スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッド・エデュケーション

バッド・エデュケーションLA MALA EDUCACION / BAD EDUCATION
2005年 スペイン


なにかのインタビューでアルモドバルの映画は抽象画を鑑賞するようなもので、簡単には理解できないものだと言ってた。
確かに言いたいことがストレートには伝わってこないとこがある。
私なんか見終わっても「???」でした。

アルモドバルはもちろん、スペイン映画は性的なものが多い気がする。
ゲイも必ず出てくるし。

この話も基本はゲイです。
「うっ!」とか「おぉっ!」とかいうシーンがありありで、ちょっとのけぞりました。
特にガエルくんがパンツを脱ごうとして止めたとき、こんな映画を1人で見ている自分が、超スケベ人間になったような気がした。(ま、嫌いじゃないけどw)

ガエルファンとしては、この映画の彼は久々に美しく撮られていて嬉しかった。特に美しい瞳が炸裂してました。
どうして彼の目はあんなに綺麗に見えるのでしょう?きっとあれは瞳の色によるのだと思うのですが、画面越しには何色なのかよくわかりません。
生の瞳が見てみたい~。

女装も綺麗だったけど、結構ごつかったっす。
 
ペドロ・アルモドバル・セレクション DVD-BOX
ペドロ・アルモドバル・セレクション DVD-BOX

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

肌に合わない同性愛映画◆『バッド・エデュケーション』

6月1日(水)TOHOシネマズ木曽川にて『アモーレス・ペロス』のガエル・ガルシア・ベルナルが、『オール・アバウト・マイ・マザー』のペドロ・アルモドバル監督とタッグを組んだ作品。実は、アカデミー賞の外国語映画賞を受賞した『オール・アバウト・マイ・マザー』は、....

バッド・エデュケーション

 アルモドバル監督の半自叙伝的映画だなんて、ひょっとして彼はゲ、ゲ、ゲ・・・

サスペンス、復讐、そして愛 「バッド・エデュケーション」

評価:80点{/fuki_suki/}バッド・エデュケーションアミューズソフトエンタテインメントこのアイテムの詳細を見るゲルマニウムの夜、シレンティウムに続いて、今年、神父による性的虐待を盛り込んだ映画を観るのは3本目になります。流行ってるんですかね?神父の性的虐待

『バッド・エデュケーション』

----アルモドバルの映画って、最近日本で受けてるよね。どう?こんどのもヒットしそう?「う~~む。どうだろう。彼の映画って女性賛歌みたいなところがあったけど、今回はホモセクシャルが前面に出てるからなあ。しかも寄宿学校内の神父による少年への性的虐待が描かれる。

映画「バッド・エデュケーション」

映画「バッド・エデュケーション」 ★★★★ストーリー:1980年、マドリード。新進気鋭の映画監督エンリケ(フェレ・マルチネス)の元に、神学校の寄宿舎で共に少年時代を過ごしたイグナシオ(ガエル・ガルシア・ベルナル)が訪ねてくる。幼い頃の面影が全くないイグナシオ

「バッド・エデュケーション」

 2004年/スペイン 監督/ペドロ・アルモドバル 出演/ガエル・ガルシア・ベルナル     フェレ・マルチネス 大好きなガエル・ガルシア・ベルナル主演。監督はペドロ・アルモドバル。 アルモドバル監督らしい作品。女装・同性愛。でも、切ないほど深い愛。観る人を

『バッド・エデュケーション』

バッド・エデュケーション / アミューズソフトエンタテインメントガエル主演、ペドロ・アルモドバル監督作品。仕事に行き詰まりを感じていた映画監督のエンリケの所に、幼い頃の同級生のイグナシオが突然訪ねてくる。神学校の寄宿舎で共に過ごしたエンリケとイグナシオの16

『バッド・エデュケーション』を観ました。

当Blogでも何度か取り上げた作品。ガエル・ガルシア・ベルナル と フェレ・マルチネスの共演という事もさる事ながら、作品の裏にある深さとでも言えば良いのか、何か引っかかる様なモノが感じられて、そんな不思議な感覚に惹かれたのかも知れません。さすがに何度か記事....

「バッド・エデュケーション」

おっ、どこかで見たと思ったら、主演は「モーターサイクル・ダイアリーズ」のガエル・ガルシア・ベルナル。ラテン系若手俳優人気ナンバー1ではないでしょうか!!!2004年・スペイン製作のミステリー・ドラマ、105分もの。 

バッド・エデュケーション*BAD EDUCATION

ガエル・ガルシア・ベルナルの美と天真爛漫な笑顔は、罪である・・。

Bad Education

All About My MotherのPedro Almodovar監督の半自伝的作品。映画監督として有名になったエンリケのもと同じ神学校で少年時代を過ごしたイグナシオが自分たちの自伝を映画化しないか、と脚本

『バッド・エデュケーション』~フィルム・ソワーフ~

『バッド・エデュケーション』 公式サイト 監督:ペドロ・アルモドバル出演:ガエル・ガルシア・ベルナル フェレ・マルティネス ハヴィエル・カマラ  【あらすじ】(goo映画より)1980年、マドリッド。若くして映画監督として成功したエ...

バッド・エデュケーション

仕事先の社長さんが、「始業時間を30分早めてもいい??」って私に聞いてきた。その分、給料は上がるのか??と聞いたら、「それはないけど、その代わり勤務時間中(暇になった時)にまるまる30分休憩していいよ!!」って言われた。冗談じゃないぜ!!た...

バッド・エデュケーション 2004年/スペイン

監督:ペドロ・アルモドバル脚本:ペドロ・アルモドバル出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、フェレ・マルチネス、ハビエル・カマラ『この愛の物語をすべての人々に捧げる。』―ペドロ・アルモドバル―映画を語る上で、映画は娯楽or芸術という議論がしばしばなされる。この監

ペドロ・アルモドバル「バッド・エデュケーション」●MOVIEレビュー

 美しさは官能。醜さも官能。  美と醜。人の内奥に潜む対照的な「官能」のどちらをも刺激してくれる快楽に満ちた映画。  若いゲイの映画監督のもとに、かつて恋心を抱いた親

バッド・エデュケーション

少年時代の初恋、再会、そして…

バッド・エデュケーション

バッド・エデュケーションLA MALA EDUCACION 監督 ペドロ・アルモドバル出演 ガエル・ガルシア・ベルナル フェレ・マルティネススペイン 2004

コメントの投稿

非公開コメント

TBありがとうございました

こんにちは♪
たしかにアルモドバル監督の作品って抽象画って感じですよね。
いつも雰囲気のみ味わって、理解なんてしていない気がします(笑)
ガエルくんがパンツを・・・ああ~~~あのブリーフ姿を思い出しちゃうわ~(爆)

ミチ さま

私も結局何が言いたいのかわからないまま
けむに巻かれた気分です。
あのブリーフ脱ごうとしてやめたとき
「ちっ!」って思っちゃいましたよ(爆)


ガエルの瞳・・・

こんにちは♪
アルモドバル作品の中では、やはり私的にもこれは難解でした。監督自身の体験談とも言われていますが、で、何が言いたかったのか・・・

ガエルの瞳は本当に美しいですよね~。グリーンなのかブラウンなのか、光の具合によっても違うのでしょうね。次回作『The King』の公開が待ち遠しいです♪

nonさま

こんにちは~。
グリーンでブラウン、そんな感じですよね。
しかもかなりウルンでるせいか、光を反射しまくって
るんですよね~。
あんな目に見つめられてみたい!!!
次回作『The King』ってゆうんですか。
どんな役なんでしょ~。楽しみ~。

nicoco

TBありがとうございます!

吸い込まれそうな瞳でございますよ。。笑
そのうち来日してくれるかも?ですね。
是非近距離で!笑
潤ってる瞳なんじゃないかなあ~。。。
キラキラしてる感じがしますよ♪

nicocoさま

こんばんは~。
ほんと見とれてしまいます。
あれでもっと身長があれば・・・(禁句)
ガエルくんはハリウッド大作には出ないんでしょうかね~。

こんにちは。

ガエルくんの白のブリーフ、なんか忘れられません(笑)
わ~そうですね、ガエルくんきれいな瞳でした!
1人で3役もこなして、彼がいなくちゃなりたたない映画ですよね。

ミカ さま

そうなんです、白ブリーフにつきるんです。
私この映画といえばあのシーンが真っ先に浮かんじゃうんです。
きっと、ミカさんもそうなります・・・ふっふっふ
プロフィール

タンタン

  • Author:タンタン
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー

リサ&ガスパール リサ 座り M
リサ&ガスパール リサ 座り M

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。