スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit
ロゼッタ
ロゼッタRosetta
1999年 ベルギー・フランス

ストーリー:酒浸りの母親とトレーラーハウスで生活するロゼッタ。働いていた工場から突然解雇された彼女は、新しい仕事を探すが見つからない。そんな時、ワッフル・スタンドの店員リケが、仕事に空きができたことを知らせに来る。

去年の11月NHKの「クローズアップ現代」になんとダルデンヌ兄弟が出演していた。どうやら「ある子供」の日本公開に合わせての出演らしい。番組内ではこの「ロゼッタ」も詳しく紹介されていてすごく興味をそそられた。

とにかく貧しい暮らしのロゼッタは、職を得ることに必死であるが、せっかく採用になったワッフル屋も3日でクビになる。どうしても仕事が欲しいロゼッタは親切にしてくれたリケの不正を密告し、クビになった彼の代わりに仕事を得る。
人間”堕ちるとこまで堕ちた”などとよく言うが、この映画を見て”堕ちた人”とは極貧生活でみじめな生活をする人ではなく、親切な友人を卑怯なやり方で裏切る人なんだと思えて仕方なかった。

もちろんこの映画には、ベルギーの深刻な不況という背景がある。若者達は学校を卒業しても仕事がないのだ。日本でロゼッタのように必死で仕事にしがみつく若者なんているだろうか。

撮影は手持ちカメラで撮られていて、息遣いさえ感じるドキュメンタリータッチだ。ロゼッタのせかせかした歩き方がまたリアルっぽい。この監督の映画はいつも「そこで終わったら嫌!」ってゆうとこで終わる。「ある子供」の終わり方が楽しみだ。
スポンサーサイト
【2006/02/08 00:57】 映画 ら行 | トラックバック(3) | コメント(2) | edit
<<2046 | ホーム | 終わりで始まりの4日間>>
コメント
終わり方、またブチッ(゚Д゚;)ってな感じなんでしょうかねw
リアリズムもここまで追求されるとフィクションって何だろう、とか思ったり。ロゼッタがごつかった・・・
ロゼッタの記事、あまり見かけないんでTBさせて頂きます。
【2006/02/10 01:21】 URL | lin #XHLKTYlo[ 編集] | page top↑
ほんとあの終わり方は、突っ込まずにはいられません。
ベルギーの名物といえばワッフルですが、ビール飲みながら食べてるのには驚きです。
もしかしてワッフルは主食?
【2006/02/10 21:26】 URL | タンタン #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gael.blog3.fc2.com/tb.php/171-d7546d0a
「ロゼッタ」
 ロゼッタ「ロゼッタ」 ★★★ROSETTA (1999年ベルギー/フランス)監督:リュック=ピエール・ダルデンヌ、ジャン=ピエール・ダルデンヌキャスト:エミリー・ドゥケンヌ、 NUMB【2006/02/10 01:17】
ダルデンヌ兄弟...「ロゼッタ」「息子のまなざし」
ベルギー人監督リュック&ジャン・ピエール・ダルデンヌ兄弟の2作品。シアターで「ある子供/2005」を観る前に、DVDで「ロゼッタ/1999」を観、そして「ある子供」を観た後wowowで放映されていた「息子のまなざし/2002」を観たのだが...この兄弟監督作品に共通するものは... ヨーロッパ映画を観よう!【2006/02/18 23:59】
ある子供&イゴールの約束&ロゼッタ
ベルギー映画監督のダルデンヌ兄弟特集、カンヌ国際映画祭で高い評価を得た不思議な感覚の映画だよね、・・かたくなだけど、リアルに必死に生きていく・・映画『ロゼッタ(1999)』原題:Rosetta キャンプ場のトレーラーハウスで母親と暮らすロゼッタ(エミリー・デュケン 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~【2006/12/09 02:19】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。