FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オペラ座の怪人

オペラ座の怪人 通常版The Phantom of the Opera
2004年 米・英

タイトルだけは知っていたので、一度見ておかねば!と思い、思い切って見てみた。
感想はというと・・・最初から華麗な世界にうっとりでした。音楽もすごいし、出てくる人はみな歌上手いし、言うことありません。映像も美しくて正統派って感じの映画でした。
あの有名な曲がかかったときは「おぉ~」って感じでしたが、車のCMのイメージ強くて、CMどんなだったけ?と気になって、CMで多用するのもどうかと思った。 
しかしさすがに後半になってくると同じ曲何度もかかるし、「頼む!歌はいいからしゃべってくれ」と思わないでもなかったが、これがミュージカルだ、と自分に言い聞かせた。

ストーリーにあまり意味はないのかもしれないけど、突っ込ませてもらえば、
クリスティーヌさん、あなた言い寄られた方言い寄られた方へふらつきやすい性質ね。
あと幼馴染の子爵さん、あなた貴族にしては使えるわ!
それから怪人さん、あなた地下牢を快適空間に改造しましたわね!

何度も映画化されてるみたいだけど「ムーランルージュ」のバズ・ラーマンあたりがとったらどうなるだろとか想像してみたりして。

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「オペラ座の怪人」

天才作曲家、アンドリュー・ロイド=ウェバーが自身の最高傑作ミュージカルを完全映画化!いつまでも耳に残るテーマ音楽はやはりいい。オペラ座が息を吹き返し蘇るシーンは予告で何度も目にしていたけれど、一瞬のうちの幻想がその時代へと引き込まれる入り口となってい...

『オペラ座の怪人』

オペラ座の怪人 通常版 / メディアファクトリー大ヒットミュージカル、『オペラ座の怪人』の映画化。1870年、パリのオペラ座で、突如主演を降板した女優の代役に選ばれたのが、オペラ座の寄宿生の一人クリスティーヌ。清純で美しい容貌に澄み渡った歌声のクリスティーヌが演

映画館「オペラ座の怪人」

「オペラ座の怪人」のミュージカルを2回見ていたのでストーリーは全部わかっていました。ミュージカルを忠実に再現されていたので次に何が起こるのか全部分かった状態で観ていました。最初の方は「やっぱり映画じゃ舞台の立体感が無いな~」と思いながら。しかし、飽きさ...

オペラ座の怪人

 カルロッタ、あなたのせいで評価が下がってしまいました。口パクなのはいいけど、ちゃんと音楽に合わせてくださいな・・・ズレてます・・・ 『ムーランルージュ』のユアン・マクレガー、『シカゴ』のリチャード・ギア、『エビータ』のアントニオ・バンデラスよりは上手か

オペラ座の怪人

音の洪水と,ゴージャスな美術にうっとり!

オペラ座の怪人

唯一観たことのあるミュージカル、それが、劇団四季の「オペラ座の怪人」なのよ。もう10年以上前なんだけど、それはそれは感動して、サントラ聴きまくり、パンフ読みまくり。ガストン・ルルーのぶ厚い原作まで読破しました。今回の映画化は、最初は期待してなかったんだ..

「オペラ座の怪人」

ミュージカル「オペラ座の怪人」が、「キャッツ」や「エビータ」でも有名なアンドリュー・ロイド・ウェバー自身のプロデュースにより映画化。最初はミュージカル映画ということでパスの予定が、ブログ巡回してると評価高いので思い直して鑑賞してきました。オペラ座のきらび

オペラ座の怪人

「オペラ座の怪人」★★★★(中劇2) 2004年アメリカ 監

【オペラ座の怪人】

ジェラルド・バトラー、エミー・ロッサム、パトリック・ウィルソン出演のミュージカル。公開日:1月29日☆ストーリー☆パリ、1919年。過去へとタイムスリップを始める。かつては豪華絢爛だったパリ・オペラ座。その栄華を偲ぶ品々が、廃墟となった劇場....

『オペラ座の怪人』

■監督 ジョエル・シュマッカー■製作・作曲 アンドリュー・ロイド・ウェバー■キャスト ジェラルド・バトラー、エミー・ロッサム、パトリック・ウィルソン それは、哀しくも美しい愛の物語19世紀のパリ。オペラ座では、連日華やかなショーが繰り広げられる一方、怪人フ

オペラ座の怪人(2004/アメリカ/監督:ジョエル・シュマッカー)

[早稲田松竹] 来週、劇団四季の舞台を観に行くので、明日で上映が終わる早稲田松竹へ駆け込みで。 原作もはるか昔に読んではいるけど、ミステリファン(のはしくれ)にとっちゃ、ガストン・ルルーといや、オペラ座よりも「黄色い部屋の謎」の人という認識のほうが強いんで

オペラ座の怪人

制作/2004年・米  監督/ジョエル・シュマッカー  製作・作曲/アンドリュー・ロイド・ウェバー 出演/ジェラルド・バトラー  エミー・ロッサム  パトリック・ウィルソン50点綺麗です。絢爛豪華で文句無く美しいです。奥行きがあって重厚感が漂っています。薄っぺら

★「オペラ座の怪人」

「映画の日」2本目。テーマ音楽は文字にすると、「ジャーーーン、ジャジャジャジャ・ジャーーーン・・・・」でしょうか。先週1/29に公開したばかり。6:30の回で450名くらいのスクリーンで7割くらいの入り。隣に座った客がマクドナルド買ってきやがってて、アブラ臭い

オペラ座の怪人

オペラ座の怪人THE PHANTOM OF THE OPERA監督 ジョエル・シューマーカー 出演 ジェラルド・バトラー エミー・ロッサム パトリック・ウィルソン アメリカ・イギリス 2004

#6:オペラ座の怪人

1月29日(土)待ちに待った【オペラ座の怪人】公開初日!朝一番の回で観て来ました{/heartss_pink/}{/heratss_blue/}{/heartss_pink/}オペラ座の怪人フリークの方々が大勢いらっしゃるので詳細は控えたいと思います(^-^)上映10分後に"あのシャンデリア"を映し出す

ひとつの疑問から意外なものが見えた◆『オペラ座の怪人』(2回目)

3月11日(金)TOHOシネマズ木曽川にて(完全ネタバレ)1月に試写会で観てから、ぜひもう一度音響のいい劇場で観たいと思いつつ、なかなか実現しなかった『オペラ座の怪人』を、ようやく観に行ける時間が取れた。実は、冒頭のオークションシーンで出てくる老婦人が、....

オペラ座の怪人

『あなたの声で私の花が開きはじめる・・』何も考えずに・・夢に身をゆだねるのだどんな熱い炎が 魂を包み込むのか・・・

オペラ座の怪人

オペラ座の怪人 通常版ジェラルド・バトラー ジョエル・シュマッカー エミー・ロッサム メディアファクトリー 2005-08-26by G-Tools【あらすじ】1870年代のパリ・オペラ座は、華やかな舞台

オペラ座の怪人 (2004/米)

THE PHANTOM OF THE OPERA 監督: ジョエル・シューマカー 製作: アンドリュー・ロイド=ウェバー 出演: ジェラード・バトラー エミー・ロッサム パトリック・ウィルソン ミランダ・リチャードソン ミニー・ドライヴァー   ミュージカル名作の映画化。 1870年、パ

オペラ座の怪人

●れんたの満足度・・・★★★★★★★☆☆☆7.5点歌の素晴らしさとオペラの豪華絢爛さにすっかり引き込まれてしまいました。。過去への回想へ入るシャンデリアのシーンは、タイタニックを思い出しますね~目を奪われてしまいます。ヒロインを演じるエミー・...

オペラ座の怪人

オフィシャルサイト → オペラ座の怪人19世紀のパリ。オペラ座では、連日華やかなショーが繰り広げられる一方、怪人ファントムによる事件が連発していた。若く美しいクリスティーヌ

オペラ座の怪人

オペラ座の怪人 通常版2004年度・米・143分 The Phantom of the Opera■監督:ジョエル・シュマッカー■製作/脚本/音楽:アンドリュー・ロイド=ウェバー■出演:ジェラルド・バトラー/エミー・ロッサム/パトリック・ウィルソン/ミランダ・リチャードソンこれまで....

『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』 ★★(2004年 アメリカ 143分)監督:ジョエル・ジューマカーキャスト:ジェラード・バトラー、エミー・ロッサム、パトリック・ウィルソン、ミランダ・リチ

映画『オペラ座の怪人』

原題:The Phantom of the Operaオペラ座のシャンデリアが上演中に炎上落下したのは1896年、実際に死者も出た、この事実を元に創作されたのが『オペラ座の怪人』という・・・。 物語は1919年パリのオペラ座でのオークション場面から1870年代へと遡る。母の愛

『オペラ座の怪人』’04・米・英

あらすじ1919年、パリ・オペラ座の舞台上。その所有物がオークションにかけられている。車椅子の老人はその中の一つ、オルゴールを落札する。そして、シャンデリアを覆っていたベールが取り払われた時パイプオルガンの荘厳な響きとともに時は半世紀を遡り豪華絢爛なオ..

オペラ座の怪人

も~初めに、謝っちゃいます[:悲しい:]ごめんなさ~い・・・   ・・・申し訳ない・・・ほんまにすんせ~んm(_)m本作のファンの方、多いのですよね・・・[:たらーっ:]ファントムファンも多いのですよね・・・[:ムニョムニョ:]残念ながら・・・アタシには・・・その良さが

ファントム好きだぁぁぁあああ!

オペラ座の怪人 通常版ファントム好きです。(でた)どうやら私は「オペラ座の怪人」を大幅に勘違いしていたらしく、実際に見たときのファントムがあまりに可哀想だったのでまんまと好きになってしまいました。ただのマスクした変態殺人鬼だと思ってました。(あのマスクに

オペラ座の怪人

「オペラ座の怪人」って題名はよく聞いていたし、なんとなくのストーリーは知ってましたが、実はちゃんと見たことがなかったので、すごく楽しみにしてました。が、この映画って、ほんと歌ばっかりなんですね。{/kaeru_shock1/}ミュージカル映画だとは聞いてましたが、私が想

オペラ座の怪人

オペラ座の怪人 通常版監督:ジョエル・シューマカー 出演:ジェラルド・バトラー、エミー・ロッサム、パトリック・ウィルソン、ミランダ・リチャードソン、ミニー・ドライヴァー、シアラン・ハインズ...「あなたの

コメントの投稿

非公開コメント

じゃ~ん♪じゃかじゃかじゃ~ん♪

タンタンさん、お邪魔しまーす♪
テーマソング唄いながら登場しました♪
重厚な映像と音楽がやっぱり、いいっすよね☆


ゆきちさま

じゃーん、じゃじゃじゃじゃじゃーん♪
華々しい登場ですね~。
いい映画でした~。思わず録画しちゃいました~。

じゃ~ん♪じゃかじゃかじゃ~ん♪

私もこの曲は頭から離れません!
ミュージカルじゃないヴァージョンも作ってほしいなと思いました~

カヌさま

でたー!!!
じゃ~ん♪じゃかじゃかじゃ~ん♪
キャ~ハッハッ、大喜びっす。

バズ・ラーマン氏は、センスいいですからね。
いいかも!今バズ・ラーマン氏は、
レオナルド・ディカプリオ氏とともに
アレキサンダーですね。ソレ又楽しみです♪
熱く語っていたでしょ?笑。そうなの。。。
妙にあの舞台裏が好きだったのです。まさに、あんな
感じだから。。。かなりリアルに描かれていましたよ!

nicoco さま

バズ・ラーマンとディカプリオでアレキサンダー!!
楽しみですね~。
nicocoさん、舞台裏をご存知なのですか?すごい!
nicocoさんって何者?

じゃ~ん♪じゃかじゃかじゃ~ん♪

私もこの音楽で登場させていただきました♪
最初のシーンはちょっと鳥肌がたちました。

タンタンさんも、ミュージカルが苦手ですね?
>「頼む!歌はいいからしゃべってくれ」と思わないでもなかったが、これがミュージカルだ、と自分に言い聞かせた。
お腹がよじれるほど笑っちゃった!同感!
まぁ、でもこれは普通のミュージカルよりも舞台そのものを見ているような感じで、以外にも楽しめました。

shakeさま

きゃー、この曲で登場されると、なぜかウケる私です。
>タンタンさんも、ミュージカルが苦手ですね?
きゃーばれましたか!実は苦手で~す。
でもこれは良かったですよね。
劇場で見たらもっと良かっただろうと思いました。

バラ

すいません、質問です!
分かれば教えて下さい。
最後のシーンの意味はなんでしょうか?
何を意味してあのバラは置かれていたのでしょうか?
何か奥深い意味があるのでしょうか?良く分かりませんでした。

senyoさま

うろ覚えなんですけど、
怪人が実はひそかに生き延びていて、こっそりおいてるんではないでしょうか。
で、それがわかるのはクリスティーヌだけとか。

でも多分そういうことを匂わせたかったのかも。
プロフィール

タンタン

  • Author:タンタン
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー

リサ&ガスパール リサ 座り M
リサ&ガスパール リサ 座り M

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。