スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティム・バートンのコープスブライド

ティム・バートンのコープスブライド 特別版
ティム・バートンのコープスブライド 特別版
Corpse Bride
2005年 イギリス

なぜか見るたびに爆睡してしまい、切れ切れに見たので印象が薄くなった。(といってもいつも一気に最後まで見ることはないのだけど)

生者の世界の人が何故かみんな冷たくて、こんな世界で生きてて楽しいの?って感じだった。ビクターもやたらドンくさいし。
死者の世界のエミリーにしても可哀想な人なんだけど、いくらプロポーズされたからといって急にビクターを好きになるってのがよくわからなかった。
最後にエミリーが蝶になって飛んでいくところはすごく良かったけど。

死者の世界で死人がウロウロしてるのを見て、これは欧米の埋葬ありきの発想だなと思った。日本は火葬だからこういうのはないなと。

途中までみて「あっ!これジョニー・デップが声優してたんだ」と思い出しあわてて字幕に変えたけど、どうもハリウッドスターは声で判別できないのでこんな声だったけ?って感じだった。
吹替え版のビクターの声の方が良かったような・・・
スポンサーサイト

テーマ : 今日見た映画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ティム・バートンのコープスブライド」

素敵な世界観だ!死人の花嫁・・花嫁が死体!この世とあの世の行き来が物凄く愉快で、ブラックな笑いとそのセンスに感動さえしてしまう。グロテスクな中にも吹き出すような笑いが詰まっているのがやっぱり楽しくて好きだなぁ・・。終始ニヤニヤ度は高かった。眼孔か....

コープス ブライド

6.5点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。)パペットを使ったストップモーション・アニメはちょっぴりダークな世界観に見事にマッチしていたし、キャラもそれぞれきっちり性格付けされていて分かり易かったけど・・・大絶賛出来る程の作品じゃないんだよなぁ

★「ティム・バートンのコープスブライド」

「チャーリーとチョコレート工場」に続くティム・バートンXジョニー・デップ。しかも、「ナイトメア・ビィフォア・クリスマス」調のストップモーション・アニメ。2005年製作のファンタジック・ラブ・コメディ・アニメ、77分もの。あらすじ成り上がりの金持ち(魚屋)

映画館「コープスブライド」

せっかく、吹替えはジョニー・デップ&ヘレナ・ボナム・カーターがやっているっていうのに、地元の映画館では日本語吹替え版しか上映されていませんでしたので、仕方なく日本語で観てきました。どうしても「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」と比較してしまいます...

ティム・バートンのコープスブライド

 ウンパ・ルンパも参加!?

ティム・バートンのコープス・ブライド

「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」から12年…。10年の歳月をかけて丁寧につくられた、ストップモーション・アニメの最高傑作!キャラクターの質感、そして動きや表情が自然で素晴らしい。

「コープス・ブライド」

「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」と同じストップモーション・アニメで撮られた、ティム・バートン最新作。ストップモーション・アニメって相当手間かかるらしいですが、独特の質感がCGを見慣れた目にはとても新鮮で、ちょっと物悲しいラストのコープス・ブライドの美

コープス・ブライド

ちょっと眠いけれど,涙を誘う場面もあるファンタジックラブストーリー。

コープス ブライド

ホネまで愛してくれますか?2005年 アメリカ監督 ティム・バートン/マイク・ジョンソン声の出演 ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム=カーター/エミリー・ワトソン/トレイシー・ウルマン/ポール・ホワイトハウス/アルバート・フィニー/ジョアンナ・ラムレイ/リチャード・E

おどろおどろしさの中に愛が溢れる◆『ティム・バートンのコープス・ブライド』

10月25日(火)TOHOシネマズ木曽川にて19世紀ヨーロッパのとある村。お金はあるが家柄が悪く、上流社会に憧れるヴァン・ドール家の息子、ヴィクター(声・ジョニー・デップ)と、上流階級の出で家柄は立派なものの、お金はとうに底を突いていた落ちぶれた貴族のエヴァー....

ティム・バートンのコープスブライド TIM BURTON CORPSE BRIDE

ティム・バートン製作 ストップモーション・アニメ映画ジョーニー・デップが声の出演をしているアニメーション映画19世紀のロシアの民話を ストップモーション・アニメにしています主人公ヴィクターは裕福な家庭に暮らし、一方のヴィクトリアの家は家系が由緒正しいのです

コープス・ブライド(2005/イギリス/監督:ティム・バートン)

【渋谷シネパレス】「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」(レビュー未掲載)以来の、ティム・バートンのストップモーション・パペットアニメ。パペットアニメといえば、ヤン・シュヴァンクマイエルを始めチェコ産が好きな私は、ティム・バートンのパペットアニメ(ナイト

【映画】ティム・バートンのコープス・ブライド

"Tim Burton's Corpse Bride" 2005年アメリカ監督)ティム・バートン マイク・ジョンソン声の出演)ジョニー・デップ ヘレナ・ボナム=カーター エミリー・ワトソン満足度)★★★☆ (満点は★5つです)シネプレックス幕張にて 19世紀末のイギリス。

コープス・ブライド

昨日観てきました~金はあるけど魚屋の息子ビクターと、貧乏だけど家柄は良い娘ビクトリア。親同士が欲得で決めた結婚。結婚前夜、式のリハーサルに失敗したビクターは 一人森の中で練習をし、間違ってコープスブライド(死体の花嫁)に指輪をはめてしまう。。。&nbsp...

コープスブライド

先月の「チャーリーとチョコレート工場」に続く、バートン作品の登場だ。こんなに仕事する時間、どこにあったんだ?奇才の新作が次々と観られるのは、ものすごく幸せなのかもしれない。公開初日、レイトで観てきた。

映画「ティム・バートンのコープスブライド」

原題:TIM BURTON'S CORPSE BRIDE  -二人の花嫁- 19世紀ロシア民話を元にしたストップモーション・アニメによる映画化、ティム・バートン監督とジョニー・デップ(声)のコンビ作品。・・・結婚式の予行演習を失敗して気落ちする気弱な若者ビクター、帰り道、誓いの言

「コープス・ブライド」鑑賞

ティム・バートンのストップモーション・アニメ「コープス・ブライド」を鑑賞。スイマセン…不覚にも普通に見入ってしまいました。かなりの秀作と評価させて頂きます。鑑賞後、純愛したくなりました…(そら~もうココロ荒んでますので…)「愛」がイチバン大切な....

ティム・バートンのコープスブライド

ティム・バートンのコープスブライドTIM BURTON'S CORPSE BRIDE監督 ティム・バートン マイク・ジョンソン声の出演 ジョニー・デップ ヘレナ・ボナム=カーターイギリス 2005

ティム・バートンのコープスブライド

★本日の金言豆★corpse:死体 bride:花嫁2006年3月3日発売 ティム・バートン監督作品って、見た目ハチャメチャで常識破りなようでいて、実は根本的な部分はきっちり王道をおさえ

ティム・バートンのコープスブライド

【TIM BURTON'S CORPSE BRIDE】2005年/アメリカ 監督:ティム・バートン、マイク・ジョンソン  出演(声):ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、エミリー・ワトソン、トレイシー・ウルマン森の中で花嫁

『コープスブライド』☆ツタヤ映画DVD日記

『コープスブライド』 YU『これ他の映画の予告に出ていて絶対見たいって思っていたやつだったよね』 MI『そうだったよね。どんなものかなって期待していたよね』 YU『初めは、なんだ?って感じだったね』 MI『でも後半とかはとても引き込まれていったよね。』 YU

『コープスブライド』

『コープスブライド』 以前レンタルしたビデオの予告に入っていたので 是非見たいと子供達と話していた作品。 すごい時間をかけて作っているためか少し時間が短めでした。 でもなかなか評価は難しいなぁ どう面白いのかと言われると断言できないけれど、 でも

コープス・ブライド

ティム バートンのコープスブライド 特別版 ¥2,555 イギリス 2005年ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム・カーター、エミリー・ワトソン、トレイシー・ウルフマン、ポール・ホワイトハウス、アルバート・フィニー、クリストファー・リー、リチャード・E・グラン

ティム・バートンのコープスブライド

2005年製作のイギリス映画。全米最高2位、興行成績$53,337,608。『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のティム・バートンが贈るストップモーションアニメ。ひょんなことから死体にプロポーズしてしまった青年・ビクターと、その言葉を真に受けて死界から蘇ったゾンビのド

コメントの投稿

非公開コメント

TB&コメント有難う御座いました♪

どーしてもビジュアルがストーリーや演出よりも優先されてる感は拭えませんね^^;
どれだけそこに目を潰れるかでこの作品に対する評価が変わるよーな気がします。
ワタクシは「う~ん・・・」と思いつつも結構許せてしまいました(^^ゞ

ではでは、これからもよろしくお願いします。

ジョニーの吹き替え、普段の声じゃなくてわかりづらかったですよね。吹き替え版で観ないで返却しちゃいましたが、評判がいいみたいですね。損しちゃった~(´ヘ`;)

こんにちは

エミリーは裏切られたことがトラウマになってるので、自分のことを大事にして結婚してくれる人であったら極端に言えば、誰でも良かったんだと思う。それも寂しいけどね。

私も声では判別できないし、英語もわかりませんが、映画に集中できるような気がして、字幕で観てしまいます。

Aki. さま

もちろんティム・バートンの作りだす世界観は
いつもどおり素晴らしかったのですが、
どうもキャラクターに魅力を感じなかったんです。

shakeさま

吹替え版結構良かったんですよ。
でも誰の声だったか全くわかんないですよね。
声優さんなのかな?

カヌさま

そうですかぁ。
誰でも良かったのかぁ。
寂しい話です。
でも考えてみると彼女は可愛い女性ですね。

TBありがとうございました!

タンタンさん、こんにちは!
死者の世界のほうが生者のそれよりも楽しそう、というティム・バートンらしい世界でしたね!
とんでもなく面白い、というほどでは無かったものの愛すべき作品だと思います。

Kenさま

死者の世界の方が楽しいようにわざと描いてるんですね。今気が付きました!
そう思えばすべて納得いきます!

ラストの蝶は私もホロリときました。
成仏できて良かったね~と。
バートンの世界観を見ることできて満足です^^

ミカ さま

あのCG全然かわいくなくって、ちょっとひきました。やっぱり実写の方が私が好き。

アニメの場合は絶対吹き替えの方が楽しく見れますよね。
でもこの作品だけは別(;^◇^;)ゝ
ジョニー・デップがやっていたからこそなんですけど
どんな顔してジョニーがこの声出していたのかなぁ
なんて考えながらニヤニヤしてしまいました。

ジュンさま

ジョニー・デップってティム・バートン作品の顔みたいになってますよね。
ニヤニヤする気持ちわかります(笑)
でもいまいち彼の声って覚えれないんですよね。

最後にエミリーが蝶になる

あのシーンに感動しました。
ジョニー・デップの声は、少し頼りなげなビクターにぴったりだったと思いました(特にジョニデファンではないのだけれど。。。)

それよりも、やはりコープス・ブライドが段々とかわいらしく見えてくるところに、この作品を作った職人さんたちのすばらしさを感じました!

Dさま

この映画いいって言う人多いけど、いまいち私は好きじゃないんです。
最後の蝶になるシーンはすばらしかったですけど。
あと、骨になった犬(名前なんだっけ?)は可愛かったです。
プロフィール

タンタン

  • Author:タンタン
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー

リサ&ガスパール リサ 座り M
リサ&ガスパール リサ 座り M

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。