スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名もなきアフリカの地で

名もなきアフリカの地で
2001年 ドイツ
2002年 アカデミー最優秀外国語賞受賞

ナチスの迫害を逃れてケニアに移り住んだユダヤ人一家の話。
ナチスを嫌ってドイツを逃れたのに、ケニアのイギリス軍に敵性国民として収容されたり、祖国に残した家族が収容所送りにされたりと苦難は続く。

タイトルからアフリカの自然の中でのほのぼのとした映画かと思いきや夫婦間の愛がメインになってます。
娘のレギーナはすぐにアフリカに馴染むが、両親の方は葛藤が続く。この夫婦は夫の方が妻にべた惚れで妻の態度はいつも微妙。
妻がドイツに帰りたいときは夫は帰りたくなく、夫がドイツに帰ろうとすると妻はアフリカに残りたがる。
この夫婦もうだめだな、と思うとこまでいくのだけど踏みとどまる。
今どきの夫婦なら、とっくに別れていると思う。

夫婦や家族の絆ってそんなにもろいものじゃないと感じさせられた。お互いの意見が違うからって簡単に別れるもんじゃない。家族のあり方、大切さを改めて実感した。

基本はまあ感動路線な作品なんだけど、ベッドシーンがやたら長い。ドイツ映画ってそういうとこあるよね。あるある(自問自答)

大きくなったレギーナは池脇千鶴に似てましたね。似てた似てた(しつこい)



スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

名もなきアフリカの地で

人種の違い、生まれ育った環境の違い、性の違い、背景となる文化の違い、年齢の違い、

名も無きアフリカの地で(2001/独)

NIRGENDWO IN AFRIKA監督:カロリーヌ・リンク出演:ユリアーネ・ケーラー メラーブ・ニニッゼ レア・クルカ カロリーネ・エケルツ ナチス政権時代、間一髪でドイツからケニアへ逃げたドイツ人一家が戦中を如何に生き抜いたか。 映画館でチラシを見て、一家で見られる

名もなきアフリカの地で

名もなきアフリカの地でという映画を午後見てきました。 難しい映画でした。 帰る道

理想と現実の狭間で(「名もなきアフリカの地で」)

アカデミー賞外国映画賞を受賞したドイツ映画。アフリカに亡命したユダヤ人家族がその地で生活する様子を描く。この作品によって描かれているのはナチスとユダヤの歴史や民族差別、戦争のはかなさと犠牲者に対する悲しみ、アフリカの自然の広大な美しさとそこに住む人々の..

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

TBありがとうございます。
確かに危なっかしい夫婦でした。
私は去っていく黒人の役の人が印象的でしたよ。

晴薫 さま

コメントありがとうございます。
黒人の人、最初は使えない使用人と思いましたが
最後は大切な存在になってましたね。
プロフィール

タンタン

  • Author:タンタン
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー

リサ&ガスパール リサ 座り M
リサ&ガスパール リサ 座り M

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。