スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit
シンデレラマン
シンデレラマンCinderella Man
2005年 アメリカ

公開当時、評判よかったように感じてたので、かなり期待してみた。
確かにいい作品だと思うのだけど、「ミリオンダラー・ベイビー」を見てしまった今となっては、見劣りしてしまった。
大恐慌ものとしては既に「シービスケット」があるし、公開年がもっと早ければ・・・

月イチゴローで吾郎ちゃんが「ヒネリがない」と言ってたのがビンゴです。
でも実話をそのまんま描いてこれだけ感動的に仕上がってるのは、評価できると思う。

私は後半の試合のシーンよりも前半の極貧時代の方が面白かった。
ジミーがボクシングのえらいさん達にお金の無心をするシーンなんか、こっちがへこみそうだった。大の男があんなことするなんて、プライドずたずたと思うのだが、彼はそれよりも子供との約束を大事にした。人ってプライドのおきどころで、こんなことまでできるんだと思った。
後半のボクシングシーンを見てたら、腹筋に力はいってなんかどーっと疲れた。
どっちが勝つかハラハラしまくりでした。

キャストの中ではマネージャー役のポール・ジアマッティにびっくり。
「サイドウェイ」とのマイルズと同じ人とは思えん。こんな弾けた演技もできるのか!役者ってほんとすごい。

ところでこの映画の製作についての過去記事を読んでると最初は

ビリー・ボブ・ソーントン監督でベン・アフレック主演
       ↓
ラッセ・ハルストレム監督でクロウ主演
       ↓
ロン・ハワード監督でクロウ主演
 
という経緯をたどっている。

私はラッセ・ハルストレム監督すごい好きなんで、彼が撮ったらどうなっただろうと想像せずにはいられない。ラッセ・ハルストレムは以前にも「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」をディカプリオのスケジュールの関係で降板している。
スポンサーサイト
【2006/01/28 01:46】 映画 さ行 | トラックバック(29) | コメント(18) | edit
<<マラソン | ホーム | Amazonのアフェリ収入があった!>>
コメント
ポール・ジアマッティが、いい味を出していましたね!
確かにサイドウェイとは全く違う役柄。

ベン・アフレック主演 は有り得ないかな・・この作品

【2006/01/29 00:59】 URL | yuki #-[ 編集] | page top↑
ポール・ジアマッティはじけてましたよ。
ベン・アフレック主演、笑えます。
【2006/01/29 01:45】 URL | タンタン #-[ 編集] | page top↑
タンタンさん、こんにちは♪
ベン・アフレック主演にならなくてよかった~(笑)
ひねりはないですが、実話だからしょうがないですよね。
私もポールが「サイドウェイ」と同一人物なんて信じられません。
彼になにか賞を上げたいな~。
【2006/01/29 09:31】 URL | ミチ #0eCMEFRs[ 編集] | page top↑
おはようございます。

この監督&主演の変遷は知りませんでした。
それぞれ全く違った映画になったでしょうね。
そう言えばこの映画が公開されていた頃、
「アカデミー賞有力」なんて言葉が踊っていましたが、
やはりそれはなくなりましたね。

でもポール・ジアマッティはよかったな。
【2006/01/29 09:50】 URL | えい #3ObD7mQw[ 編集] | page top↑
タンタンさん、こんにちは!
この映画の「ヒネリの無さ」、僕は逆に新鮮に感じました。ボクシング・シーンの迫力、逆境からハッピーエンドへの流れ、こういうのを味わうのも映画的醍醐味なんだよなあ、と再認識させられました。
ところでこの映画、ラッセ・ハルストレムが監督するかもしれなかったんですか!それも是非観てみたかったですね。僕もハルストレムさん好きです。


【2006/01/29 11:45】 URL | Ken #-[ 編集] | page top↑
こんばんわ♪TB有難うございました♪

自分はこの映画でポール・ジアマッティを初めて知ったのですが、彼の演技1つ1つが妙に印象に残るんですよね。
こんな良い役者さんを知らずに観てたとは迂闊です・・
【2006/01/29 22:36】 URL | メビウス #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
ほんとベンアフじゃなくて良かったです。
実話でストレートな話をここまで仕上げたのは
すごいことです。
ポール・ジアマッティ助演男優賞獲れたらいいのにね。
【2006/01/30 00:00】 URL | タンタン #-[ 編集] | page top↑
「アカデミー賞有力」まさに映画会社の宣伝文句ですね。ラッセル・クロウもポール・ジアマッティも演技は良かったと思います。
【2006/01/30 00:09】 URL | タンタン #-[ 編集] | page top↑
そうですね。
こういうストレートな映画も必要です。
映画を初めて見る人もいるわけですし。
オチの意外性ばかり追い求めるこのごろでは
確かにこういうのはかえって新鮮ですね。
【2006/01/30 00:15】 URL | タンタン #-[ 編集] | page top↑
ジアマッティはこの映画と「サイドウェイ」しか見てないのですけど、この2つがあまりにも対照的で
ビックリしました。
【2006/01/30 00:19】 URL | タンタン #-[ 編集] | page top↑
主演の2人はあまり好きではなかったけれども、ポール・ジアマッティ目当てで観ました。タンタンさんの言うように『サイドウェイ』とは対照的だけど存在感のある演技で嬉しかったです(^^)
【2006/01/30 11:51】 URL | カヌ #-[ 編集] | page top↑
私もゴローちゃんが言うとおり、「ひねりがない」に同感でした。ロン・ハワード監督大好きなんですけど、この作品には会わなかったように感じてしまいました。
ラッセ・ハルストレム監督だったら、どんな風に仕上がったのか非常に気になるところですね。
【2006/01/30 21:28】 URL | shake #-[ 編集] | page top↑
ポール・ジアマッティ目当てですか~、しぶすぎます。
次はどんな役に挑むのでしょう。楽しみです。
【2006/01/30 23:20】 URL | タンタン #-[ 編集] | page top↑
実は私ゴローちゃんの言うことは結構信用してます。
監督に関しては、ハルストレムの方が見たかったかなぁとちょっぴり思ってます。でもロン・ハワードの作品把握してないので早速チェックしなければ・・・
【2006/01/30 23:26】 URL | タンタン #-[ 編集] | page top↑
こんにちわ!
ラッセル・クロウ好きとしては良かったです♪
ベン・アフレック・・・・どうも彼にはオーラを感じない(爆
【2006/01/31 15:08】 URL | PINOKIO #-[ 編集] | page top↑
ラッセル・クロウ好きにはたまらん映画でしょう。
私もたまにあの笑顔に騙されそうになりますw
【2006/01/31 23:29】 URL | タンタン #-[ 編集] | page top↑
私はボクシングシーンは苦手なので身体硬くなって観てました。
格闘技好きな人にはあの長いシーンたまらなかったでしょうね。
この夫婦最後までずっといい人だったなぁ。
【2006/02/07 23:12】 URL | ジュン #6ZS2/17k[ 編集] | page top↑
後半のボクシングシーン長かったですね。
私もあんまり好きじゃありません。
あの夫婦とにかくアツアツでした。
【2006/02/08 00:41】 URL | タンタン #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gael.blog3.fc2.com/tb.php/167-eb815b4b
シンデレラマン
ドラマ/スポーツ2005年 アメリカ監督 ロン・ハワード 出演 ラッセル・クロウ/レネー・ゼルウィガー/ポール・ジアマッティ/クレイグ・ビアーコ/ブルース・マッギル/パディ・コンシダイン/コナー・プライス/アリエル・ウォーラー/パトリック・ルイス/ロン・カナダ/デヴィ レンタルだけど映画好き 【2006/01/29 01:00】
アカデミー賞はちと厳しいか 「シンデレラマン」
評価:70点シンデレラマン銀座のヤマハホールでの試写会に行ってまいりましたー。私は「こちとら自腹じゃ!!」的な精神があって、「自分で金払って、時間使ってんだから、どんなに酷評しようといいだろ!!」という考えの持ち主なのですが、今回は試写会・・・酷評しなけ 平気の平左【2006/01/29 01:04】
シンデレラマン
 歯を落としちゃった・・・今度はマウスピースも落としちゃったよ・・・タイトル戦まで落としちゃったらどうしよう・・・ 「アカデミー賞最有力候補!」などというキャッチフレーズが付いてしまうと、ちょっと身構えてしまうものだ。しかも実話である。一昨年の『シービス ネタバレ映画館【2006/01/29 01:05】
ボクシングで脱落しても、人間として堕落しなかった男◆『シンデレラマン』
9月13日(火)試写会(TOHOシネマズ木曽川)にてアメリカ大恐慌の時代、人々に希望を与えた&quot;シンデレラマン&quot;と呼ばれたボクサーが居た。前途有望なプロボクサー、ジム・ブラドック(ラッセル・クロウ)は、妻・メイ(レネー・ゼルウィガー)と3人の子供に囲まれ、 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」【2006/01/29 01:10】
★「シンデレラマン」
最近ちょっと忙しくてチネチッタに行けなかったけど・・久しぶりに観に行ってきました・・・しかし・・・1個前に見たDVDで苦手女優K・Dを見てしまった後に・・・もうひとりの苦手女優R・Zの出演映画を観てしまうとは・・・今週は「ひらりん的苦手女優克服週間」なのかも・ ひらりん的映画ブログ【2006/01/29 02:31】
シンデレラマン
6点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。)もっとすんごい感動するかと思っていたのですが・・・そこまでの感動はなかったんですよね~。それもこれも全体的に説明不足&描写不足だからでしょう。先ず、宣伝通りヒューマン系として観ると当時の社会的背景に描 ぶっちゃけ…独り言?【2006/01/29 05:54】
シンデレラマン
六本木のプレミア試写会に行ってまいりました。レッドカーペットもレネー到着するまでやじ馬で見てました…それにしても今回のレッドカーペットは誰でも見れたです。ラッセルがくればどうなっていた事か…舞台挨拶に現れたレネー・ゼルウィガー、とっても顔が小さくて細いし シャーロットの涙【2006/01/29 08:20】
シンデレラ・マン CINDERELLA MAN
ラッセル・クロウ,レニー・ゼルウィガー主演二年続けてボクシング映画のアカデミー賞?どうもこの作品は来年2006年のアカデミー賞を狙っているようだロン・ハワード監督 ブライアン・グレイザー、トッド・ハロウェルこのメンバーだとそう思われてもしかたないジム・ブラド travelyuu とらべるゆう MOVIE【2006/01/29 08:48】
映画「シンデレラマン」
映画館にて「シンデレラマン」 ★★★★☆ストーリー:ボクサーとして華やかな戦歴を持つジム・ブラドック(ラッセル・クロウ)だったが、全盛期も過ぎ、ライセンスを剥奪されてしまう。どん底の生活が続く中、ある日、元マネージャーから1日のみの試合復帰を持ちかけられ ミチの雑記帳【2006/01/29 09:28】
『シンデレラマン』
-----なになに?まだ6月というのに、アカデミー賞最有力候補だって?「いくらなんでも気が早すぎるよね。ロン・ハワード&ラッセル・クロウ、そしてレニー・ゼルウィガーとくれば、確かに何かやってくれそうだけど」-----可能性あるの?「まず難しいだろうね」----そりゃま ラムの大通り【2006/01/29 09:52】
【映画】シンデレラマン
&quot;Cinderella Man&quot; 2005年アメリカ監督)ロン・ハワード出演)ラッセル・クロウ レニー・ゼルウィガー ポール・ジアマッティ満足度)★★★★ (満点は★5つです)ワーナー・マイカル・シネマズ市川妙典にて 大恐慌下の1930年代アメリカ。かつてはチャ セルロイドの英雄【2006/01/29 11:23】
シンデレラマン
ボディブローのような感動はあるけれど,ガツンとくるものは無い。 Akira's VOICE【2006/01/29 14:15】
映画館「シンデレラマン」
ヨカッタです。フツーに良かったです。家族愛と、ボクサーとしての復活、ストーリーも面白かったし、キャストもピッタリはまっていて申し分ございませんでした。前半は家族愛、後半はボクサー復活といった感じ。ラッセル・クロウのボクシングシーンもなかなか迫力が... ☆ 163の映画の感想 ☆【2006/01/29 19:48】
シンデレラマン(評価:◎)
【監督】ロン・ハワード【出演】ラッセル・クロウ/レネー・ゼルウィガー/ポール・ジアマッティ/クレイグ・ビアーコ/ブルース・マッギル【公開日】2005/9.17【製作】アメ シネマをぶった斬りっ!!【2006/01/29 22:33】
『シンデレラマン』
家族の幸せだけを願っていたら、いつのまにか“アメリカ”の希望になっていた・・・これは、そんな父親の物語です。■監督 ロン・ハワード■キャスト ラッセル・クロウ、レニー・ゼルウィガー、ポール・ジアマッティ、クレイグ・ビアーコ□オフィシャルHP  http://www 京の昼寝~♪【2006/01/30 00:11】
シンデレラマン
ビューティフル・マインドのハワード監督とラッセル・クロウが描く感動の実話。2005年 アメリカ ヒューマンドラマ スポーツドラマ2005年10月12日 川崎チネチッタ監督 ロン・ハワード(ビューティフル・マインド)出演 ラッセル・クロウ(グラディエーター、ビューティ ももママの心のblog【2006/01/30 08:57】
シンデレラマン
&nbsp;ミリオンダラーベイビーがボクシングものだったので「またボクシングかー、、でも実話なのかー。」・・・くらいの気持ちで試写会見に行ったのですが。思いのほか良かった。・゚・(ノД`)ヽ&nbsp;大恐慌時代、昔は無敗のボクサーとして名をはせていたけれど 今は家... 色即是空日記+α【2006/01/30 11:37】
「シンデレラマン」
約1ヶ月ぶりの劇場での映画鑑賞!ばたばたしていて行きたくても行けなかったので、久々の大画面はやっぱり良いですね。上映最終日になんとか間に合いました。ラッセル・クロウ、レネー(でいいんですかね?)・ゼルウィガーは、それほど好きな俳優じゃないし、アカデミー狙 the borderland【2006/01/30 11:40】
シンデレラマン
ボクサーであるのに怪我、そして大恐慌。そんな不遇な時代をささえあいながら、精一杯真っ正直に生きる家族の姿が、ロン・ハワード監督らしい、あたたかみのあるタッチで描かれていました。 シェイクで乾杯!【2006/01/30 21:37】
「シンデレラマン」
GTF「シンデレラマン」 イイノホールで鑑賞朝の作品ががらがらだったのにいやーー、混んでました。後ろの上のほうほんの少々空いていたようですが。ラッセル・クロウ、レネー・ゼルウィガー、ロンハワードのオスカートリオがタッグを組んで来年のオスカーに望む…ですよ てんびんthe LIFE【2006/01/30 22:22】
シンデレラマン
【CINDERELLA MAN】2005年/アメリカ 監督:ロン・ハワード   出演:ラッセル・クロウ/レネー・ゼルウィガー/ポール・ジアマッティ栄光と挫折、最後はそこからはい上がるボクサーをラ BLACK&WHITE【2006/02/07 23:10】
映画「シンデレラマン」
原題:Cinderella Man  -貧困から抜け出したらヒーロー- 1920年代から1930年代にファイトした男、骨折から引退するもセカンドチャンスを掴み大恐慌時代のアメリカに希望を与えるチャンピオンになった実在のボクサーの物語。ジム(ラッセル・クロウ)と彼を支える妻メイ( 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~【2006/02/18 11:43】
シンデレラマン
シンデレラマン2005年 アメリカ監督:ロン・ハワード出演:ラッセル・クロウ&nbsp;,&nbsp;レニー・ゼルウィガー&nbsp;,&nbsp;ポール・ジアマッティ&nbsp;,&nbsp;クレイグ・ビアーコStoryロン・ハワード監督、ラッセル・クロウとレニー・ゼルウィガー共演による感動の人間ド しーの映画たわごと【2006/02/18 22:47】
シンデレラマン
『シンデレラマン』 2005年アメリカ(144分)監督:ロン・ハワード 出演:ラッセル・クロウ   レニー・ゼルウィガー   ポール・ジアマッティ   クレイグ・ビアーコ    ブルース・マッギル★ストーリー★大恐慌時代、ひたむき.... WILD ROAD【2006/02/19 22:20】
『シンデレラマン』
「金に切れ目が生じても、家族や親友との縁は切れない」というのが、「シンデレラマン」の主題かな? ストーリーの潤い(うるおい)【2006/03/08 19:29】
『シンデレラマン』
シンデレラマン監督:ロン・ハワード CAST:ラッセル・クロウ、レニー・ゼルウィガー他貧しい生活からヒーローになったボクサー、ジョー・ブラドックの実話。1933年大恐慌のアメリカ。かつてボクサーとして華やかな戦歴を持っていたジョー・ブラドック(ラッセル・クロウ) *Sweet Days*  ~movie,music and etc...~【2006/04/13 12:49】
シンデレラマン (DVD)
シンデレラマン原題: Cinderella Man (2005)2005年9月17日 日本初公開公式サイト: http://www.movies.co.jp/cinderellaman/INDEC定期上映会2006年5月6日プログラムゴウ先生ランキング: A- 映画と本と音楽にあふれた英語塾【2006/05/11 21:02】
シンデレラマン
ラッセル・クロウ主演の実在のボクサー、ジミー・ブラドックの半生を描いた作品。手を痛め、半ば強制的に引退させられたジムは、家族を養うために日雇いで仕事をするが、なかなか思うようには稼げない。徐々に生活は困窮し、電気すら止められる始末・・・。家族が一緒に生活 Yuhiの読書日記+α【2006/07/19 23:41】
シンデレラマン
2005年製作のアメリカ映画。全米初登場4位、興行成績$61,649,911。ロン・ハワード監督、ラッセル・クロウとレニー・ゼルウィガー共演による感動の人間ドラマ。大恐慌時代、ひたむきに家族の幸せだけを願い、どん底の生活から一夜にして栄光を掴んだ伝説のボクサー、ジム・ブ シネマ通知表【2007/01/04 10:27】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。