スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | edit
会いたい
会いたい2








なんか出だしからDEEPな内容で、「えっーえっー、そこまでしちゃう?」って感じで話が進んでいきました。
ゆちょん目当てで見たのでストーリーにはあまり期待してなかったんですけど、ドラマチックな内容ではありました。
子役の2人が結構よかったです。男の子はそんなにイケメンじゃないけど表情が豊かで存在感がすごい。女の子は線が細くて守ってあげたくなる感じがすごく良かったです。
子役時代が長かったので若い2人のイメージが定着しちゃって困りました。(この2人の恋の話を描くだけでも1本のドラマになるのではと思うくらい子役時代よかったです、この2人NHKの地上波で始まった太陽を抱く月にも揃って出演してたけど、両想いではなかった、残念)

そして大人になってからですが・・・

会いたい1







結論から言うと、ゆちょんの演技がすごく上手くなってたー。
キャラの設定も早い段階で定まった感じで、見ているこっちも安心してみれた。
こんな刑事に尋問されたらドキドキしてやってないことまで自供しそう。
というわけで、大人になってからは、完全に別のドラマを見てるように視点が変わるわけです。
もう、ゆちょんのゆちょんによるゆちょんのためのドラマです。
彼が出てくるたびにきゃっきゃしとけばいいんじゃね?って感じで、ストーリーの良しあしなんかどうでもええわっっていう状況に。(なげやりなのではないです)
だってそれくらい主役の魅力でひっぱれるドラマなんです。
それに周りの俳優さんたちもいいんです。相棒のひっつめ髪刑事とかもむちゃいい味だしてるし。
ただスヨンに関してはどうしても厳しくなっちゃいますよね。なんだか、サクサクテンポのいいドラマなのにスヨンのシーンになると時間が止まるってゆうか、テンポ悪くなってイラってしちゃうんですよね。
まあ役柄上、心に傷をおっているからサクサク行動できないと理解しようとしても、どうもああいうウジウジした感じがどうも駄目で・・・。(滑舌も良くないらしいですね)
15歳のスヨンなら許せるけど、29歳ではイラッとくる。ウンジュとかのほうがよっぽど被害者なのにしゃっきり生きてるやん。
でもスヨンも終盤にはしゃきしゃきし始めてよかったです。
そして一番気を吐いてたのが、ハリー役の俳優さん。
会いたい3








やっぱ上手い人は上手いですね。

ストーリーはどうでもいいと言いつつも・・・。
この手のストーリーって視聴者は序盤から事件の全体がわかってるわけで推理的要素はゼロなわけですよ。
そこから主人公たちがその事実をちょっとずつわかっていくわけだけど、人によって知るタイミングが違うから、誰ががどこまでを理解したのかとか、もうついていけなくて、どうでもよくなっていくんです。
最後の方は「えーっまだ知らんかったん?」っていう状況になりました←たぶんそう思う視聴者は多いと思う。
あと、ジョンウ親子なんですけど、普通息子1人しかいない場合、なんだかんだ言いながらも、親元において親の言いなりさせるのが普通なのに、高校生の段階で勘当しちゃうってのが、かなり意外でしたね。
スヨンのお母さんは娘がいなくなる前はあんなに甲斐性なしだったのに、よく2人も子供を育てたなというのも意外だった。

韓国ドラマはきっちり60分近くあるし、20話前後作るとなると、どうしても話がもたなくて、ストーリーが終盤手前で中だるみしちゃうんですよね。(オクセジャも終盤手前でかなりもたついた)もうちょっとタイトにつくれば12話ぐらいでできると思うし、そう考えると日本のドラマの長さは妥当なのではと思ったりもした。

スポンサーサイト
【2014/09/16 21:34】 韓国ドラマ | トラックバック(-) | コメント(-) | edit
トキメキ☆成均館スキャンダル
31083517_480x319.jpg















タイトルから全く期待しないで見たけど、すごくはまりました。
今やお気に入り韓ドラNO.1です。

思うに主役のイ・ソンジュン役のユチョンの第1声からすごくよかったんですよね。
(私ゆちょんという人に全く興味なかったんですけど、今はどはまりです)
何だろうこの程よい低音。声を低めに出すように心がけたって何かで見たけど、ナイスな選択ですよ。
(でもこの人もともと声低いんですよね)

それにどこからどう見ても女子にしか見えない男装のユンシクさん。
髪の毛を下すと、男前度300%upのコロさん。
ちょっと過剰な演技気味のヨンハさん。

あぁいいんじゃないでしょうか。
見事なキャスティングです。

それに主役の2人が重臣で金持ち家の息子とど貧乏な家の娘であるとか設定がまたいいんですよね。
これ設定が逆だったらソンジュンもあんなにグイグイ行けないですよ。

そしてセリフがまたいいんです。

大射礼の練習の時に、やけになるユンシクに
「人は誰でも自分の的の前に立っている。
矢を全て射るまでは後に引けない。
ましてや曲がった矢では的を射抜くことは出来ない」
とソンジュン。
うっうっ(泣)そうです。その通りなんです。
これはゆがんだ私の心に響きましたよ。
心が洗われました。

あまりの境遇の差に
「今まで一度も僕たちの未来を考えたことがない」というユンシクに
「今から考えろ。真剣に考えるんだ。僕は頭が割れるほど考えてきた。
僕は君のおかげで、無理だと思ったことをやり遂げてきた。
なのに君は、自分が引いた線の外に出ようともしない。君が避けているのは欲じゃなく、僕だ。」
とか、はーっ。頭が割れる程2人の未来を考えてるなんて(ためいきしかでねえ)

貸本屋の手動エレベータでの指輪を渡すシーン。
「卒業したら終わりか?終わりなどない。僕が毎日新しく始めるから」
ぎゃー。「僕が」ってとこがもう。はー。もはや撃沈ですわ。

どのセリフも時代劇にしては新しい感じで、現代劇にしてはちょっとストレートすぎて照れる感じ、
なんとも言えないフュージョン感が漂います。

そうです。このドラマは時代劇なんですけど、あんまり時代劇っぽくないんですよね。

そして主人公2人の存在感を凌駕するコロさん。
もし出会うのがコロの方が早かったら、コロに落ちるんじゃないですか。
だってかっこええし、無茶強いし、優しいし。
いつもユンシクを陰から見守るところとか、ちょっと乙女だし。
暴れ馬なのに乙女の心をもつ男。
そりゃあソンジュンさんもかっこいいけど、あんなに規則や礼を振り回して
理屈っぽかったら、ちょっと考えるわー。口では絶対勝てませんしね。
でもコロもツンデレタイプですよ(きっと)
こっちから甘えたら冷たくして、どうでもいい時に優しくしてくるとか・・・
ややこしい男ですわ、きっと。
と自分には起こりえない設定で勝手な妄想を膨らませれる神ドラマ。
結論→中二房に住みたすぎる。パラダイス中二房。
01_20100915131509.jpg


あとク・ヨンハさん。
なにもかもお見通しだよって目してるんですよね。
ふざけてても目は笑ってないというか。
結局彼はユンシクが女だってわかってたのか、わかってなかったのか
わからずじまいだったよ。
コロと10年来の友人・・・出会いが知りたい。


このドラマ、韓国ドラマに珍しい清々しさがありました。
(ゆうほど数は見てないですけどね)
好きすぎて原作も、読もうと決めました。
でも高いので図書館で借りようとしたら
予約待ち状態4人からちっともすすまない。
はやくー読みたーい。

トキメキ☆成均館スキャンダル<完全版>DVD-BOX1
【2014/08/03 21:02】 韓国ドラマ | トラックバック(0) | コメント(0) | edit
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。