スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit
宮廷の 諍い女 その1

いやー面白い。
これは絶対見るべき。

ところで「宮廷の諍い女」・・・諍いって何ですか?
【諍い】[名](スル)言い争い。言い合い。また、けんか。
つまりぶっちゃけけんかする女ってこと。

まず清朝の後宮制度が面白い。
位が8段階くらいあって段々と登りつめていく制度。
不祥事があったらドーンと下げられるし、子供産んだら
上げられる。
そして何よりも怖いのが「冷宮」の存在。
ここは一度入れられたら再起不能なまさに妃嬪の刑務所的なところ。
華妃も結局入れられたよね。

考えてみると妃嬪になってのメリットってほとんどない。
もう嫌なことだらけ。
そもそも妃嬪になる人って、いいとこの御嬢さんばかりだから
そこそこの家に嫁いだ方がよっぽど幸せってもんじゃないでしょうか。
ほとんどの人が不幸になってるし。こんなに死人がでるなんて。

雍正帝も超おじさんだし・・・
「宮廷女官ジャクギ」の雍正帝ならわかるけど
このおじさんの寵愛を奪い合うっていうのもなんかのれない・・
普通のドラマならここでアウトのはずなのに
このドラマは脚本がすごすぎて、このおじさん皇帝でさえも
「まっ話面白いから、いいか」ってなるんですよね。
皇帝役の俳優さん、演技は無茶上手いんです。
ドラマ「三国志」で、曹操役がはまりにはまってました。
そして女優陣でいえば華妃役の女優さん良かったです。
なんというか「だるくて、やってらんない」的な雰囲気をだすのが
上手いのなんの。
はっきりいって華妃がいるともちろん害もありましたが、この人が
まあいえば後宮の均衡を保っていたわけです。皇后の悪徳すら受けつけない
強さがありました。ここが崩れたせいで、皇后のしょうもない悪巧みが
明るみにでるんですけどもね。


スポンサーサイト
【2015/06/14 12:02】 海外ドラマ | トラックバック(0) | コメント(0) | edit
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。