スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit
月イチゴロー 11月
イナガキベスト5
1位 親切なクムジャさん センスが良い、復讐しても何も生まれない切なさがこの監督の復讐劇、イ・ヨンエが素晴らしい、とにかく良かった
2位 ALWAYS 三丁目の夕日 日本人のツボを得てる、CG特有の人物が浮いてる感じ、エキストラ・背景に意味が出てるのが気になる
3位 TAKESHIS’ クスッと笑えた、頭で理解する映画ではない、キレイにはまるパズルではない、デシャブを体感できる
4位 イン・ハー・シューズ キャメロン・ディアスが可愛い(キャメロン・ディアスを嫌いな男性はいない)、女性が勇気を持てる映画
5位 ブラザーズ・グリム 日本人にはまらない感じ、虫が嫌い、動物虐待のシーンが好きじゃない

月イチゴローよりなにより
三島由紀夫の特集がすごかった。
壮絶な最期はまるで映画のようだ。
今また見直されている三島文学の特徴が、卓越した日本語表現にあるということも、大変興味深かった。
 
スポンサーサイト
【2005/11/27 00:33】 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | edit
<<隣のリッチマン | ホーム | ナショナル・トレジャー>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gael.blog3.fc2.com/tb.php/136-6cf21112
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。