スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺人の追憶

殺人の追憶MEMORIES OF MURDER
2003年 韓国

すごい映画だ。見た後しばらく興奮して眠れなかった。
ポン・ジュノ監督恐るべし。

実際に起きた連続殺人事件、華城(ファソン)事件をベースに作られている。一番のポイントはこの事件が未解決で犯人がまだ捕まっていないということ。

前半はのんびりムード、ここで地元の刑事の昔ながらの捜査や自白の強要をむしろユーモラスに描いている。ソウルから来た科学捜査を主張する刑事はまだおとなしめ。しかし後半になり犯人像が見えはじめてからの猛烈な追い上げがすごくって、彼らの逮捕への執念のすさまじさみたいなものに圧倒された。

しかし刑事たちの飛び蹴りの多さにはびっくり。手より足が出るのが早い。(リアルのニュースでも警官が人を蹴ってるの見たことあるのでどうやら国民性らしい。ってゆうかテコンドーを生み出した国だからあたりまえか)

2人の刑事のうち「大統領の理髪師」のソン・ガンホはもちろん上手いんだけど、ソウルからきた方の刑事役のキム・サンギョンが松田優作と佐藤浩一を足して2で割ったみたいな顔でかっこよかった~。最後は「L.A.コンフィデンシャル」のガイ・ピアースみたいにきれてました。

最後に少女が言ってた「どんな顔って、普通の顔よ」っていうセリフ、よく考えるとむちゃ怖い。
でもこの事件あまりにもドラマチックなんで、もっと知りたくなった。

事件関係のサイト↓

http://yami.main.jp/fason/fason.html 

華城(ファソン)事件は終わっていない~担当刑事が綴る「殺人の追憶」~
華城(ファソン)事件は終わっていない~担当刑事が綴る「殺人の追憶」~

 


スポンサーサイト

テーマ : 韓国映画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

殺人の追憶

監督 : ポン・ジュノ出演 : ソン・ガンホ , キム・サンギョン , キム・レハ , ソン・ジェホ見に行きたかったのに行けなかった映画だったのですが、DVDにて観賞後は実際映画館で見ていたらどんな印象だったのかがとても気になります。目の話せない緊張感と同....

殺人の追憶

主演ソン・ガンホ、キム・サンギョン、キム・ルェハ監督ポン・ジュノ脚本ポン・ジュノ、シム・ソンボ製作2003年、韓国虚無の悪意韓国で1980年代後半から六年間に十人の犠牲者を出し、迷宮入りした実在の未解決連続殺人事件を映画化した作品。京畿道の農村で変....

『殺人の追憶』~記憶をめぐる冒険?~

『殺人の追憶』 公式サイト DVD 監督:ポン・ジュノ出演:ソン・ガンホ キム・サンギョン  【あらすじ】(公式ページより)1986年10月23日、ソウルから50kmほど南に位置する華城(ファソン)の農村で若い女性の変死体が発見され....

DVD『殺人の追憶』

殺人の追憶(2003/韓国) 1986年10月23日、農村で若い女性の変死体が発見される。地元の刑事パク(ソン・ガンホ)は地道な取り調べを始めるが、現場は大勢の見物人で荒らされ、なかなか証拠がつかめない。やがて、第ニの事件が起きてしまう。

「殺人の追憶」

韓国で1986年~91年まで農村で10人の女性が殺された。3,000人の容疑者が調べられ、180万人の警官が動員されたがいまだに犯人は捕まっていない。という実話を元に作られた作品です。「俺の目を見ろ。」自分の直感と足で犯人探しをする地元のパク刑事(ソン・ガンホ)

『殺人の追憶』  タイトルに込められた意味・・傑作社会派サスペンス

アミューズソフトエンタテインメント 殺人の追憶 出演■ソン・ガンホ、キム・サンギュン、パク・ヘイル監督■ポン・ジュノ<ストーリー>1986年ソウル近郊の農村で起こった女性の猟奇的殺人事件。特別捜査本部のトゥマン刑事はソウル市警から来たテユン刑事

殺人の追憶

DVD「殺人の追憶」MEMORIES OF MURDER(2003/韓国)韓国で実際にあった連続猟奇殺人事件を元にしたサスペンス。謎解きミステリにするでもなく、かっこいい刑事ドラマにするでもなく映像にしているだけなのだが、それが逆に真に迫る。韓国の農村のうすら寂しさ、

殺人の追憶

ファソン連続殺人事件は1986年~1991年の間に10人もの女性が犠牲になった。3000人の容疑者が連行され、180万人の警察官を動員したが結局、犯人逮捕には至らなかったという未解決事件なのだ。この作品は、その事件をもとに映画化された。しかし凄い!恐るべ

「殺人の追憶」

殺人の追憶「殺人の追憶」 ★★★☆ Memories of Murder (2004年韓国)監督:ポン・ジュノキャスト:ソン・ガンホ、キム・サンギョン公式サイト

「華城事件は終わっていない」ハ・スンギュン

【実録犯罪!担当刑事の綴る真実】先日、「殺人の追憶」の劇場鑑賞を終えたばかりのその足で、書店にて偶然巡り合えた1冊。ちょうど発売されたばかりのようで、目にするのも初めてだった。激しく切望していた映画劇場鑑賞。映画の方は予想を遥かに上回る素晴らしい...

「殺人の追憶」 DVDにて

8月26日レンタル開始の韓国映画「殺人の追憶 MEMORIES OF MURDER」を観ました。心が重くなりました。この作品はPG-12指定、12歳未満(小学生)のお子さんが見る場合には保護者と一緒に、ていう規制がかけられていますが、R-18でもいいかもしれない、と思いました。残酷な画

#895 「殺人の追憶」を見た

今回のイス研ラジオを聞くにはここをクリック 韓国映画「殺人の追憶」を見た。 ソン・ガンホのツラがすげえ。 BBSや自己紹介などはこちら! イス研ラジオホームページ ウェブラジオランキング参加中であります! イス研ラジオの過去放送を収録したCD-Rを発売中です。&amp

殺人の追憶

Memories of Murder2003年 韓国監督:ポン・ジュノ出演:ソン・ガンホ キム・サンギョン パク・ヘイル公開当時劇場で観ました。直後に簡単に感想をUPしましたが、もう少し書き足してみようと思います。観る前から噂でソン・ガンホの顔がおもしろすぎると聞いていました

『殺人の追憶』

『殺人の追憶』 ★★★★(2003年 韓国 130分)監督:ポン・ジュノキャスト:ソン・ガンホ、キム・サンギョン1986年10月23日、農村で若い女性の変死体が発見される。地元の刑事

殺人の追憶

公開:2004/03/27監督:ポン・ジュノ音楽:岩代太郎出演:ソン・ガンホ    キム・サンギョン    パク・ヘイル1986年10月23日、ソウル南部の農村で手足を縛られた若い女性の無惨な変死体が発見される。また数日後には、同様の手口で2人目の犠牲者が出た。さっ...

映画「殺人の追憶」

監督:ポン・ジュノ(彼の画作り、大好きです) 出演:ソン・ガンホ(やっぱいい!素晴らしい)キム・サンギョン(こちらも好演) 出演:パク・ヘイル キム・レハ ソン・ジェホ ビョン・ヒボン  ソウル近郊の小さな村で、女性の変死体が発見される。地元刑事...

殺人の追憶

この作品は噂には聞いてたけれど、 韓流があまり好きではなかったので 敬遠してました。 でもこの監督の「母なる証明 」がかなりツボだったので 観てみることにしました。 1986年10月23日、ソウル近郊の小さな農村で 手足を縛られた女性の変死体が発見される。 ...

殺人の追憶(85点)評価:○

総論:観賞中に襲われる自家中毒的な恐怖はS級サスペンスの証<あらすじ>1986年10月23日、農村で若い女性の変死体が発見される。地元の刑事パク(ソン・ガンホ)は地道な取り調べを始め...

殺人の追憶

MEMORIES OF MURDER 2003年:韓国 監督:ポン・ジュノ 出演:ソン・ガンホ、キム・サンギョン、パク・ヘイル、キム・レハ、ソン・ジェホ、ピョン・ヒボン、チョン・ミソン、イ・ジェウ ...

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

観てましたよ~
韓国映画でも1,2を争う好きな作品です!
どんな終わり方をするかと思っていたのですが、あのラストは印象深いですよね。

カヌさま

ちょっと古いのでレビューはないかも、とか思いましたよ。
韓国映画1、2を争う作品ですか~。
これと争ってるのは何なのでしょう。
私は今までのトップは「ブラザーフッド」ですが
並んだかもしれません。

怖かったです

TBありがとうございました。
こちらからもさせていただきました。
国民性の違いを感じる映画であり
淡々としたところが怖さを増してましたね。

ユカリーヌさま

コメントありがとうございます。
犯人が捕まってないっていうのは怖いですね。
捕まえて欲しかった・・・

印象に残る作品です

タンタンさん こんにちは♪
こちらのレビューと「レディ・キラーズ」にもTBさせてくださいね!
題材は重いのに、不謹慎ですけど笑っちゃうシーンも多かったですよね~。

なぎささま

そうですね。
あのユーモアが救いでしたね。
そこらへんの描き方がまさに職人芸でした。

どもっす☆

タンタンさん!トラバ&コメントありがとうございました!
「殺人の追憶」の映画劇場鑑賞した直後に、書店で出会った1冊です。大・大・大好物なタイプの実話基の映画化はほんとに素晴らしかったです。
事件に関わりずっと追い続けている一人の刑事が書いたノンフィクションは、心底魂が震えます。
容赦ない(甘えのない)韓国映画は、やっぱり大好きですね。

初めまして

タンタンさん初めまして、こんばんは。
ポン・ジュノ監督恐るべし・・・ですよね。
次作を楽しみに待ってます。

映画の中の犯人は…

タンタンさん、はじめまして。最近この映画を見てハマったよし子と申します。ちょっとお邪魔させて頂きますね(^^)

この作品は、本当に色々なことを考えさせられる秀作ですね。私は母と一緒にこの映画を観たのですが、母が出した見解を是非誰かに聞いて頂きたくて書き込み致しました。誰もがヒョンギュを犯人と信じて疑わないのでは?と思いますが、私と母は全く別の人物に焦点を当てました。それは、あのソウルから来た刑事です。霧の中から突然現れ、その後の素性も近況も語られない彼。もしや犯人では?と思って疑いの目で見て行くと、不可思議な言動がとても目立つのです。是非一度、彼に注目して見てみて下さい。この映画にまた新しい発見が生まれると思いますよ(^^) でもやっぱり、穿ちすぎ…かな?(笑) では、長々と失礼致しましたm(_ _)m

よしこさま

よしこさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

確かにあのソウルから刑事は、中盤あやしい描かれ方をしてましたね。私ももしかしてこの人が犯人では?と思ったりしました。でも最後の方は彼主導で必死に犯人の追い上げてたので、すっかり犯人説は消えました。でもよしこさんの意見を聞いていて、もしかして自分の犯行を隠滅するために、ヒョンギュを犯人に仕立て上げたくて必死だったのかもしれないですね。
うーん、ますます面白くなってきました。
とりあえず録画してあるので、もう1回じっくり観てみます!

ありがとうございます(^^)

タンタンさん、こんにちは。お返事ありがとうございます(≧∀≦)またまたお邪魔致しますm(_ _)m

タンタンさんも疑問を感じられた事があったんですね!仰る通り、私はヒョンギュを犯人に仕立てようと必死だった様に見えました。少女が殺される時に犯人が彼と同じ白い靴を履いているのが印象的でしたし、クァンホに写真を見せたシーンでヒョンギュの顔を隠しているのも不自然でした。夜の林の中であの曲をラジオで聴いていた姿も怪しいし、特典ディスクに入っている削除シーンでも疑問を感じるものがあったり…。疑い出したら止まらなくなりました(笑) でも、真実はやっぱり闇の中…なんですよねぇ。本当に素晴らしい名作に出会えました。

最後に…私も映画が好きなので、タンタンさんのブログは拝見していてとても楽しいです。これから他の記事も色々読ませて戴きますね。またまた長文で失礼致しましたm(_ _)m
プロフィール

タンタン

  • Author:タンタン
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー

リサ&ガスパール リサ 座り M
リサ&ガスパール リサ 座り M

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。