スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit
マスター・アンド・コマンダー
マスター・アンド・コマンダー
マスター・アンド・コマンダー


思ってたのとは違う感じの映画でしたが、すごく気にいりました。この映画は劇的なひとつの物語を描いてるのではなく、長い航海のなかの、1エピソードを描いてるといった感じです。

ラッセル・クロウは船長とか将軍とかリーダー系の役はお手のものなので、安心して見ていられます。あの心を溶かすような笑顔を見ると、誰もがついていきたくなるでしょう。でも実生活の彼はどうも暴れん坊キャラらしい。もし私生活でも映画のように人格者だったら、ちょっとした宗教くらい主催できるかもしれません。ポール・ベタニーとのコンビも良かったです。ポール・ベタニーはインテリキャラが似合うし、現代劇よりコスチューム・プレイの方がいけてるかも。

物語の帆船サプライズ号には、士官候補生の貴族の子弟たち(美少年だらけ)が乗っています。10歳くらいの子でも、ミスターで呼ばれ、老練の水兵たちに攻撃命令を下したりしてます。ここらへんに、ノブリス・オブリージュ(貴族の高貴な義務?)っていうのを感じます。
中でも、私が気にいったのは、タッキーに似ているカラミー役のマックス・ベニッツ君です。タッキーを黒髪にして、背を高くした感じです。
もう出てくるたびに「タッキー!!」コールでした。人気のあるのはマックス・パーキス君と思います。彼は早々に腕を切断されるいたいけな金髪少年ですが、出番がすごく多いです。その分。タッキーの出番が少ない・・・

最後のオチは面白かったし、なんとなく続編を期待できる終わり方でした。ってゆうか、続編つくって~。シリーズ化して~。
(でも、タッキー死んじゃったしなぁ・・・複雑・・・)ちなみに、翼くんも探してみたのですが、見当たりませんでした!残念!
 
スポンサーサイト
【2004/12/20 09:55】 映画 ま行 | トラックバック(1) | コメント(2) | edit
ミスティック・リバー
ミスティック・リバー
ミスティック・リバー


原作デニス・ルヘイン

3人の俳優の演技がすごかった。特に私はティム・ロビンスが上手すぎると思った。ショーン・ペンはキレると怖い役がもともと似合うキャラだし、ケビン・ベーコンは役のインパクトが弱い。(でもちょっと若返った感じする、この人)

この映画、最初から最後まで児童虐待っていう重いテーマがのしかかっていて、見ている人の気分を抑えつける。全てがデイブ中心に回ってる。ジミーがデイブを殺してしまったのは、悲惨な結末ではあるんだけど、そこで見ている人は解放される。ジミーもショーンも解放される。

児童虐待ものっていえば、「スリーパーズ」なんだけど、あれは仲間全員が被害者になったことで、辛い過去を共有でき、復讐へとすすんでいくので、幾分救われる。(ケビン・ベーコンは虐待する側の親玉だったけど。)

ミスティック・リバーの中で唯一まともなのは、マトリックスの世界から解放されたモーフィアス(ローレンス・フィッシュバーン)。
でも普通すぎて、物足りない。あーあ、普通人に成り下がったのね、モーフィアス。
ミスティック・リバー
ミスティック・リバー


 




【2004/12/20 09:53】 映画 ま行 | トラックバック(4) | コメント(4) | edit
コールドマウンテン
コールドマウンテン コレクターズ・エディション
コールドマウンテン コレクターズ・エディション


良かったです。心にジンと響く映画でした。
ニコール・キッドマンとジュード・ロウのカップルを考えたとき、えらくとうのたったカップルだなコレ、なんて思ったりしましたが、2人の独特の美しさと演技力にすっかりはまってしまいました。この2人の恋って、ちょっと日本人っぽいなって思いました。どちらもシャイなところなど、イイ。

ジュード・ロウは自分の美形に無頓着、でも情熱家みたいな役をやらせたら上手いです。最初キャスティングにはトム・クルーズの名前も挙がってたらしいですが、彼は華やかすぎるので、この役はやっぱりジュードの方が合ってそうです。一方、ニコールですが、美しさは十分わかるのですが、最後のほうはまるでグラビア撮影かいっ!ってつっこみたくなるくらい、キレイに決まりすぎてました。皆に「ビューティフル・ニコール」って呼ばれてるそうですが、「はいはい、わかりました」って感じでした。

この映画豪華キャストも話題になってましたが、一番贅沢と思ったのは、若手有望株のジェナ・マローン(渡しもり役)がほとんど秒殺されてたところです。(なんてゆう贅沢な使い方!)

南北戦争を扱った映画では、アンリー監督の「楽園を下さい」が大好きなのですが、この映画もすごく好きになりました。南北戦争ものってアメリカ唯一の内戦だけにアメリカのノスタルジーみたいなものをすごく感じます。(しかし、義勇軍の脱走兵狩りやリンチなど、ちょっとヘビーでもありましたが)
最後に劇的なシーンを入れて盛り上げることも可能なんでしょうが、最後まで抑えに抑えきったところが、かなり評価できます。なんでアカデミー作品賞にノミネートされなかったんだろう?
【2004/12/20 09:50】 映画 か行 | トラックバック(7) | コメント(3) | edit
ジェヴォーダンの獣
ジェヴォーダンの獣 ― スタンダード・エディション
ジェヴォーダンの獣 ― スタンダード・エディション


2001年 フランス 

フランス史上最大の謎、女や子供を次々に殺す野獣の正体は?
雰囲気はフランス版「スリーピー・ホロウ」って感じ。どことなく似てます。

でたっ!テンプル騎士団!私がもっとも興味をそそられたのはこの単語。ダイアナ妃の事故死にかかわっているとの説もあるソーラー・テンプルの母体?ともいえる秘密結社の名前がこんなところに出てくるとは・・・この団体名が出てきた時点で、うそくさい獣の存在などどうでもよくなってしまうのでした。

次にヴァンサン・カッセルとモニカ・ベルッチ夫妻(彼らがまだ夫妻なのかは知りませんが)カッセルってホントによく出てる(仏ではこの手の顔が受けるのか?)ベルッチはまたもやムダ脱ぎしてる。(彼女が脱がさずにはいられない女優であることは確かですが)

そして主人公のフロマック。やたらめったら強い。連れのアメリカ原住民のマニが強いのはわかる。でも2人ともなんでカンフーやねん!と突っ込みたくなるぐらいカンフーの達人。中世フランスとカンフー。うーん、むすびつかない。
しかも、吹替えで見ると、マニの声は「24」のジャック・バウアーの声で、フロマックも金髪でジャックになんとなく似てる。その最強ぶりとあいまって、だんだんジャックに見えてきた。(24が私に及ぼした影響は相当だ)

余談ですが物語中の「若公爵」って呼び方がいたく気に入りました。「若旦那」ならぬ「若公爵」は唯一心休まる存在でした。

【2004/12/20 09:49】 映画 さ行 | トラックバック(1) | コメント(0) | edit
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。