スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit
海を飛ぶ夢
海を飛ぶ夢Mar adentro
2004年 スペイン

生きることは権利なのか、義務なのか?
尊厳死を扱ったこの映画はいろいろと考えさせてくれる。

私は基本的には尊厳死には賛成だ。
でも一方で、死は誰にでもやってくるものだから、そんなに慌てて死ななくてもいいじゃんとも思うのだ。


私には主人公のラモンは「死」に熱烈に恋してる人のように見えた。
フリアが約束を果たせなくなってあきらめるのかと思ったら、ロサに切り替えてるのを見て「あぁ、この人は女性に恋してるんじゃないんだ」と思ったのだ。
恋する男は誰にも止められやしないのだ。

ところで解説をみて解ったのだけど、引き潮で海に飛び込んだのは、もしかして自殺願望?と思ってたのだけど違っていた。彼女に両親に会ってくれといわれて動揺していたらしい。なにしてんの?あんた!

好きなシーンはプッチーニの曲にあわせて、窓から地面すれすれに飛ぶシーンだ。あれにつきます。一瞬仮病と思わせる演出も憎かった。

主演のハビエル・バルデムが35歳なのに55歳をむりなく演じてるのが驚きだった。
「夜になる前に」からの変わりようにびっくりだ。役者ってすごい。 
スポンサーサイト
【2005/12/22 01:36】 映画 あ行 | トラックバック(22) | コメント(9) | edit
<<ベルリン、僕らの革命 | ホーム | レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語>>
コメント
こんばんは。

TBありがとうございました。
こちらのレビューを読んで
観たときのことを思い出しました。
一瞬仮病かと思ったのは、間違いではなかったんですね。
だれもこのことに触れないので
自分の勝手な解釈かと思ってました。
【2005/12/22 22:29】 URL | えい #3ObD7mQw[ 編集] | page top↑
私も一瞬仮病かと思いました。
その前に子供が「あの人動けるよ」って言ってたのもありますし。
実はラモンは動けた!だったらこの映画すごく面白いのにと思いました。
【2005/12/22 23:29】 URL | タンタン #-[ 編集] | page top↑
ほんと、考えさせられました。
本人や周りの人達、それぞれの思いはどれも間違いではないし・・・
当分この手の映画はパスしたいですw

ではでは、これからも宜しくお願いします。
【2005/12/23 04:28】 URL | Aki. #E8EjMkho[ 編集] | page top↑
ん~死に恋かぁ

いい表現かもです。
【2005/12/23 14:26】 URL | trichoptera #-[ 編集] | page top↑
ラモンは不思議な人物でした。
海の男なのに、事故の原因も「う~ん・・・」

確かに、仮病に疲れて死にたいのか?なんて思ってしまいました。やられた~。
ハビエル・バルデムは、普通に違和感の無い50代のおっちゃんを演じていましたね。いやぁ凄い!
【2006/01/07 02:17】 URL | yuki #-[ 編集] | page top↑
ラモン不思議ですね~。
あの笑顔の理由なんかは切なかったですけど。
ハビエルの演技すごかったです。
首のシワがないのを隠すためタートルを着せたそうですよ。
【2006/01/07 14:13】 URL | タンタン #-[ 編集] | page top↑
こんばんは!
>ラモンは「死」に熱烈に恋してる人のように見えた

あぁ・・、そうか!その言葉に納得です!
なぜ彼があれほどまでに死にたかったのか、いまひとつわからなかったんです。

それにしても、ハビエル・バルデムの迫真の演技に脱帽でした。ホント、役者ってすごいですね。
【2006/03/06 20:41】 URL | shake #-[ 編集] | page top↑
窓から飛ぶシーンが好きです。(^^)
嬉しくなって書き込みしてしまいました。f(^^;)
【2006/03/26 02:26】 URL | laerl38 #.WglqWq6[ 編集] | page top↑
あのシーン良かったですよね~。
あれはたしか空撮の早回しとかいってたような
気がします。
音楽もピッタリあってました♪
【2006/03/26 23:52】 URL | タンタン #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gael.blog3.fc2.com/tb.php/147-f6d23e0c
海を飛ぶ夢
 生きることが“義務”と感じているラモン。確かに健常人である者からは理解しがたい心の葛藤があるのだろうけど、家族や周りのフリアやロサに感情移入してしまったかも・・・ 鑑賞順が逆になったというのも原因なのか、この主人公ラモンにそれほど共感できなかった。とい ネタバレ映画館【2005/12/22 21:58】
海を飛ぶ夢
「海を飛ぶ夢」★★★★★(盛岡フォーラム3) 2004年スペ いつか深夜特急に乗って【2005/12/22 22:27】
『海を飛ぶ夢』
-----おやおや、アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品というのに渋い顔してるにゃあ。「う~ん。実話という重みがあるから語りにくいけど...」-----けど、なに?「物語の性質上、仕方がないんだけど、とにかくここには全編にわたって“死”の匂いが立ちこめている。これ ラムの大通り【2005/12/22 22:30】
「海を飛ぶ夢」
25歳の時、海へ飛び込んだ際に頭を強打し、首から下が不随となったラモン・サンペドロ(ハビエル・バルデム)の手記をもとにした作品です。自ら命を絶つ「尊厳死」を望むラモン。人権支援団体で働くジェネ。尊厳死の合法化的を手伝う弁護士のフリア。TV番組に出たラモンを the borderland【2005/12/23 00:15】
『海を飛ぶ夢』
 約束しよう。 自由になった魂で、きっとあなたを抱きしめる。■監督・脚本 ハレハンドロ・アメナーバル(『アザーズ』)■原作 ラモン・サンペドロ(「海を飛ぶ夢」)■キャスト ハビエル・バムデル、ベレン・ルエダ、ロラ・ドゥエニャス、マベル・リベナ、セルソ・ブ 京の昼寝~♪【2005/12/23 00:57】
海を飛ぶ夢
5点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。)重い・・・ものっ・・凄く重いです。ぶっちゃけ、こーゆーの苦手です。もし、自分がこの立場になったらってず~っと考えちゃうんですよね。先ず、やっぱり死にたいなんて言わずに苦しくても生きて欲しいとは思うんで ぶっちゃけ…独り言?【2005/12/23 04:23】
海を飛ぶ夢
死をじっくりと見つめた真摯な映画。 Akira's VOICE【2005/12/23 11:15】
生と死について考えるための映画◆『海を飛ぶ夢』
4月21日(木)TOHOシネマズ木曽川にて 今年度アカデミー賞外国語映画賞を受賞した『海を飛ぶ夢』を観に来た。アカデミー賞では、主役のラモン・サンペドロを演じた30代前半のハビエル・バルデムを 50代に変身させた特殊メイクも評価されたが、 25歳のラモンを演じるハビエ.. 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」【2005/12/23 12:16】
「海を飛ぶ夢」 (2004)
ん~、考えさせられる映画を見てしまいました。しかも、生半可な考えは無しよってのが痛烈に伝わってくる。下手なヒューマニズムは捨ててくれっていう、ある種すごい酷い映画だと思います。主演のハビエル・バルデムって人1969年生まれってなってんですが…ホントですか?、 とりあえず生態学【2005/12/23 14:20】
『海を飛ぶ夢』~a vida o muerte~
『海を飛ぶ夢』&nbsp;公式サイト&nbsp;監督・脚本・音楽:アレハンドロ・アメナーバル出演:ハビエル・バルデム ベレン・ルエダ ロラ・ドゥエニャス &nbsp;【あらすじ】(Yahoo映画より)25歳の夏にラモン・サンペドロ(ハビエル・バルデム)は、事故により首... Swing des Spoutniks【2005/12/24 08:57】
【映画の中のクラシック】《海を飛ぶ夢》よりプッチーニのトゥーランドット「誰も寝てはならぬ」
「film_nessun_dorma.mp3」をダウンロード 【映画の中のクラシ Macなホームシアタースタジオ【2005/12/24 17:46】
海を飛ぶ夢
ドラマ2004年 スペイン監督 アレハンドロ・アメナーバル出演 ハビエル・バルデム/ベレン・ルエダ/ロラ・ドゥエニャス/クララ・セグラ/マベル・リベラ/セルソ・ブガーリョ/タマル・ノバス/ホアン・ダルマウ/フランセスク・ガリード 原題 MAR ADENTRO THE SEA INSIDE約 レンタルだけど映画好き 【2006/01/07 02:11】
海を飛ぶ夢
海を飛ぶ夢THE SEA INSIDE監督 アレハンドロ・アメナーバル 出演 ハビエル・バルデム ベレン・ルエダ ロラ・ドゥエニャス スペイン 2004 Blossom Blog【2006/02/15 10:39】
海を飛ぶ夢
海を飛ぶ夢監督:アレハンドロ・アメナーバル出演:ハビエル・バルデム&nbsp;,&nbsp;ベレン・ルエダ&nbsp;,&nbsp;ロラ・ドゥエニャス&nbsp;,&nbsp;マベル・リベラStory『オープン・ユア・アイズ』のアレハンドロ・アメナーバル監督によるドラマ。四肢麻痺の障害を持つ主人公 my life of my life【2006/02/18 18:02】
『海を飛ぶ夢』’04・スペイン
あらすじスペイン、ラ・コルーニャに住むラモン・サンペドロ(ハビエル・バルデム)は、25歳の夏に事故により首を骨折寝たきりの生活を送る身体になってしまう。それから26年後、ラモンは自ら人生にピリオドを打つことを決意する。尊厳死を支援する団体のジェネ(クララ.. 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ【2006/02/19 00:23】
【自宅鑑賞2】海を飛ぶ夢(原題:MAR ADENTRO 英語:THE SEA INSIDE)
約束しよう。自由になった魂で、きっとあなたを抱きしめる。 ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!【2006/02/27 20:38】
海を飛ぶ夢
このジャケットの写真の人物が、あのハビエル・バルデムだとは驚きました。まだ35歳だというのに、この老けよう。目の動きや顔の表情だけでする演技は素晴らしかった。 シェイクで乾杯!【2006/03/06 20:52】
「海を飛ぶ夢」
2004年アカデミー賞外国語映画賞受賞作。尊厳死をテーマにしたスペイン映画。英題は「THE SEA INSIDE」。 ひらりん的映画ブログ【2006/03/10 23:43】
海を飛ぶ夢
【原題】Mar Adentro(英題:THE SEA INSIDE)【制作年】2004【制作国】スペイン・イタリア・フランス【監督】アレハンドロ・アメナハール【脚本】マテオ・ヒル/アレハンドロ・アメナハール【主なキャスト】○ハビエル・バルデム(四肢不随の男:ラモン)○ *アンチハリウッド的* 映画論【2006/03/20 12:31】
海を飛ぶ夢
最近、友人にオススメ映画を聞きまくっている。OL一年生の彼女に聞いたら「この映画はどうでしょう?」。感動モノの鳴り物映画としてレンタルビデオ屋でよく観かけたがそういう作品は外れることが多いので避けていた映画です。でもせっかくなので。DVDで鑑賞。ラモ 映画、言いたい放題!【2006/03/26 02:24】
海を飛ぶ夢/アレハンドロ・アメナーバル
生きることは義務ではない、権利であるということがいつまでも心に残る作品です。青年期に海での事故で首から下が付随となったラモン(ハビエル・バルデム)は、26年間ずっと寝たきりで生きてきました。家族は彼を愛し、暖かく手助けしてきましたが、彼はついに死を選ぶこと 文学な?ブログ【2006/06/29 01:17】
海を飛ぶ夢   MAR ADENTRO 後編
海を飛ぶ夢監督:アレハンドロ・アメナーバル出演:ハビエル・バルデム&nbsp;,&nbsp;ベレン・ルエダ&nbsp;,&nbsp;ロラ・ドゥエニャス&nbsp;,&nbsp;マベル・リベラStory『オープン・ユア・アイズ』のアレハンドロ・アメナーバル監督によるドラマ。四肢麻痺の障害を持つ主人公 ちつ子の調教シネマCAFE【2006/07/19 20:04】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。