スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒー&シガレッツ

コーヒー & シガレッツ (初回限定生産スペシャル・パッケージ版)COFFEE AND CIGARETTES
2003年 アメリカ

別名「カフェイン&ニコチン」
モノクロなのでてっきり昔の映画をDVDにしたのかと思っていたら、途中でケイト・ブランシェットが出てきたのを見て最近のだとわかった。どっちかっていうと退屈だけど、ついつい見てしまうタイプの映画だ。

11本のショートストーリー、設定はカフェでコーヒーを飲みながらタバコを吸う2人組。
初対面や久しぶりなカップルが多く、話はたいして弾まなく、終始ビミョーな空気が流れている。このビミョーさがなんとも言えません。
私のお気に入りは「cousins?いとこ同士?」というエピソード。シチュエーションも面白かったし、俳優も上手かった。
もうひとつ、ともすればコーヒーのお代わりを入れようとするウェイターからコーヒーをガードする女の人のエピソード。ちょっと笑えた。

出演している俳優を知っていればもっと楽しめると思うのだが、私が知ってるのはケイトとビル・マーレイだけだった。これ、売れっ子の俳優ばかりでやったら絶対面白いと思う。
監督はジョニー・デップとジュリー・クリスティの組み合わせなんかも面白そうと言ってた。ジュリー・クリスティって誰?と思って調べたら「ネバーランド」でケイトの母親役やってた人でした。なんで面白いんだろ?
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「コーヒー&シガレッツ」

コーヒー飲まない、タバコも吸わない私には縁のない映画かと思っていたけど、有名人がたくさんでるらしいと聞いたので見に行ってきました、メンズディ1000円というのもあったけど(^^; 思わぬ人が本人役で出てきましたよ。11本の短編からなるこの映画、どの作品に

映画「コーヒー&シガレッツ」

映画「コーヒー&シガレッツ」 ★★★★★なんてお洒落で楽しい映画なんだろう!オダギリジョーがリスペクトするジム・ジャームッシュ監督作品ということを除外しても、とても良い作品に巡り会えたような気がする。コーヒーとタバコにまつわる11のストーリー。ほとんどの

コーヒー&シガレッツ

コーヒー&シガレッツ  2005/アメリカ  ★★★★★監督 ジム・ジャームッシュ出演 ロベルト・ベニーニ / スティーブン・ライト (STRANGE TO MEET :短編タイトル、以下同)    ジョイ・リー / サンキ・リー / スティーブ・ブシェミ (TWINS)    イギー・

コーヒー&シガレッツ

 アルフレッド・モリナ・・・ますます好きになってしまった。 作られた年代も様々。登場人物も色々楽しめましたけど、「いとこ同士?」の二人(アルフレッド・モリナとスティーヴ・クーガン)が最高でした。何故だかこのショート・ストーリーだけコーヒーじゃなく紅茶なん

コーヒー&シガレッツ

「コーヒー&シガレッツ」★★★★(シネセゾン渋谷) 2003

コーヒー&シガレッツ (2003/米)

COFFEE AND CIGARETTES 監督: ジム・ジャームッシュ 出演:「変な出会い」 ロベルト・ベニーニ スティーヴン・ライト「双子」 ジョイ・リー サンキ・リー スティーヴ・ブシェミ「カリフォルニアのどこかで」イギー・ポップ トム・ウェイツ 「それは命取り」ジョー・リ

コーヒー&シガレッツ COFFEE AND CIGARETTES

ジム・ジャームッシュ監督11の短編からなる オムニバス映画モノクロームで撮られた映画 意外と新鮮に感じられました内容は ただコーヒー飲み、煙草を吸いながら 取り留めの無い話が永遠と続きますなぜかこの映画を作るのに18年もかかったそうです?さて あなたはどの様

コーヒー&シガレッツ

★本日の金言豆★ニコラ・テスラ:交流電気を作った天才発明家。直流電気のエジソンとは犬猿のライバルで、エジソンはテスラを陥れる為だけに死刑に電気イスを導入させ、交流を使用

コーヒー&シガレッツ

最高にクールな作品。それぞれの会話はどれも面白く心に染みます。二人の間の気まずさがとても気持ち良い。

映画「コーヒー&シガレッツ」(2003・米)

予告編で見て「ぜひ見たい」と思ってたんですが、ようやくDVDで見ました。 監督/脚本:ジム・ジャームッシュ 【キャスト】 ロベルト・ベニーニ、スティーヴン・ライト、ジョイ・リー、サンキ・リー、スティーヴ・ブシェミ、イギー・ポップ、トム・ウェイツ、ジョー・リ

『コーヒー&シガレッツ』

コーヒーとタバコにまつわる会話の短編集「変な出会い」 Strange To Meet You 86「双子」 Twins 89「カリフォルニアのどこかで」 Somewhere in California 92「それは命取り」 Those Things'll Kill Ya 03「ルネ」 Renee 93「問題なし」 No Problem 93「いとこ

コーヒー&シガレッツ@シネセゾン渋谷

ロングランで公開終了間際、レイトショーになっているのに客足が途絶えない。ジム・ジャームッシュともなればリピーターも多そうだ。日本においてはインディペンデントと呼びにくい。短編オムニバスで、セリフのリンクはあるものの、11の作品はストーリーが絡まない。となる

コーヒー&シガレッツ

自分は凄く気に入ったんだけど誰におすすめしたらいいんだろう?コーヒー&シガレッツ(Coffee and Cigarettes)http://coffee-c.com/困った… 凄く困った。自分にはこの映画の凄いところは「全然面白くないのに凄く楽しい」としか言いようがない。なんというか… ファミ

『コーヒー&シガレッツ』~会話は煙る~

『コーヒー&シガレッツ』公式サイト  DVD監督:ジム・ジャームッシュ出演:ロベルト・ベニーニ ビル・マーレイほかついついスクリーンで見逃してしまった『コーヒー&シガレッツ』がレンタル開始となったのでさっそくDVDを見てみました……というか、これか....

コーヒー&シガレッツ

「コーヒー&シガレッツ」を観ました。オムニバスです、タイトル通り、コーヒーとヤニが出てくるハナシ、まぁリラックスの象徴ですからね。そしてたくさんのビッグな俳優(著名人)が出ているっていうオムニバスです。組み合わせがかなりレアらしいんだけど、僕はロベ...

コーヒー&シガレッツ

コーヒーと煙草のある風景

映画:コーヒー&シガレッツ

邦題:コーヒー&シガレッツ 原題:COFFEE AND CIGARETTES 監

コーヒー&シガレッツ

第96回★★★★(劇場) コーヒーに煙草は良く似合う。 ついでに言うと、煙草を吸うならマッチに限る。 コーヒーとタバコの愛に溢れた11本ものショートストーリーで構成されたこの映画。多くの有名人が本人を演じているのも興味深い。 しかし、....

コーヒー&シガレッツ

「コーヒー&シガレッツ」評

今週の一本に、仙道勇人による『 「コーヒー&シガレッツ」評/今もどこかの街の片隅で』を追加。 「コーヒー&シガレッツ」は、コーヒーと煙草をモティーフにしたショートフィルムのオムニバス映画。18年間にわたってジャームッシュがコツコツと撮り溜めていたフィルムが

「コーヒー&シガレッツ」

2006年1本目のDVD鑑賞作品。ちなみに、ひらりんはプチ・コーヒーマニアなのですよ。知らない産地のコーヒー豆を買って来ては、チョビチョビ飲んでます。

コーヒー&シガレッツ

コーヒー&シガレッツ2003年度・米・97分 COFFEE AND CIGARETTES■監督/脚本:ジム・ジャームッシュ■出演:ロベルト・ベニーニ/ジョイ・リー/ケイト・ブランシェット/スティーヴ・ブシェミ/ビル・マーレイジム・ジャームッシュ監督が、1986年から18年に渡って撮り貯....

コーヒー&シガレッツ

コーヒー&シガレッツ監督:ジム・ジャームッシュ出演:ロベルト・ベニーニ、スティーヴン・ライト、ジョイ・リー、サンキ・リー、スティーヴ・ブシェミ、イギー・ポップ、ケイト・ブランシェット、ビル・マーレイ...

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

メンズのカヌでございます(^^;
イメージとはちょっと違った一面も見れたりで、知ってる人が多いほど面白いとは思いますが、どれも個性的な話でしたね。

売れっ子

TBありがとう。

有名人俳優でやってしまったら駄目ですよ(笑)
この映画はあくまでも、監督のプライベートフィルム。それぞれの世界ではいわくありげな「有名人」ですよ。

だけど、そのマス的には「無名性」、という逆説がおもしろいのだと思う。

TBありがとうございました

こんにちは♪
コーヒー大好き(煙草は吸わない)なので、この映画を見たあとすぐにスタバに駆け込みましたよ~。
映画のコーヒーはどれもイマイチ美味しくなさそうでしたが・・・。
まったりとした時間が流れていて大好きな映画です!

カヌさま

メンズのカヌさま。
プライベートなことをつついてすみませんでした。
あの時点で私の思考回路は
「なんでメンズデイに行くの?女のはずなのに」
  ↓
「ははーん、彼氏に付き合ったな」
「いや、まてよ、ジョークか?」
  ↓
最後にもしつこく書いてあったので
  ↓
「おいおい!男かよ!」
失礼しました。

kimionさま

そうですね。
ある意味、通な人にはウケル人選になってるのですね。

ミチさま

ミチさまこんばんは。
なんだか演劇学校でシチュエーションのレッスンしてるみたいでした。
俳優はこういうの好きそうですね。腕のみせどころって感じで。

はじめまして

TBありがとうございます。
わたしも、3人以外のほとんどの人を知らなかったのですが、
ケイト・ブランシェットの二役だけでもよしとするか?
と思っていたら、
終わってみたら、妙に後を引く作品でした。
いろんな意味で、面白かったですよね。

悠雅 さま

コメントありがとうございます。
変わった映画でしたね。
ケイトが出てきたときは、「おっー!」って感じでした。華がありました。

TBありがとうございます!私のブログ初めてのTB、嬉かったです。早速私も送らせていただきましたっ!送信も初めてなのでえらくとまどってしまいましたが何とか成功しました。ブシュミはちらっとだけの登場で、双子に話しかける喫茶店の店員さんでした。

meganeさま

TBありがとうございま~す。
私は最初TBもらったときは、どうしたらいいのかソワソワしたりしました。
しかし1年後の今は、たいして記事も読まず、TBを送りまくる極悪人ですわっ。ふっ。

ホント、ビミョーな空気が漂う不思議な作品でした。
ケイトの一人二役はびっくり。あのかみ合わない会話もなんとも言えず面白かったです。

shakeさま

ケイトってほんと上手いですよね。
この映画は役者の腕の見せ所っていう感じの
映画でした。
プロフィール

タンタン

  • Author:タンタン
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー

リサ&ガスパール リサ 座り M
リサ&ガスパール リサ 座り M

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。