スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit
眺めのいい部屋
A Room With A View
1986年 イギリス
眺めのいい部屋 完全版 スペシャル・エディション
眺めのいい部屋 完全版 スペシャル・エディション
古き良き時代って感じで良かったです。
私はこういう雰囲気の映画が大好きなのです。

大好きな「プライドと偏見」と同じような時代(ヴィクトリア朝時代?)に感じるけど、こっちの方が現代風。
旧弊な結婚観から現代風な結婚感も許されつつある、時代の変わり目って感じがしました。
こっちは「プラ偏」よりも幾分あっさりしてるのですけど、それもまたイイのです。

よくよく見ていると俳優陣が豪華でした。
ヘレナ・ボナム・カーナー(今とあんまり変わらない!)、マギー・スミス(変わらない)、ダニエル・デイ・ルイス(若いぞ!)、ジュディ・デンチ(若くて感動)。
そしてジョージ役とルーシーの弟役もかっこよくてよかったです。
特にジョージのハラリと落ちる金髪が良いのです。

ストーリー的にはイタリアに始まり、イタリアに終わる展開がおしゃれでした。
ほかにもいろいろあるけど、とにかくあっという間に終わった感じです。

私なんかはイタリアよりも、イギリスの田園風景の方が、綺麗じゃん、とか思うんですけど、田舎に住んでるとイタリアの古い感じがいいんでしょうね。
でもあんな草の中、白いレースのドレスで歩くと、汚れて仕方ないんでは、と余計な心配をしたりしてました。

私が面白いと思ったのは、婚約破棄したルーシーが急遽ギリシャ旅行に行くと言い出し、理由を聞く母親が、「飽きたのね。私とフレディに飽きたんでしょ」と言うシーン。この会話でハニーチャーチ一家の性格がちょっぴり窺えます。
「プラ偏」でも主人公の実家は田舎もの扱いされてたけど、この映画でも垢抜けない扱いされてます。
主人公の家たるものは、お金持ち過ぎてもいけず、洗練されすぎてもいけないのですね。
うんうん。


スポンサーサイト
【2008/10/22 23:37】 映画 な行 | トラックバック(0) | コメント(-) | edit
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。