スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェヴォーダンの獣

ジェヴォーダンの獣 ― スタンダード・エディション
ジェヴォーダンの獣 ― スタンダード・エディション


2001年 フランス 

フランス史上最大の謎、女や子供を次々に殺す野獣の正体は?
雰囲気はフランス版「スリーピー・ホロウ」って感じ。どことなく似てます。

でたっ!テンプル騎士団!私がもっとも興味をそそられたのはこの単語。ダイアナ妃の事故死にかかわっているとの説もあるソーラー・テンプルの母体?ともいえる秘密結社の名前がこんなところに出てくるとは・・・この団体名が出てきた時点で、うそくさい獣の存在などどうでもよくなってしまうのでした。

次にヴァンサン・カッセルとモニカ・ベルッチ夫妻(彼らがまだ夫妻なのかは知りませんが)カッセルってホントによく出てる(仏ではこの手の顔が受けるのか?)ベルッチはまたもやムダ脱ぎしてる。(彼女が脱がさずにはいられない女優であることは確かですが)

そして主人公のフロマック。やたらめったら強い。連れのアメリカ原住民のマニが強いのはわかる。でも2人ともなんでカンフーやねん!と突っ込みたくなるぐらいカンフーの達人。中世フランスとカンフー。うーん、むすびつかない。
しかも、吹替えで見ると、マニの声は「24」のジャック・バウアーの声で、フロマックも金髪でジャックになんとなく似てる。その最強ぶりとあいまって、だんだんジャックに見えてきた。(24が私に及ぼした影響は相当だ)

余談ですが物語中の「若公爵」って呼び方がいたく気に入りました。「若旦那」ならぬ「若公爵」は唯一心休まる存在でした。

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ジェヴォーダンの獣】渡辺裕之!?

18世紀のフランスで起きた『ジェヴォーダンの野獣事件』。100人を超える女と子供が姿を消したという実話を元に作られた映画。ジャケットからしてB級映画の匂いがプンプン漂ってきて思わず借りてしまいました。さて内容ですが、フランス映画独特のおどろおどろしい雰囲気...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タンタン

  • Author:タンタン
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー

リサ&ガスパール リサ 座り M
リサ&ガスパール リサ 座り M

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。