スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パッション

パッション
パッション

衝撃的な映画だった。
この場合の「衝撃」はストーリーが衝撃的なんではない。
イエス・キリストが拷問で延々と痛めつけられる様子が衝撃なのである。
この映画、公開当時見ている途中でショック死した人がいるそうだ。
敬虔なキリスト教徒がみるのと宗教に依存しない生活を送っている私とでは、この映画が意味するものは違うと思う。そういう意味では、この映画が何をいわんとしてるのかは、私にはわからない。
キリスト教のことほとんど知らない私には、1人の人間が延々と痛めつけられるっていうのが、辛すぎて、胸が締め付けられたのだ。

この映画を観て、以前旅行で行ったアンワープで観たルーベンスの「キリスト降架」の絵に衝撃を受けたのを思い出した。
キリストが神なのか、神の子なのか、いったい何なのか、実は全く知らないことに気がついた作品だった。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

パッション

パッションとっても、衝撃的な映画。パッションです。キリストの最後の12時間を描いた作品。監督のメル・ギブソンが私財をつぎ込んでつくった作品。言語も当時の言語を使い、服装から全てにかけて拘った作品。神を冒涜した罪で十字架にかけられた、イエス・キリストの話。イ

「パッション」再び

アメリカでは昨年の四旬節と共に公開されたのに関わらず、日本では翻訳のせいか、季節

パッション

監督 メル・ギブソン 出演 ジム・カヴィーゼル 、モニカ・ベルッチ 、マヤ・モンゲルステルン ドラマ配役  ★★★★★音楽  ★★★★☆概要  ★★★★★CG   ★★★☆☆おすすめ度  ★★★★☆凄い衝撃の映画です。メル

The Passion Of The CHRIST

今更ながらThe passion of the Christを観た。 前々から観たいと思っていてようやくってとこ。 キリスト教についてそれ程知識がある訳じゃないからストーリーについては何も言えない。 けど、それとは別に虐待(罰)が痛々しい感じがすごく出てて、観るものにイエスへの情を

パッション

 話題作だった”パッション”ですがやっとDVDを借りれました{/kaeru_en1/}改心して自首した犯罪者がいたりとかニュースとかワイドショーでとりあげられていたのを覚えております{/hiyo_en2/}メル・ギブソン監督が私財を投げ打って作った、イエス・キリスト最後の12時間と

パッション

この映画を観る前の私の予備知識。「メル・ギブソン」が、なんかしてる。この映画を観る前の私のキリスト教知識。「イエス・キリストは弟子であるユダに裏切られて十字架にかけられた。」だから、「最後の晩餐」のユダだけちょっと、暗い。つまりその程度。はっきり言って...

『パッション』

『パッション』紀元1世紀のエルサレム。イエスは十二使徒の一人、ユダの裏切りによって捕らえられてしまう。やがてローマ総督ピラトに十字架刑を命じられ、十字架を背負いながらエルサレムの街をゴルゴダの丘へと歩いていく。メル・ギブソン監督作品。うーん、...

パッション

パッション イエスがゲッセマネの園で捉えられてから復活するまでの間の話を描いた映...

『パッション』

2004年、アメリカ/イタリア。メル・ギブソン監督、脚本。モニカ・ベルッチがマグダラのマリア役で出演。「パッション」とは、この場合、当然「情熱」という一般語義ではなく、キリストの「受難」を指すのである。キリストの最期を描く、聖書に忠実な物語の再現という印

映画を見たで(今年107本目)-パッション-

監督:メル・ギブソン 出演:ジム・カヴィーゼル、モニカ・ベルッチ評価:86点(100点満点)私は中学生まで教会に通っていた。自身が洗礼を受けたわけではないが、両親がクリスチャンだったためだ(現在は両親も教会には通っていないが)。だか....

パッション

ひたすら拷問な映画。 「パッション」は、イエスがゲッセマネの園で捉えられてから復...

パッションTHE PASSION OF THE CHRIST

パッション●公式サイト●製作年:2004年/製作国:アメリカ・イタリア合作監督・製作・共同脚本: メル・ギブソン Mel Gibsonプロデューサー: ブルース・デイヴィ Bruce Davey撮影監督: キャレブ・デシャネル Caleb Deschanel: フランチェスコ・フリジェリ(プロダクション

コメントの投稿

非公開コメント

(*・ω・)ノ~☆コンバンワ♪

TBありがとうございます。
(≧▽≦)ノ初めまして♪TOMOです。
拷問されるシーンは目を覆いたくなるほど残虐でしたね。。。
みていて、辛かったです。

この映画をヒューマンドラマとしてみるか、歴史モノとしてみるかですね。。
私は宗教は苦手なので、ヒューマンドラマとしてみていました。
惑わされない事、表面上の噂を鵜呑みにしないように心がけようと思いました。

TOMOさん

キツイ映画でした。メル・ギブソンも思い切ったことするなぁと思いました。

こんにちは

http://jump.sagasu.in/goto/blog-ranking/でブログが紹介されていたので、見に来ました。またきま~す。ではでは(^^)ノシ

こんにちは

私はクリスチャンだけど、あの映画は確かにリアリティありますね。クリスチャンでも、あの映画を見たらかなりきついですよ。あまりにきつすぎてパニック起こしそうになるくらい。でも、この映画を通してちょっとでも日本人がキリストに興味を持ってくれたことがうれしいです。ありがとうギブソン。

あおいさま

クリスチャンの方が、この映画はキツイでしょうね。
話にきいて想像するのと、映像化されたのを観るのでは違うでしょうしね。私はテレビなんかでゴルゴダの丘の映像を観たりしたら、この映画のシーンを思い出します。、
プロフィール

タンタン

  • Author:タンタン
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー

リサ&ガスパール リサ 座り M
リサ&ガスパール リサ 座り M

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。