スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit
息子のまなざし
息子のまなざし
息子のまなざし
T0001768.jpg
2002年ベルギー=フランス  
職業訓練校で働く主人公のもとに新入生がやってきた。彼は自分の息子を殺した犯人だった。主人公は少年のことが知りたくて、後をつけたり、話をする機会を得ようとする。何も知らない少年は主人公を信頼し、後見人になってくれと頼む。

映画の大部分は主人公の中年男の後頭部である。つまり少年のことを探る後姿である。
一方、少年は11歳で殺人をし、5年少年院に入り、でてきたばかり。まだ幼さも垣間見れる。そんな2人は木工の授業という共通の作業を黙々と続ける。彼のクラスには少年を含めて5人の生徒がいる。週末にはみんな握手をして別れる、(これはなんか不思議な感じ)
少年も主人公に手を差し出すが主人公は無視をする(プチ意地悪1)
週末主人公は木材の仕入れに少年を連れて行く。途中カフェで2人でアップルパイを頼むが、ここは先生がおごるでしょう、というシチュエーションでも全く払おうとしない。(プチ意地悪2。さすがの少年もたじろく。)
もちろん、主人公が少年にされたことを考えると、こんな意地悪たいしたことはない。
(こんなプチ意地悪でさえ、気になってしまうほどこの映画が単調なのは確かだ。)

彼は別に少年に復讐をしようとか、そういうオーラははなっていない。ただ、少年が殺人という罪を犯したことをものすごく後悔していることを期待していたんだと思う。しかし、少年の口からは反省の言葉を聞けなかった。そこで彼は殺されたのは俺の息子だ、と唐突に告げる。脱兎の如く逃げ出す少年だが、しばらくすると、主人公のもとに戻ってくる。そして2人はいつものように作業を始める。

2人は今後どうなるのだろうか?
映画の最後は主人公が少年の罪を許すことができたという結論を導くのではなく、これからも葛藤は続くことを暗示している、と私は解釈しました。
スポンサーサイト
【2004/12/19 23:58】 映画 ま行 | トラックバック(0) | コメント(0) | edit
しあわせな孤独
しあわせな孤独

Open Hearts 2002年 デンマーク  

事故により全身麻痺になった男性とその婚約者、事故の加害者とその夫の4人をめぐる話。事故にあったヨアヒムはやけになり、婚約者のセシリにあたり、セシリは加害者の夫ニルスに慰めを求める。
《ネタバレあり》
結局2人は不倫関係になるわけですが、当初セシリの方がニルスに頼っているという感じが、だんだんニルスの方が彼女にはまっていきます。(生真面目人間、はまると怖い、典型的なパターンです)

この映画は本国デンマークで大ヒットしたらしく、たしかに面白いです。この4人のとる行動はどれも「ありえる、しょうがない」行動だからです。それに俳優さんたちの演技がやたら上手いのです。注目すべきはニルス役のマッツ・ミケルセンという俳優さんです。(どことなく大杉漣さんに似てる)見ているうちにすっかりファンになってしまいました。この先この人の出演する作品を見れる可能性が少ないと思うと残念です。
それはともかくとして、この映画さすが北欧だけあって、インテリアがこじゃれています。(不倫の2人でオシャレな家具を買いに行くシーンもある)面白いのは部屋の中に運動会みたいにデンマーク国旗が飾られたりしてるところです。(日本じゃ考えられません)

もつれにもつれる話ですが、事故にあったヨアヒムが、最後にいうセリフがこの映画を締めています。
「そのうち、現実に折り合いがつけれるようになる」「僕達はツイてなかった。」
なんだかせつない言葉でした。




【2004/12/19 23:43】 映画 さ行 | トラックバック(2) | コメント(0) | edit
チアーズ2
チアーズ ! 2

2003年 アメリカ

新入生のホイッティアはあこがれの名門チアリーダー部に合格する。その実力から次期キャプテンとして期待され、現キャプテンのティナからいろいろと指導を受けるが、彼女の傲慢なやり方についていけず、親友のモニカと2人で新しいチアーチームを作る。しかし集まったのはモダンバレエ部や演劇部のオタクたちばかりで・・・

前作チアーズ!がすごく良かっただけに、2もいちよう見ておこうと思う人も多いだろう(私もその1人)。そして、見事に期待を外されたと思っている人も多いはず(もちろん私もその一人)
確かにキャスティングからして気合が入ってない。前作はキルスティン・ダンスト、ジェシー・ブラッドフォード、TLCの妹分3人組(名前忘れた)なんかが出ていて、華やかだった。でも今作には誰一人知ってる顔がない。

でもまあ、それなりに楽しみポイントはある。
まずお決まりのラストのチアー勝負は盛り上がるし観ていてすごく楽しい。
次に名門チアーをしょって立つティナの言動。彼女の価値観からすると大学社会の階級制度とは
頂点 アメフト部(アメリカらしい)
次に バスケ部(これも納得)
次に サッカー部(これちょっと意外)
      ・
      ・
      ・
下の方にDJ(いけてないのか?)
さらに下にカフェテリア係(バイト君もランク付けされるのか?)
ということらしい。見事なカースト制度です。
そして、極めつけのセリフ「そこのムサイの、消えて!」まさに勝ち組のセリフである。

とにかく今作は、前作と切り離して見ると、それなりに楽しめると思います。 

チアーズ!



 

【2004/12/19 23:39】 映画 た行 | トラックバック(4) | コメント(8) | edit
かげろう
かげろう

2003年 英・仏

アンドレ・テシネ監督 エマニュエル・ベアール ギャスパー・ウリエル

独軍によるパリ占領により人々は南仏へ逃げ急ぐ。主人公の未亡人は、息子と娘を連れて逃げる途中1人の青年と出会う。彼と行動を共にするようになった一家は空家となった邸で一時的に生活することになる。この青年は食料の調達をしてくれたりするが、謎が多く、犯罪まがいの行動も平気でやってのける。

写真からもわかるように、未亡人と青年が恋に落ちるのだろうと察しがつくが、青年は17歳と若すぎる。(息子は13歳なのだ)
結局、2人は結ばれる。良かった良かったと思いきや、状況は一変する。いつものように食料の調達に行った青年が憲兵に捕まり、一家も収容所のようなところに入れられる。実は彼は感化院を脱走したお尋ね者だった。
数日たって、未亡人は青年が首を吊って自殺したことを聞かされ、呆然とする。

衝撃的な結末で終わるので、いったいなぜ青年が自殺したのかが、頭から離れない。感化院に戻されることに絶望から?でも、彼はサバイバル術に長け、生きることに人一倍執念を燃やすタイプなのだ。そんなことで絶望するとは思えない。
しいて考えると、彼の刹那的な一面がそうさせたのかもしれない。そして、タイトルの「かげろう」は未亡人の前に一瞬あらわれた青年のことを指すのかも・・・

作品は南仏の美しい自然をバックに描かれている。主役のエマニュエル・ベアールがこれまた美しい。そして注目の青年役ギャスパー・ウリエルだが、丸刈りの為か彼の美少年度は私には解らなかった。(結構印象薄い顔です。何作か観たらわかるかも。)
全く先の読めない展開で釘付けになった作品でした。 

【2004/12/19 23:36】 映画 か行 | トラックバック(1) | コメント(0) | edit
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。