スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit
イン・ハー・シューズ 原作
イン・ハー・シューズ
イン・ハー・シューズ

今月公開「イン・ハー・シューズ」の原作を読んだ。
もうすでに予告を何度も見てるので、キャストをイメージしながら読んだ。

540ページの2段書き。かなりのボリューム。
今どきの女性が書いたって感じだ。
「セックス・アンド・ザ・シティ」のDVDが出てくるし、姉のローズが靴だけはいいものをいっぱいもってるという設定もちょっとキャリーっぽい(キャリーが愛するマノロ・ブラニクの靴も出てきた)

ところでIn her shoesっていうのは、彼女の身になってみれば
という意味なんだそうだ。
もちろんストーリーにも靴が多く登場する。外見も性格も全く違うが、靴のサイズだけは全く同じ姉妹という設定だ。
とにかく読み終わったら、前向きになれるような内容だ。

映画はまだ見てないが、宣伝文句から想像するに、原作より数段感動的に仕上がってるようだ。カーティス・ハンソンは大好きな監督だし、マギー役にキャメロン・ディアスはぴったりだ。

イン・ハー・シューズ
イン・ハー・シューズ
←こっちの初期バージョンは既に定価より高くなっている!









あらすじはコチラ↓
<あらすじ>
姉のローズは容姿はいまいちだが頭は良い。プリンストン大を出て弁護士をしている。冴えない彼女だが、奇跡的に事務所のハンサムな上司ジムとつきあっている。服のセンスは全くないが、靴選びだけにはセンスがある。少女時代はいじめられていた。

妹のマギー容姿端麗で少女時代は人気者だったが、学習障害で特別クラスに入れられ、だんだん周りから取り残されていく。よってくる男の子は皆体目当て。働き始めても学習障害のせいで、簡単な仕事でも長続きしない。何をやってもうまくいかない彼女だが、服選びだけは天才的な才能を持っている。

精神を病んでいた彼女達の母親は、少女時代に事故で死んだ。
父親が再婚したシドルという女性は、イヤミな女性で彼女達には冷たい。
娘を失くした祖母のエラは、娘の助けになれなかったことをずっと苦にしている。彼女はフロリダの老人ばかりの街ゴールデン・エイカーズに住んでいる。

無職のマギーはアパートを追い出され姉のアパートに転がり込むが、何事にもいい加減な彼女にローズはうんざりしている。
ある日、ジムと妹の浮気現場を目撃した姉は怒り狂って妹をたたきだす。

行くあてのないマギーは、誰も自分のことを知らない土地へ行こうと決心する。とりあえず行ったことのある姉の母校プリンストン大に潜り込み、ひとけのない図書館で寝泊りする。そこで学生になりすまして講義に出た彼女は詩の世界に魅了される。正体がばれそうになった彼女は会ったことのない祖母に会いにフロリダに向かう。

浮気発覚でショックを受けたローズは仕事に行く気もなくなり弁護士事務所へ休職願いを出す。マギーが置いて行った犬の散歩をしているうちに、犬の散歩業を思いつく。

フロリダでのマギーは祖母に心を開かず、ベーグル屋でアルバイトして今までとは全く違う地味な生活を始める。そんな生活を続けるうちゴールデン・エイカーズの老人達と親しくなった彼女は、彼女達の要望を聞いて服を探してくる仕事を始める。姉に謝りたいと思っている彼女は思い切って手紙を書く。

犬の散歩業を楽しんでいるローズはかつての同僚サイモンに会い、食事に誘われる。彼はさえない外見だが、食事に関してはメニュー選びに天才的な才能をもっている。そんな彼とつきあい始めた彼女は、とうとう彼と結婚することになる。
結婚へ向けての準備が進むが、継母シドルがしてくれることはイジメとしか思えず、母が生きてくれていたら、マギーがいてくれたらと思った彼女はフロリダのマギーに電話する。

フロリダで再会した姉妹。2人はお互いの変わりように驚くが、ローズの態度は冷たい。
姉に自分の気持ちをわかって欲しいマギーはローズの為に最高のウェディングドレスを探すことにする。

結婚式でマギーはプリンストンで知り合ったBFチャールズを紹介。
姉のために、詩の朗読を立派にやり遂げる。


スポンサーサイト
【2005/11/13 18:57】 | トラックバック(1) | コメント(0) | edit
<<サーティーン あの頃欲しかった愛のこと | ホーム | ミリオンダラー・ベイビー>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gael.blog3.fc2.com/tb.php/129-eb73580a
In her shoes。
なぜなら私の妹だから。 キャメロンの新作が気になっていて、ちょうど時間が空いたからお友達と観てきました『IN HER SHOES (イン・ハー・シューズ)』。何気に昨日公開やったのね。予定になくって、偶然やったのにいち早くチェックしたみたい(^-^)それこそ、まだ 耳の中には星の砂の忘れ物【2005/11/18 22:34】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。