!Salsa
1999年 フランス・スペイン

「ダンシング・ハバナ」のレビューを書いたとき、「サルサ!もいいよ」とのコメントをいただき、これは見なくてはと思い早速チェック!


いや~もうサルサのノリに圧倒です。
欲を言えばもっと音楽とかダンスのシーンが見たかった~。
もうレミはどうでもよくって、フェリペとナタリーのダンス最高でした!
特にナタリーは踊りだすと上手すぎて輝いて見えてすごかったです。
(しかしあんな大きい胸であんなに激しく動いて飛び出しやしないかハラハラしました。)
レミもピアノを弾いてるとかっこいいんですけどね。水を得た魚のようで。

出だしも良かったんですけど、ラストも憎いほどに決まってました!
(ここで終われ!と念じました)

ところで特典映像のヴァンサン・ルクールのインタビュー笑えました。
コイツかなりの気分屋と見ました。
その後映画には出てないようなのでドラマで頑張ってるのでしょうね。
な~む~。

でもなんだかんだ言ってもやっぱり「ダンシング・ハバナ」の方が好きです。
だってディエゴかっこいいんだも~ん。一人デレデレ状態。
どっちを先に見るかにもよると思うんですけどね。

ダンシング・ハバナ
ダンシング・ハバナ


スポンサーサイト
【2006/04/03 21:32】 映画 さ行 | トラックバック(5) | コメント(4) | edit
<<ジョゼと虎と魚たち | ホーム | やさしくキスをして>>
コメント
サルサのダンスシーンかっこよかったですよね。
私ももう少し踊るところを見たかった。
「ダンシング・ハバナ」未見なんです。
今度、見てみます^^
【2006/06/21 22:54】 URL | ミカ #-[ 編集] | page top↑
踊りのシーンもっと見たかったですよね~。
「ダンシング・ハバナ」見てくださいね。
そして一緒にディエゴくんにデレデレしましょう。
音楽もしびれますよ~。
【2006/06/22 13:11】 URL | タンタン #-[ 編集] | page top↑
私は『ダンシング・ハバナ』のほうがお話的には好きですね~^^
こっちのほうも、いろいろ話に工夫はされてるんだけど、どうにもナタリーという人物がすきになれなかった^^;レミは一生懸命な感じでかわいかったんだけど、ダンスはいまいちだったし・・・
やっぱり音楽&ダンス&イイ男では、ダンシング・ハバナとディエゴ・ルナに1票!
【2006/08/03 03:07】 URL | いまのまい #qxFpY3HE[ 編集] | page top↑
良かった~。
私もハバナ派です。
まいさんのレビュー読んで、もしかして「サルサ」の方が良かったのかな~?とか思ってました。
レミはダンスよりもピアノ弾いてたほうがかっこ良かったです。
【2006/08/03 13:01】 URL | タンタン #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gael.blog3.fc2.com/tb.php/188-3397b636
サルサ! (1999)
 ピアニストとしてエリートコースを歩むレミ(ヴァンサン・ルクール)は突如すべての栄光を捨ててラテン音楽(サルサ)に傾倒。自分が白人だからカリビアン・バンドに入れないと知ると肌の色を褐色に塗って、カリビアンダンススクールをはじめる。やがてサルサを元に知り合 oga.のこだわり【2006/04/11 12:48】
サルサ!
サルサ!SALSA!監督 ジョイス・シャルマン・ブニュエル出演 ヴァンサン・ルクール エステバン・ソクラテス・コバス・プエンテフランス スペイン 1999 Blossom Blog【2006/06/21 22:55】
『サルサ!』
【story】未来ある若き天才クラシックピアニスト、レミ(V.ルクール)。彼が名声を捨て選んだのは、情熱のサルサだった。学校を追放されたレミは、ラテンバンドに入団の願いを申し入れる。しかし観客が求めているのはチョコレート色の肌を持つキューバ人のミュージシャ... NOW☆MAY☆room~まいのシネマノート【2006/08/03 03:07】
xmas(動画-1分54秒)【サルサ恋】
12月に入りました~♪そこで、クリスマスソングでサルサです!(通信環境によっては時間がかかる場合があります) サルサに恋して@幸せな日々【2006/12/03 20:26】
サルサ!
キューバ音楽に惚れた、フランス人青年の情熱的なラヴストーリー。監督はジョイス・シャルマン・ブニュエル、キャストはヴァンサン・ルクール、クリスティアンヌ・グゥ、カトリーヌ・サミー、ミシェル・オーモン他。 <あらすじ> 若き天才クラシックピアニスト、レミ。 Yuhiの読書日記+α【2009/04/02 00:05】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。