スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit
隣のリッチマン
隣のリッチマンenvy
2004年 アメリカ

ベン・スティラー、ジャック・ブラックのコメディ2トップを揃えたにもかかわらず、不発に終わった感じ。
それぞれの細かい演技は、さすがに上手い。
特にジャック・ブラックの妙な足使いには思わず笑ってしまった。

親友のうちの1人が1発当てて大金持ちになる設定は面白い。
リッチになっても引越しせずに、親友の家を取り囲むように領土を広げてるのが笑えた。 

馬を死なせてしまって、死体隠しに右往左往するのはちょっとブラックで話がどこに進むのか心配になった。
馬問題がかたづいたら、こっちまで心が軽くなった。

ちっとも嫌みのないリッチマンは見てて気持ち良かった。
彼とならいつまでも親友でいれそう。

ところでこの映画を観ると、この曲が耳について離れなくなります。
♪バルデリー バルデラー バルデロー バルデロッホッホッホッホホ
バルデリー♪
スポンサーサイト
【2005/11/28 00:07】 映画 た行 | トラックバック(5) | コメント(5) | edit
<<ニュースの天才 | ホーム | 月イチゴロー 11月>>
コメント
最近、日が沈むと寒いですね
暇な夜はネットを徘徊するのが楽しいです。
【2005/11/28 01:17】 URL | ヽ(*^^*)ノ #-[ 編集] | page top↑
勝手にBlogPeopleでリンクしてしまいました。

映画、私も大好きですw

これからちょこちょこお邪魔させていただきます。笑。
【2005/11/28 20:54】 URL | ナツ #yl2HcnkM[ 編集] | page top↑
初めまして。
リンクありがとうございます。
こちらからも登録させていただきま~す。
【2005/11/28 23:59】 URL | タンタン #-[ 編集] | page top↑
ベンとJBだからおもしろくないはずない!と思っていましたが、実際観たらそんなでもなかったです・・・。
主役二人を活かしきれてないですよね。もっとおもしろくなったはず!と思うと残念な1本でした。
【2005/12/01 21:39】 URL | さばきち #-[ 編集] | page top↑
そうですね。
「船頭多くして舟山に登る」って感じですね。
【2005/12/02 00:01】 URL | タンタン #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gael.blog3.fc2.com/tb.php/137-0f88b68a
「隣のリッチマン」
ジャック・ブラック主演といえば、間違いなくコメディです。タイトルもパクリくさいし・・・。もう1人の主役の人(ベン・スティラー)も有名なコメディアンらしいぞっ。・・・っと、爆笑を期待しながら見ることに。原題は「ENVY」=羨望・・・うらやましがるってこと。200 ひらりん的映画ブログ【2005/11/28 02:27】
envy
隣のリッチマン監督:バリー・レヴィンソン出演:ジャック・ブラック、ベン・スティラー、レイチェル・ワイズ、エイミー・ポーラー、クリストファー・ウォーケン2004年 アメリカドロリと胸の中から吐き出される黒い感情に囚われる。自分の視界にフィルターをかけ、人の言葉 引き出しの中身【2005/11/28 07:38】
隣のリッチマン(DVD鑑賞)
そういえばいつの間にかこれもDVDスルーになっていた。ベン・スティラーはこの映画も含め、去年出演した5作品全てでラジー賞主演男優賞にノミネートされたそうです。原題は「ENVY」で、嫉妬と言う意味。お隣同士で同じ会社に勤めるティム(ベン)とニック(ジャック ひとりごと【2005/12/01 21:33】
隣のリッチマン
隣のリッチマン監督:バリー・レヴィンソン出演:ベン・スティラー&nbsp;,&nbsp;ジャック・ブラック&nbsp;,&nbsp;レイチェル・ワイズ&nbsp;,&nbsp;エイミー・ポーラーStory『ドッジボール』のベン・スティラー、『スクール・オブ・ロック』のジャック・ブラック共演による痛 my life of my life【2005/12/10 09:52】
隣のリッチマン
1月24日(火) 曇り 10℃/15℃ ムツ兄の、てげてげ人生日記【2006/01/25 19:45】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。