スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit
クレールの刺繍
クレールの刺繍
クレールの刺繍
BRODEUSES
2004年 フランス

ジャケットが「真珠の耳飾りの少女」っぽい雰囲気ですが、これは現代のフランスの話でした。

主人公クレールの一挙手一投足を追っていく黙々としたストーリーだけど、ずっと見ていたいような気分になる心地よい映画でした。

主要3人物が興味深い。
まずクレールは妊娠してることも含めて無気力な感じを漂わせてるが、こと刺繍となると夢中になる女の子。無口である。
クレールが好意を寄せる親友の兄貴ギョーム。バイクの2人乗りで友達を失くして終始暗い。無口である。
その失くした友達の母親メリキアン夫人。刺繍アトリエを開く芸術家。クレールに「無口なのね」と言うが、本人も輪をかけて無口である。
と、まあ地味な登場人物たちだが、この地味さが私の映画心をくすぐりました。

クレールのスパイラルヘアと着てる服の色彩がなにげに可愛いかったです。
この人は「イブラヒムおじさんと~」で主人公モモの近所の女の子役だった人です。成長したなぁ。 
 
スポンサーサイト
【2006/05/31 00:46】 映画 か行 | トラックバック(9) | コメント(4) | edit
下妻物語
下妻物語 スタンダード・エディション
下妻物語 スタンダード・エディション

2004年 日本

面白すぎる。

去年何冊か嶽本野ばらの本を読んだので、ロリータの描き方は想像ついていたがヤンキーの方がどうもピンとこなかったので、見るほどでもないか~とか思ってたが、こんなに面白いんならもっとはやく見たらよかった。

まず私、いちごの小学生なみの手紙にノックアウトされました。
あの字と文面だけで、彼女の純粋さを表現してる!と感じました。
そんなこんなで前半はいちごの天然キャラが炸裂してたし、顔立ちも綺麗だしで、いちごの方がリードしていた。(深キョンはあの服を着ると顔がでかく見えてしょうがなかった)

でもラストはやっぱり深キョンが持っていきましたね。
あの尼育ちゆえの啖呵はすごかった。
「おまえらなめとったら、しまいにいてまうぞ」でしたっけ。
いや~すごかった。拍手。
彼女はこれ以上の作品には出会えないんじゃないかと思うほどのはまり役でした。見事でした。

個人的にヒットだったのは、依頼された刺繍に自信がなくウジウジしてる桃子にイチゴが言った
「お前がやんなきゃ、それ着たい奴どうすんだよ、ジャスコに頼るしかないだろが!」って一言。ここでジャスコを出されてもう撃たれた気分でした。やられました。 

とにかく私の「邦画もっと見よう度」をグーンとアップしてくれた作品となりました。
「嫌われ松子」が期待されるわけがよーくわかったよ。
【2006/05/29 23:27】 映画 さ行 | トラックバック(15) | コメント(10) | edit
愛についてのキンゼイ・レポート
愛についてのキンゼイ・レポート
愛についてのキンゼイ・レポート
Kinsey
2004年 アメリカ

冒頭のインタビュー練習のシーンから、面白そうな予感がした。
助手にピーター・サーズガードとクリス・オドネルなんて配役も豪華だ。
最も興味深かったのは、教授とマーティンと関係を持つシーンなんだけど、3割っていう数字にもびっくりしたが、何よりマーティンの誘い上手なのに感心してしまった。

研究がすすむにつれその内容も過激になっていったが、こういう場合当の本人よりも周囲の方が過激に走るのはよくあることだ。
でも一番しめていかなければいけないキンゼイがコントロールできてなかったのが残念だ。
それに人々を救いたいという気持ちより名声欲の方が大きかったのも。

考えてみると男性版を発表した1948年って日本にはまだマッカーサーがいた時代。はやかったんだな~。

ところで、キンゼイが倒れる前のスピーチで私的にひっかかった一言がある。
「もし清教徒がメイフラワーで先にやってきてなかったらこの国はどうなっていたか・・・、ならず者達が先にやってきていたら・・・」
この言葉を聞いて、ふと
「ユーロトリップ」で主人公の悪友がヨーロッパの過激なセックスについてのナンセンスな説明として
「俺たちの先祖は、ヨーロッパの過激なセックスに我慢できずに逃げてきた」って言ってたのに、リンクしてしまった。
もしかしてこのアホらしい考えも、当たらずも遠からずなのか?
キンゼイはヨーロッパ版も出すべきだった。

最新キンゼイ・リポート
最新キンゼイ・リポート


【2006/05/27 13:26】 映画 あ行 | トラックバック(25) | コメント(11) | edit
ラヴェンダーの咲く庭で
ラヴェンダーの咲く庭で 特別版 (初回限定生産スペシャルアロマパッケージ)
ラヴェンダーの咲く庭で 特別版 (初回限定生産スペシャルアロマパッケージ)
Ladies in Lavender
2004年 イギリス

地味だけど、たまにはこんな映画もいいですね。

なんだかおとぎ話みたいにやってきて、そして去っていった若者。
そんな若者に恋をする老婦人。
うーん、メルヘン。


孫でもいいくらいの年の差と思うんだけど、恋しちゃったんですね。
アーシュラが若い娘のように思えてきたから不思議でした。
お姉さんのほうもなんだかんだ言って気に入ってたようですしね。

ところであの若者はポーランド人っていう他は何もわからなかったんですけど、訳アリって風でもなかったし、そこらへんについては誰も興味なさそうだったのは不思議でした。(ピアノマンなんか大騒ぎだったのに。)
バイオリンが上手いってことは、ええとこのぼんぼんのような気もするんですけど、親御さんとか心配してないんですかね。

アンドレアがロンドンに連れて行かれるシーンですが、まるでデーテ叔母さんにだまされてフランクフルトに連れて行かれるハイジのようでした。
ハイジも「すぐ帰ってこれるから」とか言わながら連れて行かれたのでした。
アンドレアも1日で帰ってこれるからとか言われてたのに、結局あの家には帰ってこなかっんですよね、グスン。

最後はあの2人の家に戻ってきたりするのかなぁと期待してたのに、そこまで甘くはなかった。
でもお手伝いのおばさんが、自慢げに村の人にラジオの演奏聞かせてたシーン観てたら、あの若者にとってこれは本当にいい結末なんだと、納得しかり。 
【2006/05/23 22:17】 映画 ら行 | トラックバック(12) | コメント(6) | edit
キャプテン・ウルフ
キャプテン・ウルフ
キャプテン・ウルフ
THE PACIFIER
2005年 アメリカ

期待して観たせいか、あんまり面白くなかった。
海軍特殊部隊の軍人が子供たちのベビーシッターになるっていう意外性を狙う設定も無理な感じだし、ヴィン・ディーゼルもコメディ向いてないんじゃないの?っていうくらい普通な感じでもっとなんとかならんかったんでしょうか。

コメンタリーをちょっと聞いたら監督達のコメントがまた面白くなくって、すべりまくりで、このクリエイターじゃこうなるわと納得。
ちなみに脚本の1人はハービーの脚本も書いてるし、マット・ディロンの弟役もやってる。
あっちの方が面白いし熱意を感じたなぁ。

とはいっても、子役達は可愛い子をここまでよく集めたなって感じでみんな可愛かった。特に長男セス役のマックス・シェリオット君は綺麗な顔をしていて、これは来るなと一人ほくそえんだ私。(歌は下手だったけどね。)
あと大人では副校長のマーニーが1人コメディとして奮闘してました。(浮いてたっちゃあ浮いてたんですけどね)

と、ここまではけなしまくってしまったけど、期待度が高かっただけに落差が激しいだけで、まぁヴィン・ディーゼルと赤ちゃんっていう組み合わせは確かに魅力的ではありました。
【2006/05/22 00:04】 映画 か行 | トラックバック(19) | コメント(7) | edit
大いなる休暇
大いなる休暇
大いなる休暇
La Grande Seduction
2003年 カナダ

小さな島に工場を誘致するには、医者が絶対に必要、ということでやっと見つけた医者に島を気に入ってもらわなければ、とあの手この手を考え出す住民達。

涙ぐましいというか子供っぽいというかあみ出される作戦には思わず笑ってしまう。
そもそも村長として作戦を出すジェルマン、冒頭で死んだ人の分まで生活保護もらったりしていて、そんなことしてみんなのヒンシュク買わないんだろうかと気になった人物だ。
わたし的に一番のヒットは、彼の一番の親友イヴォンで、クリケットの真似ごとをしてるときしつこく質問してくる男に「だまれ!」(ガッテーム!って聞こえた)って叫ぶシーン、たった一言なのに無茶笑えました。

以前「歌え!フィッシャーマン」というノルウェーの漁業の町のドキュメンタリーを見たけど、そこでも漁業がすたれて仕事がないとこぼしていた。こういう寒村は世界中にありそうで身につまされる内容なのである。こういう映画をみて、起業家がもっとこういう所にに工場をたててくれればと思わずにはいられない。

しかし現実問題、医者の契約書と島民の数のさば読みでは、島民の数の方がよっぽど難問な気がするのですけどね。

まっ、とにかく
最後に誇らしげに冷蔵庫に並んだプラスチックのタッパを見て
こっちまで嬉しくなりました♪
【2006/05/19 00:05】 映画 あ行 | トラックバック(17) | コメント(8) | edit
ゲス・フー 招かれざる恋人
ゲス・フー 招かれざる恋人 特別編
ゲス・フー 招かれざる恋人 特別編
GUESS WHO
2005年 アメリカ

アシュトン・キャッチャーが出てる映画を観るのもこれで3本目。
身長1メートル89センチもあるそうだけど、相手役の俳優さんの方がデカかった!195は超えてるな、あれは。

黒人女性との結婚を反対されたため一流会社を辞めたサイモン。
言い出せないまま彼女の家に婚約の報告に行くが、娘の恋人が白人であることが気に食わない父親はことごとく彼を否定する。
家に泊めるのは嫌だと言い出したり、夜這いを阻止するためベットで一緒に寝たりと2人の攻防戦が実に笑える。

セリフの多いコメディで、三谷幸喜っぽい感じもした。
さすがに黒人ネタのジョークは何が面白いのかさっぱりわからなかったけど、それは笑えないっていうのはわかりました。あとPGAも。

個人的には車でホテルまで送って行くとき、雨が降るか降らないかで言い合ったあと、ザーザー降ってきたのにワイパーかけない親父が笑えました。
 
【2006/05/16 23:49】 映画 か行 | トラックバック(14) | コメント(4) | edit
イントゥ・ザ・ブルー
イントゥ・ザ・ブルー
イントゥ・ザ・ブルー
INTO THE BLUE
2005年 アメリカ

タイトルとジャケットから素潜り大会かなんかの映画かと思ったらなんと宝探しの映画だった。
いやー、面白かった。私こういうの大好きですねん。

とにかくポール・ウォーカーかっこ良かったです。顔はちっちゃいし、瞳は青いし。「ワイルド・スピード」もお気に入りなんですが、この映画も気に入りました。でも「ワイルド・スピード3」は主演じゃないんですよね。がっくり。

ストーリーはほんとハラハラしました。
ポール・ウォーカーは何をさせてもソツなくこなす主人公として大活躍でしたが、ジェシカ・アルバはいまいち生かしきれてなかったように思います。彼女は男に助けてもらうタイプのキャラじゃないんで、逆に男を助けるくらいじゃないと満足できません。だってタフなイメージが拭えないんだもん。
水着のシーンも最初だけなんでそれ目的で見た人の期待にもこたえれていないと思います。
それにしてもこの2人、美男美女自慢ですか?っていうカップルでした。
暇があればチウチウしてましたし。ちっ!

ストーリーは水中でのシーンが多く、サメがうようよしてる中で素潜りしてました。こわっ。
でも危険防止の為、サメの歯抜いたって言ってました。
いと哀れなリ・・・・歯のないサメたちよ。

それにしてもバハマの海はきれいよのぉ。
【2006/05/14 01:43】 映画 あ行 | トラックバック(28) | コメント(18) | edit
スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐
スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐
スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐
Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith
2005年 アメリカ

やっと見ました。
今頃「おゎ~、アナキンの最後って(死んでないけど)壮絶だったよね~!」とか語り合えないところが、レンタル派の私の悲しいところである。
とにかく終わっちゃったのですね~と感慨ひとしお。
旧3部作は見てないのだけど、断然見る気が沸いてきました。 

人によってスター・ウォーズの楽しみ方は違うんだろうけど、私はスター・ウォーズの世界の政治的背景がどうも気になる。
ってゆうかさっぱりわからん。ジェダイが正義でシスが悪ってことはわかるんだけどさ~。どこまでが共和国なの?とか通商連合はどういう組織なわけ?とかいちいち気になってしかたないのだ。

しかし元老院、共和国、帝国ときたらこれってローマ帝国をモデルにしてるんじゃん!って気付くと俄然面白くなってきた。そこから「いや待てよ、とすると評議会ってどういう組織なわけ?なんでジェダイのメンバーが入るわけ?」となり「ジェダイの総本部は寺院て呼んでるから、宗教的な色合いも持つのかな~」とか考え出すときりがないわけで。
うーん、ここらへんの解説を聞きたい私。

しかし、この精神的にも高いとこにあるべきジェダイにあって、母親を亡くしちゃ嘆き、妻も亡くしそうだといってはダークサイドに堕ちるアナキン。
ここはジェダイとしてより、1人の人間として耐えて欲しいわけです。こんな精神的にもろい人間がダース・ベイダーとしてやっていけるのかどうか心配で心配で...
ますます続きが観たくなってきたわけです。
【2006/05/11 01:16】 映画 さ行 | トラックバック(21) | コメント(12) | edit
誰も知らない
誰も知らない
誰も知らない
2004年 日本

悲惨だ。
何とかなってほしかった。
コンビニのお姉ちゃん達も心を鬼にして通告してほしかった。
でも一番腹立つのは無責任な母親。想像力のカケラもない奴だ。
それもこれも上の2人がしっかりしてたことが裏目に出たのかと思うとなんかやりきれなかった。 

ヨーロッパに旅行したとき、3才くらいの子が道端で前におわんを置いて正座してたのを見て衝撃を受けたことがある。
そういう光景が珍しくない国ならひどい状況で生活するってことを想像する機会も多いと思う。
でも日本は違う。悲惨な状況にあっても外に出れば普通の人に見えるようにするのが普通だからだ。だから困っている生活をしてても完全に死角に入ってしまうとこがあると思う。
だから私には、これは親に放置された子供達の話なだけでなく、豊かと思われている日本で「生きる」ってことの一面を見た気がしたのだ。

それにしてもびっくりするのは、子供達の自然な演技。
これって実際に子供達だけでしばらく過ごさせたって聞いてたけど、どういう風に演出したのかすごく興味ある。
特に下の2人が、言ってるセリフのナチュラルさはすごかった。
ゆきちゃんはアポロのシーンで「後で食~べよ」とか「最後の1個かいな」とか言ってたし、しげるの「カップめん最高!」とかいうセリフって台本とかじゃないよなぁって思った。
そういうとこにファンタジーを感じる不思議な映画だった。

巣鴨子供置き去り事件

「誰も知らない」ができるまで
「誰も知らない」ができるまで

【2006/05/09 00:37】 映画 た行 | トラックバック(12) | コメント(0) | edit
シャーリーズ・セロン自らを語る
charlizetheron.jpg
 
彼女の生い立ちといえばやっぱり父親が母親に射殺されたってことなんで、その話もするのかなと思ったらちゃんとしてました。

父親は長い間アルコール中毒だったらしい。それでも家族は折り合いをつけてなんとかやっていたが、ある日シャーリーズに暴力を振るおうとして射殺されたらしい。
彼女はここのところをサラリと流してたので、誰が撃ったのかがよくわからなかった。
あれ?シャーリーズが撃ったの?と思ったくらい。
会場には母親もきてたし、そのことは周知の事実なのでわざとはっきりとは言わなかったのかも。
誰が撃ったにせよその人は正当防衛で罪には問われなかったそうです。
ショックをうけたのは自分のことを愛してくれた父親が突然自分を殺そうとしたことと言ってましたのでよほどひどい状態だったのでしょう。

彼女は南アフリカ出身で、母国語はアフリカーンス語、英語は第2言語なのだそうだ。
質問のコーナーでフランス人の女の子にどうしたら英語が上手くなるのか質問されて、とにかく話すことだとアドバイスしてました。
 
ところで彼女の名前は本当はツゥロンと発音するらしい。
シャーリーズという名前もアメリカでは一風変わった名前であるそうな。いたって普通の名前と思ってましたけど、違ったのね。

この収録の時点では「モンスター」は撮影は終わってたけどアカデミー主演女優賞をとる前のようで、「モンスター」についても華々しい紹介はなかった。
賞を獲る前の話題性ってこんなもんだったのねって感じでした。 


この連休中アンジェリーナ・ジョリーとキーファー・サザーランドの回見逃しました。見たかったのに~。残念。

放送スケジュールはこちらでチェックを。
アクターズ・スタジオ・インタビュー 
【2006/05/06 09:52】 アクターズ・スタジオ・インタビュー | トラックバック(0) | コメント(4) | edit
ルパン
ルパン コレクターズ・エディション (初回限定生産)
ルパン コレクターズ・エディション (初回限定生産)
ARSENE LUPIN
2004年 フランス、イタリア、スペイン、イギリス

めまぐるしく展開して小難しかったです。

実は見る前にプロフィールをなにげに見ていて「あっ!!」と思った。
登場人物にカリオストロ伯爵婦人とか、クラリスってあったので、これはもしや「ルパン3世カリオストロの城」のオリジナルの話なの?
あ~何度もTVでやってたのに一度も見てないよ~。見とけばよかったよ~。

それにしてもルパンにこんな悲しい過去があったとは・・・。
ルパンのお父さんは容赦ないし。
もっと親子愛みたいなの欲しかったな。
ルパンも自分の子供連れていかれて何故取り返さなかったのか。あれほどの腕を持ってたらすぐ奪還できそうなもんなのに。あきらめるがはやいよ。

あれやこれやとややこしく話がすすんで、あれっ?それで目的は何だっけ?ってなるわけですが、私に読めたのは、顔がつぶされた死体だけでした。(誰でもわかるっちゅうに) 

主人公のアルセーヌ・ルパン役は「スパニッシュ・アパートメント」の主役の男の子です。これにはビックリ。バルセロナに留学してたと思ったら、今度は怪盗ルパンですか。
かなりのイメチェンっすね。
【2006/05/04 00:58】 映画 ら行 | トラックバック(15) | コメント(10) | edit
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。