スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit
サトクリフ「英雄アルキビアデスの物語」
英雄アルキビアデスの物語〈上〉
英雄アルキビアデスの物語〈上〉
英雄アルキビアデスの物語〈下〉
打たれました! 
サトクリフは、ほんとすばらしい。   
サトクリフを生んだイギリスにありがとうと言いたい。




司馬遼太郎を読んで歴史小説が好きになったが、今ではイギリスの司馬遼(勝手に呼んでます)サトクリフにすっかり夢中の私。

今まで読んだサトクリフの作品はブリテンが舞台だったが、これはソクラテスが生きていた時代のギリシャが舞台。
主人公のアルキビアデスはサトクリフの作品に珍しく、裏切り行為も平気でする悪い奴でもあるのだが、基本的には、民衆に圧倒的に人気があるヒーロータイプである。
物語は彼の信奉者でもある周囲の人物達の証言によって構成されている。
アルキビアデスは実在の人物である。多少のフィクションはあるとしても、こんなすごい人生を送った人がいるんだと感動した。
物語の背景のアテネやスパルタの様子もまるで見てきたみたいに書かれていて、さすがサトクリフって感じである。

ローマ人の物語〈1〉― ローマは一日にして成らず
ローマ人の物語〈1〉― ローマは一日にして成らず
←これにもギリシャ世界のことが書かれていて参考になった。 

 
スポンサーサイト
【2006/01/12 01:33】 ローズマリ・サトクリフの本 | トラックバック(0) | コメント(0) | edit
<<ウィスキー | ホーム | 13 LOVE 30 -13 going on 30->>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gael.blog3.fc2.com/tb.php/159-70b750b9
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。